メニューが分かれば全てが分かる
α7 IIIのメニュー設定ガイド





はじめに


基本性能の高さと価格の安さから、売れまくっているSONYのα7 III。


性能の割に価格が安いα7 III

何しろ最新の裏面照射型の2400万画素撮像素子を搭載し、5段階分の手ブレ補正、毎秒10コマの連写性能、従来機の2倍のバッテリー容量、デュアルメモリースロットル搭載しながら、20万円台前半で購入できるのですから、売れない訳がありません。

中には、長年使い続けたキヤノンやニコンから乗り換えた方もいらっしゃる様です。

ところが、操作マニュアルの出来の悪さから、全機能を完全に使いこなすのは至難の技です。

実際キヤノンやニコンの操作マニュアルと読み比べると、その差は歴然です。

という訳で、前回のI型、II型に続いて、α7 IIIのメニュー設定ガイドを作ってみました。

本書を見ながら初期設定して頂ければ、α7 IIIの全機能を完全に理解して頂けると確信しています。

また既にα7シリーズを使いこなしていると思っている方も、実は(誤ったとは言わないまでも)不適切な設定をしている可能性が十分ありますので、是非本書を最後まで読んでみて頂ければと思います。


設定メニュー一覧


設定メニューの詳細に行く前に、おおよそどんなメニューがいくつぐらいあるか、先ずは概要を掴んでおきたいと思います。

下記する様なメニューの一覧表を載せて貰えるだけで操作マニュアルはかなり便利になるのですが、相変わらずマニュアルのどこにも記載されていません。

本当に理解に苦しみます。

1) 撮影設定1


先ずは撮影設定1ですが、初代α7が42項目、2世代目のα7 IIで全46項目に対して、α7 IIIでは66項目と大幅に増えました。

ただし従来の分類方法と大きく変わったため、項目数同士を単純に比較できないのですが、設定できる項目が増えたのは間違いありません。

またもう一つ良いニュースがあります。

従来のメニューでは静止画と動画が混在していたのですが、α7 IIIではようやく分けて選択できる様になりました。

また従来は、撮影設定とカスタム設定と呼ばれる(どういう基準化で分かれているのかさっぱり意味不明な)大分類があったのですが、本機においては撮影設定1と撮影設定2という、単純な分類名になりました。

そういう意味では、α7 IIIになって少しまともになってきたとも言えます。

α7 III撮影設定一覧表(23項目)
# 1 2 3 4 5
分類 画質/画像サイズ 撮影モード/ドライブ AF1
1 ファイル形式 長秒時NR シーンセレクション カスタム撮影設定登録 フォーカスモード
2 RAW画像記録方式 高感度NR ドライブモード AF-S時の優先設定
3 JPEG画質 色空間 ブラケット設定 AF-C時の優先設定
4 JPEG画像サイズ レンズ補正 メモリの呼出し フォーカスエリア
5 横縦比 メモリの登録 フォーカスセット
6 APS/Super 35mm メディア選択 縦横フォーカスエリア切り替え


α7 III撮影設定一覧表(23項目)
# 6 7 8 9 10
分類 AF2 AF3 AF4 露出1 露出2
1 AF補助光 プリAF AF微調整 露出補正 スポット測光位置
2 中央ボタン押しロックオンAF アイスタートAF 露出補正値のリセット 露出値ステップ幅
3 AF時の顔優先設定 フォーカスエリア登録機能 ISO感度 シャッター半押しAEL
4 AF被写体追従感度 登録フォーカスエリア消去 ISO AUTO低速限界 露出基準調整
5 AFシステム フォーカスエリア自動消灯 測光モード
6 シャッター半押しAF コンティニュアスAFエリア表示 マルチ測光時の顔優先


α7 III撮影設定一覧表(20項目)
# 11 12 13 14
分類 フラッシュ 色/WB/画像処理 ピント補助 顔検出/撮影補助
1 フラッシュモード ホワイトバランス ピント拡大 フリッカーレス撮影
2 調光補正 AWB時の優先設定 ピント拡大時間 個人顔登録
3 露出補正の影響 DRO/オートHDR ピント拡大初期倍率 登録顔優先
4 ワイヤレスフラッシュ クリエイティブスタイル ピント拡大中のAF
5 赤目軽減発光 ピクチャーエフェクト MFアシスト
6 ピクチャープロファイル ピーキング設定
注:新規追加項目を青字で示す。





2)撮影設定2


先程お伝えしました様に、従来カスタム設定と呼ばれていた大分類が、撮影設定2という名称にかわりました。

項目数は全部で45です。(α7 IIで38項目)

前述の撮影設定1と合わせると、α7 IIIが111項目でα7 IIが84項目ですので、α7 IIIになって27項目増えた事になります。

なお撮影設定1と撮影設定2の分類は、相変わらず何の意味もありません。

α7III撮影設定2一覧表(27項目)
# 1 2 3 4 5
分類 動画1 動画2 動画3 シャッター/
手ブレ補正
ズーム
1 動画露出モード 動画AF駆動速度 音声出力タイミング 静止画サイレント撮影 ズーム
2 S&Q露出モード 動画AF被写体追従感度 風音低減 電子先幕シャッター ズーム設定
3 動画記録方式 動画オートスロシャッター 動画マーカー表示 レンズなしレリーズ ズームリング操作方向
4 動画記録設定 音声記録 動画マーカー設定 メモリーカードなしレリーズ
5 スロー&クイック設定 録音レベル ビデオライトモード 手ブレ補正
6 プロキシー記録 音声レベル表示 シャッターボタンで動画撮影 手ブレ補正設定


α7III撮影設定2一覧表(18項目)
# 6 7 8 9
分類 表示オートレビュー1 表示オートレビュー2 操作カスタム1 操作カスタム2
1 DISボタン 連写残量表示 静止画カスタムキー ダイヤル露出補正
2 FINDER/MONITOR オートレビュー 動画カスタムキー MOVIE(動画)ボタン
3 ゼブラ設定 再生カスタムキー 操作部のロック
4 グリッドライン ファンクションメニュー設定 電子音
5 露出設定ガイド ダイヤルの設定
6 ライブビュー表示 Av/Tvの回転方向


これと前述の撮影設定を全て理解できれば、α7IIIの全貌を理解できる筈です。


3)ネットワーク


従来ワイヤレスと呼ばれていた大分類が、ネットワークという名称にかわりました。

本書では、ネットワークの詳細は割愛します。

α7IIIネットワーク一覧
# 1 2
分類 ネットワーク1 ネットワーク2
1 スマートフォン転送機能 Wi-Fi設定
2 パソコン保存 Bluetooth設定
3 FTP転送機能 位置情報連動設定
4 テレビ鑑賞 機器名称変更
5 スマートフォン操作設定 ルート証明書の読み込み
6 飛行機モード ネットワーク設定リセット



4) 再生


本書では、再生の詳細は割愛します。

α7IIシリーズ再生一覧
# 1 2 3
分類 再生1 再生2 再生3
1 プロテクト コピー 再生メディア選択
2 回転 動画から静止画作成 ビューモード
3 削除 拡大 一覧表示
4 レーティング 拡大の初期倍率 連写グループ表示
5 レーティング設定(カスタムキー) 拡大の初期位置 記録画像の回転表示
6 プリント指定 スライドショー 画像送り設定



5) セットアップ


セットアップについては、III型になってからタッチパネル関連、メモリーのダブルスロット関連の項目が追加されました。

またファイル名の頭3文字が変更できる様になったのも、大きな改善です。

なお本書では、セットアップの詳細は割愛します。

ただし、リモコン(赤外リモコン)の設定を”入”のままにしていると、パワーセーブが働かなくなりますので、使用しない場合は必ず”切”に設定しておきましょう。

α7 IIIセットアップ一覧
# 1 2 3 4
分類 セットアップ1 セットアップ2 セットアップ3 セットアップ4
1 モニター明るさ 表示画質 タッチパネル/タッチパッド 4K映像の出力先
2 ファインダー明るさ パワーセーブ開始時間 タッチパッド設定 USB接続
3 ファインダー色温度 自動電源OFF温度 デモモード USB LUN設定
4 ガンマ表示アシスト クリーニングモード TC/UB設定 USB給電
5 音量設定 タッチ操作 リモコン PCリモート設定
6 削除確認画面 HDMI設定



α7 IIIセットアップ一覧
# 5 6 7
分類 セットアップ5 セットアップ6 セットアップ7
1 日時設定 記録メディア設定 バージョン表示
2 エリア設定 記録フォルダー選択 認証マーク表示
3 著作権情報 フォルダー新規作成 設定リセット
4 フォーマット フォルダー形式
5 ファイル番号 管理ファイル修復
6 ファイル名設定 メディア残量表示


それでは次に撮影設定1から、順番に詳細を見ていきたいと思います。




α7 IIIのメニュー設定ガイド

戻る

SONY α7 IIIの優位性

次へ

①画質/画像サイズ1




Copyright (c) 2018 Photo Cafeteria
This site is link free.

ご意見、ご感想等ありましたら是非こちらに。
Your response would be highly appreciated.





ホーム頁へ戻る