メニューが分かれば全てが分かる
α7 IIIのメニュー設定ガイド





⑩露出2


次は露出2(撮影設定1の10/14)です。


ここでは以下の設定を行います。

# 設定項目 選択肢(太字は初期値) 推奨
1 スポット測光位置 中央/フォーカス位置連動 フォーカス位置連動
2 露出値ステップ幅 0.5段/0.3段 0.5段
3 シャッター半押しAEL オート/入/切 オート
4 露出基準調整 -1段~0~+1段 0段


撮影設定3
設定項目 選択肢とその説明 初期 推奨 解説
1
スポット測光位置
中央

スポット測光位置がフォーカスエリアに連動せず、常に中央で測光する。
3代目から新たに加わった機能で、[フォーカスエリア]が[フレキシブルスポット]または[拡張フレキシブルスポット]のときに、スポット測光位置をフォーカスエリアに連動させるかどうかを設定します。



[フォーカスエリア]を[フレキシブルスポット]または[拡張フレキシブルスポット]にした場合に備えて、フォーカス位置連動に設定しておきましょう。

なおそれ以外では、中央に固定されます。
フォーカス位置連動

スポット測光位置がフォーカスエリアに連動します。

ただし、[フォーカスエリア]が[フレキシブルスポット]または[拡張フレキシブルスポット]以外の場合は、スポット測光位置は中央に固定されます。

また、[フォーカスエリア]が[ロックオンAF:フレキシブルスポット]、もしくは[ロックオンAF:拡張フレキシブルスポット]の場合は、スポット測光位置がロックオンAF開始位置に連動しますが、被写体の追尾には連動しません。
2
露出値ステップ幅
0.5段


シャッタースピード、絞り値、露出補正値の設定幅を設定します。

好みの問題ですが、0.5段階の方が使い易いと思います。
0.3段






3
シャッター半押しAEL
オート

フォーカスモードシングルAFにしているとき、シャッターボタンを半押ししてオートフォーカス後、露出固定を行ないます。

それ以外では、シャッターを切る直前まで露出を合わせ続けます。
シャッターボタンを半押ししたときに、露出決定を行うかどうかを設定します。



ここではデフォルトのオートを選択しておきます。

この場合、コンティニュアスAFでは露出は固定されず、シャッターを押したときに露出が決定されます。


シャッターボタンを半押ししたときに、露出固定を行ないます。


シャッターボタンを半押ししたときに、露出固定を行ないません。

ピント合わせと露出決定を別々に行いたいときに使います。

[連続撮影]
[速度優先連続撮影]中も露出を合わせ続けます。
4
露出基準調整
-1段~+1段(1/6段の設定幅)



カメラの適正露出値の基準を、測光モードごとに調整することができます。

自分の好みでカメラの露光基準値を変更できますが、ここで取り敢えずゼロのままにしておきましょう。

使い込んでみてから、自分好みの明るさに設定します。





⑩露出2

戻る

⑨露出1

次へ

⑪フラッシュ





Copyright (c) 2015 Photo Cafeteria
This site is link free.

ご意見、ご感想等ありましたら是非こちらに。
Your response would be highly appreciated.





ホーム頁へ戻る