メニューが分かれば全てが分かる
α7 IIIのメニュー設定ガイド





⑥AF2


次はAF2(撮影設定1の6/14)です。


ここでは以下の設定を行います。

# 設定項目 選択肢(太字が初期値) 推奨
1 AF補助光 オート/切 オート
2 中央ボタン押しロックオンAF 切/
3 AF時の顔優先設定 AF時の顔優先設定:/切
顔検出枠表示:/切

4 AF被写体追従感度 5(敏感)/4/3(標準)/2/1(粘る) 1(粘る)
5 AFシステム 位相差AF/コントラストAF 位相差AF
6 シャッター半押しAF /切


撮影設定7
設定項目 選択肢とその説明 初期 推奨 解説
1
AF補助光
オート:暗所でAF補助光が自動発光する。


暗所でピントを合わせるための補助光を発光させるかどうか選択します。

特に支障が無ければオート(自動発光)にしておきましょう。
:AF補助光を使用しない。
2
中央ボタン押しロックオンAF
撮影画面で中央ボタンを押したとき、被写体を追尾してピントを合わせ続けます。

説明書が非常に分かり難いのですが、この機能が起動するのは、以下のときです。

①このメニューを入にして決定ボタンを押したとき。

②いずれかのカスタムキーに中央ボタン押しロックオンAF機能が登録されていて、そのボタンを押したとき。

③中央ボタンにスタンダード機能が登録されていて、中央ボタンを押したとき。

なおいずれの場合も、フォーカスエリアがワイドで、且つ中央ボタン押しロックオンAFが入でなければ、本機能は起動しません。

ただし①の場合は、強制的にフォーカスエリアがワイドになり起動します。

デフォルトでは、中央ボタンにスタンダード機能が登録されていてますので、取り敢えず入にしておきましょう。

なおロックオンAFとの違いは以下の通りです。

中央ボタン押しロックオンAF:
手っ取り早く動き回る被写体を撮り続けたい場合。

ロックオンAF:
AFエリアの大きさや開始位置を細かく設定したい場合。



上記状態から決定ボタンを押すと中央ボタン押しロックオンAFが起動する。


ターゲットマークを被写体に合わせて中央ボタンを押すと追尾(ロックオン)を開始する。





3
AF時の顔優先設定
AF時の顔優先設定




カメラが検出した顔に優先してピントを合わせる。



顔検出は行わずにピントを合わせる。
人物の顔を自動で認識し、ピントや露出を最適にするかどうかを選択します。
また合わせて、顔検出枠を表示するかどうかを選択します。

顔検出は、ポートレートにおいて露出やピントの精度がアップしますので、入にセットしておきましょう。

ところで耳よりな話をここでしておきたいと思います。

[AF時の顔優先設定]が[入]でフォーカスモードが[シングルAF]のときに目にピントが合うと、目に枠が表示されます。

すなわち上記の場合、(別のボタンを押す事なく)シャッターボタンを押すだけで瞳AFが働く様になったという事です。
顔検出枠表示



[AF時の顔優先]が[入]のときに顔検出枠を表示する。



顔検出枠を表示しない。
4
AF被写体追従感度(静止画)


5(敏感)
4
3(標準)
2
1(粘る)

3 3 静止画撮影時、被写体がフォーカスエリアから外れたときのオートフォーカスの追従感度を、5段階から選べます。

距離の異なる被写体に次々にピントを合わせるには[5(敏感)]を選びます。

撮影したい被写体の前を別の被写体が横切るような条件下で、希望の被写体にピントを合わせ続けるには[1(粘る)]を選びます。

通常は3(標準)で良いでしょうが、もしポートレートがメインでしたら[1(粘る)]を選びましょう。
5
AFシステム
位相差AF
位相差AFでピントを合わせる。
すばやいピント合わせができる。

注1:[AFシステム]が[位相差AF]のとき、以下の機能は使用できません。

 ①[フォーカスエリア]の[ゾーン]、[拡張フレキシブルスポット]、[ロックオンAF]
 ②[中央ボタン押しロックオンAF]

注2:[AFシステム]が[位相差AF]のとき、[AF-S時の優先設定]が[バランス重視]になっていても、一時的に[フォーカス優先]に切り換わります。
マウントアダプターLA-EA1(別売)、もしくはLA-EA3(別売)を装着時のオートフォーカス方式を設定します。

上記マウントアダプターを装着しない限り本設定はできませんので、ほっておきましょう。


もしマウントアダプターを使う場合は、精度の高い位相差AFを選択しておきましょう。
コントラストAF

常にコントラストAFでピントを合わせる。
ピント合わせの速度は遅くなる。位相差AFでピントが合わないときに使う。

注1:[AFシステム]が[コントラストAF]のとき、[フォーカスモード]の[コンティニュアスAF]は使えません。
6
シャッター半押しAF



シャッターボタンを半押しすると、オートフォーカスが機能します。
シャッターボタンを半押ししたときに、オートフォーカスによるピント合わせを行うかどうかを設定します。

最も使い易く合理的な方式ですので、入を選択します。

シャッターボタンを半押ししても、オートフォーカスが機能しません。





⑥AF2

戻る

⑤AF1

次へ

⑦AF3





Copyright (c) 2015 Photo Cafeteria
This site is link free.

ご意見、ご感想等ありましたら是非こちらに。
Your response would be highly appreciated.





ホーム頁へ戻る