設定が分かれば全てが分かる 
α7シリーズ徹底使いこなしガイド






撮影設定6


撮影設定6です。



①中央ボタン押しロックオンAF 切/入
②顔検出/スマイルシャッター 切/登録顔優先/顔検出/スマイルシャッター
③美肌効果 切/入(高、中、低)
④オートフレーミング 切/入
⑤オートモード おまかせオート/プレミアムおまかせオート
⑥シーンセレクション ポートレート/スポーツ/マクロ/風景


撮影設定6
設定項目 選択肢とその説明 初期 推奨 解説
6-1
中央ボタン押しロックオンAF
撮影画面で中央ボタンを押したとき、被写体を追尾してピントを合わせ続けます。

説明書が非常に分かり難いのですが、この機能が働くのはこのメニューを入にした直後です。

これ以外で中央ボタン押しロックオンAF機能が働くのは、以下の場合です。

フォーカスエリアがワイドで、且つ中央ボタン押しロックオンAFが入のとき



6-2
顔検出
/スマイルシャッター


顔検出機能を使わない
人物の顔を自動で認識し、ピントや露出を最適にするかどうかを選択します。


上のメニューを見ると重複して選択できる様な気がしますが、選択できるのは4つの選択肢の内のどれか一つだけです。

顔検出は、ポートレートにおいて露出やピントの精度がアップしますので、入にセットしておきましょう。

入(登録顔優先)

[個人顔登録]で登録した顔を優先して顔検出を行ないます。


登録した顔を優先せずに顔検出を行ないます。
スマイルシャッター

笑顔を検出して自動撮影する。
6-3
美肌効果
入(高、中、低)


顔検出時、被写体の美肌効果を設定します。

被写体が女性の場合、デジタル処理で肌が綺麗に写りますので、女性を撮る機会が多ければ、積極的に高を設定しておきましょう。

なお美肌効果が働くのは、上記の顔検出が働いた場合のみになります。

また連写でも働きません。
6-4
オートフレーミング
余計なお世話なので、切にしておきましょう。


オート

人物の顔やマクロ撮影する、またロックオンAFでとらえた被写体を検出して撮影すると、自動的に最適な構図に切り出し(トリミング)された画像が記録されます。

トリミング前の画像と、トリミングされた画像の2枚が記録されます。

トリミングされた画像は、オリジナル画像と同じ画像サイズで記録されます。




6-5
オートモード
(76)
おまかせオート


本機が適切だと判断した値で撮影します。

カメラがシーンを認識すると、シーン認識マークと連続撮影枚数が表示されます。
モードダイヤルをAUTO(オートモード)にした場合のオート撮影の方法を選択します。

なおモードダイヤルをAUTOに設定しないと、本メニューは選択できません。

またいずれの場合も、カメラがシーンを認識すると、シーン認識マークと連続撮影枚数が表示されます。



”プレミアムおまかせオート”の方がより高度な撮影を自動で行ってくれますので、こちらを選択しておきましょう。
プレミアムおまかせオート


本機が撮影状況を認識して、自動的に最適な設定を行います。

必要に応じて連続撮影し、合成や抽出によって最適な画像を保存します。

カメラがシーンを認識すると、シーン認識マークと連続撮影枚数が表示されると共に、以下の撮影動作も表示されます。

連続撮影、スローシンクロ、オートHDR、日中シンクロ、スローシャッター、手持ち夜景

6-6
シーンセレクション
(78)
ポートレート

背景をぼかして、人物を際立たせ、なお且つ肌をやわらかに再現します。


①背景をよりぼかすには、被写体と背景を離し、ズームレンズを望遠側にします。
②レンズに近い方の目にピントを合わせると、自然な印象になります。
③逆光のときは、レンズフードをつけて撮りましょう。
④フラッシュで目が赤くなってしまうときは、赤目軽減機能を使いましょう。

モードダイヤルを SCN( シーンセレクション)にした後、希望のシーンを選択します。

どのシーンを使うか分からないので、取り敢えずデフォルトのポートレートのままにしておきましょう。
スポーツ

高速なシャッタースピードで動く物が止まったように撮れます。


①シャッターボタンを押し続けると連続撮影になります。
②シャッターボタンを半押ししたままシャッターチャンスを待つのがお勧めです。
マクロ

花や料理などに近づいて撮るときに適しています。


①マクロレンズ(別売)を使えば、より近づいて撮影できます。

②1m以内で撮る場合は、フラッシュモードを発光禁止にしましょう。

③近距離撮影では、手ブレ補正の効果を得にくくなりますので、補正の効果が得られないときは三脚を使用しましょう。

④ピントが合う最短距離は変わりません。
風景

風景を手前から奥までくっきりと鮮やかな色で撮ります。


①風景の広大さをより強調するには、レンズを広角側にします。
夕景

夕焼けや朝焼けなどの赤を美しく撮ります。


夜景

暗い雰囲気を損なわずに、夜景を撮ります。


①シャッタースピードが遅くなるので、三脚を使いましょう。

②明かりの少ない全体的に暗い夜景のときは、写真がうまく仕上がらないことがあります。
手持ち夜景

三脚を使わずにノイズが少ない夜景を撮ります。

連写を行い、画像を合成して被写体ブレや手ブレ、ノイズを軽減して記録します。


以下の場合はノイズを軽減する効果が弱くなります。

①動きの大きな被写体

②主要被写体とカメラの距離が近すぎる場合

③空、砂浜、芝生など、似たような模様が続く被写体

④波や滝など、常に模様が変化する被写体

また蛍光灯など、ちらつきのある光源がある場合、ブロック状のノイズが発生することがあります。
夜景ポートレート

フラッシュを使って、夜景と人物を撮ります。


①シャッタースピードが遅くなるので、三脚を使いましょう。
人物ブレ軽減

室内で人物撮影する場合、フラッシュを使わずにブレを軽減します。

連写を行い、画像を合成して被写体ブレやノイズを軽減して記録します。

フラッシュは発光されないため、白とびすることなく、室内の照明だけで自然な表情が残せます。


以下の場合はノイズを軽減する効果が弱くなります。

①動きの大きな被写体
②主要被写体とカメラの距離が近すぎる

また蛍光灯など、ちらつきのある光源がある場合、ブロック状のノイズが発生することがあります。





撮影設定6

戻る

撮影設定5

次へ

撮影設定7





Copyright (c) 2015 Photo Cafeteria
This site is link free.

ご意見、ご感想等ありましたら是非こちらに。
Your response would be highly appreciated.





ホーム頁へ戻る