アヒルが白鳥になってしまった
SONY α7 IIIの優位性

2018/3/26

目次


  1. はじめに
  2. 結論
  3. 妥当な2400万画素
  4. 有効なローパスフィルター
  5. 高級機並みの連写性能
  6. 優れたISO感度
  7. コストダウンの背面モニター
  8. 必要十分な電子ファインダー
  9. その他の優位性
  10. まとめ

はじめに


2018/2/27に、α7 IIIが発表されました。


とは言え、余程SONY好きの方でも、このモデルの登場を待ち焦がれていた方は、殆どいらっしゃらなかった事でしょう。

なにしろ従来のα7は、高画素のα7Rと高感度のα7S、そして高速のα9に囲まれて、価格が安いだけが取り柄のフルサイズ普及機という、いわば日陰の存在だったからです


ところが、α7 IIIのプレスリリースを読んでみると、予想外に魅力的なモデルに仕上がっているではありませんか。

魅力的と言うだけでなく、エポックメイキングなモデルと言っても良いくらいのポテンシャルを秘めています。

一体どこがどう魅力的なモデルに生まれ変わったのか、最新情報を盛り込みながらじっくりご説明したいと思います。

特にこれからフルサイズのミラーレス一眼を購入しようと考えている方は、必見です。


結論


それでは先に結論をお伝えしておきましょう。

先ず以て驚いたのは、α7 IIIはα9に搭載された最新の裏面照射型のCMOSセンサーを搭載し、更にα7R IIIと同じ操作性を持たせ、それでいて価格を22万円と超破格の値段で市場に打って出た事です。

下の表は、アマゾンにおける各モデルの販売価格です。

世代 α7 α7S α7R α9
I 12万円 19万円 11万円 44万円
II 12万円 26万円 22万円
III 22万円 36万円
αシリーズの販売価格(2018/4時点のアマゾン税込価格)

この表をご覧頂きます様に、2018/4時点でα9の価格は43万円、α7R IIIが36万円です。

この両モデルの良い所取りをしたα7 IIIがたったの22万円なのですから、超破格の値段と言うのも納得して頂けると思います。

           


これを他社機に当てはめてみますと、例えばキヤノンEOS-1DX II(60万円)の撮像素子とEOS 5 IV(31万円)の操作性を、EOS 6Dシリーズに盛り込んで、それをEOS 6D IIの価格帯(20万円前後)で売り出したと言えば、その衝撃の大きさをご理解頂けるでしょうか。


ニコンで言えば、NIKON D5(60万円)の撮像素子とNIKON D850(40万円)の操作性をD700シリーズに持ち込んで、D750の価格帯(20万円)で売り出したと言えます。


これはもう完全に、掟破りの価格破壊モデルと言っても過言ではありません。

実際幣サイトでもα7 IIIの仕様と価格を予想してみたのですが、恐らくα9に搭載された新CMOSセンサーは搭載されないだろとの結論に至りました。

何故ならば、新CMOSセンサーを採用すれば、α7 IIIの価格はどう考えても30万円近くなると予想したからです。

だとすると、なぜこの様な価格設定ができたのでしょうか?

もしかしたらキヤノンやニコンからもフルサイズ対応ミラーレス一眼が発売されると予想されるため、その対応として多少利益率を落としてでも戦略的価格を採用したと思われるかもしれませんが、それは有り得ません。

今どきどの企業でも、採算を度外視して思い付きで値付けができる余裕など全くありません。

このスペックでこの価格帯の製品を出そうというのは、今から数年前に決まっていた事で、それを実現するために地道なコストダウンを続けていたのは間違いありません。

特にSONYの場合、外販を含めて自社でイメージセンサーを製造していますので、かなり長期的に製品の仕様や製造コストを予測できるというアドバンテージがあります。

恐らく、それが大きく貢献したのでしょう。

ですので、α7 IIIの仕様と価格は昨日今日に決まった話ではなく、α7が計画されたであろう2010年頃から周到に計画していた事が、ついに実現したと言えます。

間違いありません。

SONYは完全に戦闘モードです。

恐らくSONYとしては、このα7 IIIを第一次ミラーレス一眼戦線の戦略商品として捉えているのでしょう。

そしてこれは全くの偶然でしょうが、(うまい具合に)これからキヤノンやニコンのフルサイズ対応ミラーレス一眼が、満を持して発売されます。

他社のフルサイズ対応ミラーレス機の基本性能は、当然普及機クラスなのは間違いありません。

となると、この初戦はどうみてもSONYの圧勝になるのは間違いないでしょう。

なぜそう言えるのか、各仕様を見ながらじっくりお伝えしたいと思います。


妥当な2400万画素


それでは具体的にα7 IIIのアドバンテージを見ていきたいと思います。

となると、真っ先にお伝えしたいのが、画素数です。

恐らくこれを読まれている大多数の方は、画素数が多いほど良い写真が撮れると思われる事でしょう。

すなわちα7 IIIの2400万画素より、4800万画素のα7R IIIの方が上だと思われる事でしょう。

確かに画素数が多ければ、同じ大きさのモニターに画像を映せば精細性が上がりますので、臨場感も美しさもアップします。

ただしそれは、外部モニターにそれだけの実力(解像度)があればの話です。


4800万画素は使い切れない


下の図は、デジカメの画素数によって、どれだけの大きさにプリントできるか、及びどれくらい解像度の高いモニターに出力できるかを示しています。



これをご覧頂きます様に、α7R IIIの様に4800万画素があっても、その能力をフルに使い切るには新聞紙大にプリントするか、はたまた展示会場でしか見れない8Kテレビ(3300万画素)に出力するしかないのです。

すなわち折角4800万画素の写真を撮っても、結局自宅のテレビやPCで見ている限り、200万画素の写真と同じなのです。


4800万画素を必要とする被写体は殆ど無い


そしてもう一つお伝えしたいのは、そもそも4800万画素を必要とする様な被写体は殆ど無いという事です。

下はα7R IIの広告で使われている写真ですが、こんなに精緻な被写体は滅多にない事は何方もすんなり同意頂けるのではないでしょうか?

滅多にお目に掛かれない高画素を必要とする被写体

実際、一般的な人物写真や風景写真でしたら、スマートフォンのカメラで全く問題ないのはどなたも同じに認識だと思います。

そして、そのスマートフォンの画素数は、せいぜい1200万画素程度なのですから、2400万画素でも十分である事はどなたもすんなりご納得頂けると思います。


4800万画素は邪魔だ


さてここまでの話でしたら、例え宝の持ち腐れであっても、いつか4800万画素が必要な事があるかもしれませんので、あながち悪い事とは言い切れません。

ですが、4800万画素ですと、RAWファイルで1枚当たり40MBもありますので、1000枚撮れば40GBにもなるのです。

ですので、HDDのメモリー容量がどんどん減っていく事になるのです。

丁度、使いもしない服や食器を後生大事にため込んで置くようなものです。

またRAWファイルを現像したり、撮ったJPEG写真をフォトショップ等でレタッチした方なら経験があるでしょうが、写真の画素数が多いと、画像処理の時間が非常に長くなるのです。

写真の明度を変えたり、ちょっと水平を直すだけで数十秒も待たされると、さすがに疲れてきます。

だったら画素数はいくらぐらいが適正かと聞かれれば、今の段階では2400万画素程度が妥当だと言えます。

ちなみにα7 IIIの直接のライバルとなるキヤノンのEOS 6D mark IIが2600万画素、ニコンのD750が2400万画素です。

そして両者のフラッグシップ機でもある、EOS-D1 X Mark IIが2020万画素、Nikon D6が2082万画素なのです。

それでも4800万画素が必要ですか?


有効なローパスフィルター


次はローパスフィルターです。

ローパスフィルターとは、低周波成分を通過させて、高周波成分を遮断するフィルターの事です。

デジカメの場合でしたら、撮像素子の前に設けられており、太くてぼんやりした画像は通過させ、細くてくっきりした画像は透過させない、すりガラスの様な物です。


これによって、モアレや偽色の発生を防ぐ事ができます。

繊維の画像に生じたモアレと偽色

そう聞けば、どなたもそんな物は無い方が良いと思われる事でしょう。

このため、昨今の風潮としては、多少のモアレや偽色のリスクがあっても、分かり易い解像度の良さを求めてハイパスフィルターレスを持て囃す傾向にあります。

実際ネットで検索すると、ローパスフィルターレスの方がこんなに画像がくっきり写るとした、新聞紙やビルの窓訳の画像が至る所にアップされています。

ですが、これはとんでもない誤解です。

デジカメの様に撮像素子を1枚しか搭載しない場合、被写体本来の色を再現するためには理論上どうしてもローパスフィルターが必要なのです。(詳細はこちら

最近ではレンズの解像度が撮像素子の解像度に追い着かない事から、高解像度デジカメにおいては安易にローパスフィルターを外す傾向がありますが、この観点からもα7 IIIはお勧めと言えます。


高級機並みの連写性能


続いては連写速度です。

α9は電子シャッターながらフルサイズで20コマ/秒を達成しており、キヤノンやニコンもメカシャッターで、16コマ/秒、14コマ/秒を達成しています。

さすがにα7 IIIはそこまでは無理としても、10コマ/秒はかなり優秀です。

機種 最高速 AF追随
α9 20コマ 20コマ
EOS-1D X II 16コマ 14コマ
NIKON D5 14コマ 12コマ
EOS-1D X 14コマ 12コマ
α99 II 12コマ 12コマ
α7 III 10コマ 10コマ
D850 7コマ 7コマ
EOS 5D IV 7コマ 7コマ
EOS 6D II 6.5コマ 6.5コマ
Nikon D750 6.5コマ 6.5コマ
α7 II 5コマ 2.5コマ
α7 5コマ 2.5コマ
α7R II 5コマ 2.5コマ
EOS 5Ds 5コマ 5コマ
フルサイズ対応デジタル一眼の連写速度

なにしろα7 IIIの直接のライバルとなるであろうキヤノンやニコンのフルサイズ入門機であるEOS 6D IIやNIKON D750の連写速度は6.5コマ/秒でしかないのです。

これは競合他社にとって、かなり驚きの仕様であるのに間違いありません。


優れたISO感度


そして次の驚きは、ISO感度です。

既にお伝えしました様に、α7 IIIはα9に搭載された最新版の裏面照射型の撮像素子を搭載してきました。

生憎α9と同じ積層型ではないため読み込み速度の遅れによるローリングシャッター歪はα9ほど改善されてはいませんが、ISO感度は従来の2400万画素の撮像素子より1段分改善されています。

それをグラフにすると以下の様になります。


これをご覧頂きます様に、さすがに各社のフラグッシプ機より劣るものの、先程お伝えした直接のライバルとなるEOS 6D IIやNIKON D750より、1EV以上常用ISO感度が高い事が分かります。

また兄貴分のα7R IIIより1段分明るく、高感度のα7S IIと比べても1段暗いだけです。

これだと、コントラストAFしか搭載していないα7S IIを購入する理由もないでしょう。

これから登場するキヤノンとニコンのフルサイズミラーレス機も当然ながらISO感度は意識しているでしょうが、そう簡単にこの常用ISO感度は抜けないでしょう。


コストダウンの背面モニター


続いては背面モニターです。

今どき背面モニターは可動式で、タッチパネルは当たり前とも言えます。

そして大きさと共に解像度と明るさが重要なファクターになります。

これらを各メーカーの主要なモデルと比べると、以下の様になります。

機種 サイズ 総ドット数 タッチパネル 可動範囲 明るさ調整
Nikon D5 3.2型 236万ドット 固定 可能
EOS-1D X II 3.2型 162万ドット 固定 マニュアル5段階
α7R III 3型 144万ドット 上107°、下41° マニュアル5段階
屋外晴天モード
α7R II 3型 123万ドット - 上107°、下41° マニュアル5段階
屋外晴天モード
α99 II 3型 123万ドット - 上134°、手前180°
右180°、左90°
オート
マニュアル5段階
屋外晴天モード
Nikon D750 3.2型 123万ドット - 角度調整可能 可能
EOS 6D II 3型 104万ドット バリアングル マニュアル7段階
E-M1 II 3型 104万ドット 2軸可動式液晶 マニュアル±7段階
(色温度調整可)
Fuji X-H1
Fuji X-T2
3型 104万ドット 3方向チルト式 不明
α7 III 3型 92万ドット 上107°、下41° マニュアル5段階
屋外晴天モード

この表をご覧頂きます様に、α7 IIIの解像度(総ドット数)は断トツの低さです。

それもその筈、何と先代のα7 II(123万ドット)よりも解像度は劣るのです。

このため通常でしたら、ネガティブな印象になるのですが、むしろ逆です。

少しでも低価格を実現するために、不要な部分のコストを徹底的に抑える。

これこそ物づくりの本質であり、醍醐味と言えます。

実際ミラーレス一眼の場合、(背面モニターより高精細の)電子ファインダーでも撮った画像を確認できますので、背面モニターはフレーミング専用、もしくは撮影条件確認用と割り切る事もできます。

という訳で、こういった所での大胆な割り切りについては、むしろ好感が持てます。

なおαシリーズには、どれでも屋外晴天モードを搭載していますので、晴れた日の屋外での撮影には多いに重宝する事を付け加えておきます。


必要十分な電子ファインダー


それでは次に、先程話題に出ました電子ファインダーの性能を、他機種と比べてみたいと思います。

機種 サイズ 総ドット数 倍率 視度補正 アイポイント 色温度調整
α9
α7R III
0.5型 369万ドット 0.78倍 -4.0+3.0m-1 23mm 5段階
X-H1 0.5型 369万ドット 0.75倍 -4.0+2.0m-1 23mm -
α7R II
α99 II
α7 III
0.5型 236万ドット 0.78倍 -4.0+3.0m-1 23mm 5段階
α7 II 0.5型 236万ドット 0.71倍 -4.0+3.0m-1 23mm 5段階
E-M1 II 0.5型 236万ドット 1.48倍 -4.0+2.0m-1 21mm 7段階
X-T2 0.5型 236万ドット 0.77倍 -4.0+2.0m-1 23mm -

上の表をご覧頂きます様に、さすがに最上位機種であるα9やα7R IIIの396万ドットには劣るものの、他メーカーの上位機種と同じ236万ドットの解像度を有していますので、余程の事がないかぎり不満を覚える事はないでしょう。

また倍率についても上位機種と同じ0.78倍を確保していますので、電子ファインダーについても及第点を与えられます。


その他の優位性


それ以外にもα7 IIIは、さまざまな優位性を持っています。

これだけの機種が20万円台で買えるとは、本当に驚きです。


1. 5軸手振れ補正


ミラーレス一眼においては、ボディー内5軸手振れ補正機構は今時珍しくもありません。

ですがフルサイズの大きな撮像素子を搭載しながら、手振れ補正効果を従来の最高4.5段分だったのに対して、最大5段分に進化しているのは大いに評価できます。


2. 容量2倍のバッテリー搭載


α7 IIIのバッテリーは、従来機の物(NP-FW50)より容量が2倍のNP-FZ100になり、撮影可能枚数もほぼ2倍になりました。

従来機を使い続けていた経験からすれば、これだけの容量がアップすれば、余程の事がない限り1日の撮影で電池を交換する事は無さそうです。

ただし従来機のユーザーにとっては、新たに予備のバッテリーと充電器を購入しなければならないのが辛い所です。


3. デュアルスロット


更に驚いた事に、メモリーカードの挿入口もデュアルスロットになりました。

キヤノンもニコンもフルサイズ入門機においては、シングルスロットが常識です。

そこにデュアルスロットとは、正に驚きです。

ただし、これは本当に必要なのでしょうか?

確かにデュアルスロットになると、2枚のメモリーカードへの同時記録、メモリーカード間のコピー、動画と静止画の振り分け等が可能になります。

ですが、実際にそんな事が必要なケースがどれだけあるのでしょうか。

むしろデュアルスロットの最大の恩恵は、万一メモリーカードを入れ忘れた場合に、予備がある事ではないでしょうか。

もしそうならば、メモリーカードのスロットは1個で、予備のメモリーカードを格納できる場所が1個あるのが一番合理的な様な気がします。


4. 瞳AF


瞳AFについても、ミラーレス一眼においては珍しいものではありません。

ですが、はっきり言って初期のα7シリーズにおいては、ただファインダー上で瞳を検知しているだけの話で、実際に瞳にピントが合っているかどうかとは関係ない話でした。

特にコントラストAFしか搭載していないα7Sにおいては、絶句するほどの役立たずで、ピンボケ量産機でした。

それがα7R IIあたりから、ようやく多少使える様になってきました。

ただし瞳AFを起動するためには、瞳AFを登録したボタンを押すという儀式が必要なので、相変わらず使い辛いものでした。

ところが、α7 IIIにおいてはシャッターボタンで瞳AFを起動させる事ができる様になったのです。

という訳で、これでようやく本当の意味での瞳AFに一歩近づいたと言えます。


まとめ


いかがでしたでしょうか。

これらをまとめると以下の様になります。

α7 IIIは、2400万画素とちょうど良い画素数で、且つ解像度より実際の色情報を優先するローパスフィルターを搭載し、高級機並みの秒速10コマの連写速度と、優れたISO感度と、必要十分なファインダー性能と進化した手振れ補正と、1日使えるバッテリー、メモリーカードの入れ忘れを防げるデュアルスロット、完成に近づいた瞳AFを搭載した、20万円台で購入できる実力派ミラーレス一眼である

これに強いて加えてほしいものを一つ言わせて頂ければ、何も無い、と言わざるをえない夢の様なモデルです。

と書いて終わりにしたかったのですが、ここで1点問題が発生しました。

いくつかのα7 IIIのレビューにおいて、α7 IIIのローパスフィルターは水平方向にのみしか効かせていないとの報告があります。

ローパスフィルターは、通常2枚の複屈折板を水平方向と垂直方向に配置しているのですが、恐らくα7 IIIにおいては垂直方向の複屈折板を割愛しているのでしょう。

モアレや偽色が目立たなければ良いではなく、キヤノンの様にあくまでも被写体本来の色優先で、2枚の複屈折版(ローパスフィルター)を搭載してほしかった。

それが本書における、α7 IIIの唯一無二の弱点としたいと思いますが、いかがでしょうか。






アヒルが白鳥になってしまったSONY α7 IIIの優位性

戻る

ミラーレス一眼には、PLフィルターが使える

次へ

すっきり分かる、電子シャッターとフラッシュの関係



ご意見、ご感想等ありましたら是非こちらに。
Your response would be highly appreciated.





ホーム頁へ戻る

サイト紹介


写真やカメラに関するコンシューマレポート、テクニカルレポートは各種ありますが、ここでは余り知られていない耳寄りな情報を、小学生にも分かる様に平易にお伝えしたいと思います。

徐々に更新していきますので、もし宜しければ珈琲でも飲みながらお楽しみ下さい。


▼ 1. デジカメ技術講座

▼ 2. 撮影講座

▼ 3. 新旧デジカメ一覧

▼ 4. デジタル一眼の最新情報

▼ 5. ストロボ

▼ 6. 星空撮影

▼ 7. 番外編

▼ 8. ボケ易い単焦点レンズのベスト15