デジカメのダイナミックレンジ
(RAWファイルの本当のメリットとは?)

 はじめに
 結論

 初級編
  1) ダイナミックレンジとは 

  2) 日常光のダイナミックレンジ
  3) デジカメのダイナミックレンジ
  4) ラチチュードとは
  5) 写真のダイナミックレンジ
  6) デジカメのダイナミックレンジと写真の関係
  7) モニターのダイナミックレンジ
  8) JPEGファイルとは
  9) 初級編のまとめ

 中級編
  10) RAWフォーマットの利点とは

  11) JEPGとRAWファイルの明度調整
  12) ダイナミックレンジの広い画像
  13) ダイナミックレンジと撮像素子の関係

 上級編
  14) 画素数とダイナミックレンジが反比例する事の証明

  15) デシベルと絞り値の換算表
  16) ラチチュード(許容範囲)の値
  17) ダイナミックレンジ補正

 まとめ
 寸評の答え
 予告編



11) JEPGとRAWファイルの明度調整


お持たせしました。

百聞は一見にしかず、という事で早速JEPGとRAWファイルで明度を調整した画像を見てみましょう。

先ず下の2枚の写真は、同時に撮影したJEPGファイルとRAWファイルで、上がJPEG、下がRAWファイルをPCで現像した画像です。


JPEGファイル


RAWファイル


JEPGファイルは使用したデジカメの設定が盛り込まれているので、多少色味が異なりますが、明るさは殆ど差がない事が分かって頂けると思います。

ではそれぞれのファイルを使って、明るさを変えたらどうなるでしょう。

先ず明度を上げてみます。


JPEGファイル


RAWファイル


これを見比べてみますと、いずれも以前は見えなかった右奥の建物が判別できる様になっているものの、RAWファイルの方がより詳しく判別できる様になっています。

また手前の木々も緑色が浮き出ています。

次に明度を落としてみます。


JPEGファイル


RAWファイル


それ程大きな差は無いものの、RAWファイルの方が沈んでいく太陽や雲の輪郭が分かります。

これでRAWファイルには、JPEGファイルより広いダイナミックレンジの情報が蓄えられている事をご理解頂けましたでしょうか?

ここで、これまでに分かった事をまとめてみましょう。

①デジカメのダイナミックレンジが広がっても、モニターや紙で見る画像には直接影響しない。

②ただし適正露出から外れた場合は、デジカメのダイナミックレンジが広い方が後で救済し易い。

③RAWには広いダイナミックレンジの情報が残っているので、あとで明るさの異なる写真を再生する事が可能である。






11) JEPGとRAWファイルの明度調整

戻る

10) RAWファイルの利点とは

次へ

12) ダイナミックレンジの広い画像





Copyright (c) 2015 Photo Cafeteria
This site is link free.

ご意見/ご感想等ありましたら是非こちらに。
Your response would be highly appreciated.




ホーム頁へ戻る