デジカメのダイナミックレンジ
(RAWファイルの本当のメリットとは?)



 はじめに
 結論

 初級編
  1) ダイナミックレンジとは 

  2) 日常光のダイナミックレンジ
  3) デジカメのダイナミックレンジ
  4) ラチチュードとは
  5) 写真のダイナミックレンジ
  6) デジカメのダイナミックレンジと写真の関係
  7) モニターのダイナミックレンジ
  8) JPEGファイルとは
  9) 初級編のまとめ

 中級編
  10) RAWフォーマットの利点とは

  11) JEPGとRAWファイルの明度調整
  12) ダイナミックレンジの広い画像
  13) ダイナミックレンジと撮像素子の関係

 上級編
  14) 画素数とダイナミックレンジが反比例する事の証明

  15) デシベルと絞り値の換算表
  16) ラチチュード(許容範囲)の値
  17) ダイナミックレンジ補正

 まとめ
 寸評の答え
 予告編


16) ラチチュード(許容範囲)の値


さて、絞り値とデシベルの関係が分かった所で、以前予告しておりましたラチチュードについて、ここでもう少し具体的にご説明したいと思います。

この話は、絞り値でご説明した方が分かり易いと思い、いつもの図に紫で絞り値を追加しました。

 

この図を見て、何が言いたいか薄々気が付いて頂けますでしょうか?

以前お伝えしました様に、ラチチュードとは適正露出から外れても許容できる光の範囲です。

上図の場合、デジカメのダイナミックレンジは70dBで、モニターのダイナミックレンジが40dBですので、差し引き30dBの余裕があります。

という事は、明部側と暗部側にそれぞれ15dBの余裕がある事になります。

すなわち、うっかり露出を間違えたとしても、デジカメで撮った画像には上下に15dB分の余裕があるデータがあるので、RAWファイルを現像する事によって15dB分は十分補正できるという事です。

この15dBを絞り値で言うと、±2.5絞りです。

これが取りも直さずそのデジカメの許容範囲の事で、このデジカメのラチチュードは±2.5絞りという訳です。

またもし別のデジカメのダイナミックレンジがもっと広い75dBだとしますと、両端に17.5dBずつの余裕がありますので、ラチチュードは±3絞り分あるという訳です。

数値で抑えれば、すっきり説明ができます。






16) ラチチュード(許容範囲)の値

戻る

15) デシベルと絞り値の換算表

次へ

17) ダイナミックレンジ補正





Copyright (c) 2015 Photo Cafeteria
This site is link free.

ご意見/ご感想等ありましたら是非こちらに。
Your response would be highly appreciated.




ホーム頁へ戻る