デジカメのダイナミックレンジ
(RAWファイルの本当のメリットとは?)



 はじめに
 結論

 初級編
  1) ダイナミックレンジとは 

  2) 日常光のダイナミックレンジ
  3) デジカメのダイナミックレンジ
  4) ラチチュードとは
  5) 写真のダイナミックレンジ
  6) デジカメのダイナミックレンジと写真の関係
  7) モニターのダイナミックレンジ
  8) JPEGファイルとは
  9) 初級編のまとめ

 中級編
  10) RAWフォーマットの利点とは

  11) JEPGとRAWファイルの明度調整
  12) ダイナミックレンジの広い画像
  13) ダイナミックレンジと撮像素子の関係

 上級編
  14) 画素数とダイナミックレンジが反比例する事の証明

  15) デシベルと絞り値の換算表
  16) ラチチュード(許容範囲)の値
  17) ダイナミックレンジ補正

 まとめ
 寸評の答え
 予告編


17) ダイナミックレンジ補正


長くなってしまいましたが、いよいよ最後です。

メーカーによって多少呼び名が異なりますが、ダイナミックレンジ補正(Dレンジオプティマイザー、ハイダイナミックレンジ等)についてご説明したいと思います。

下の写真はソニーのDレンジオプティマイザーの説明用の画像です。

  
 補正前                  補正後


これはさほど不自然さがありませんが、先般の軟調画像とどこが違うか分かりますでしょうか?

この場合、デジカメのダイナミックレンジを均等にJEPGに詰め込んでいるのではなく、暗部と明部だけをデジカメ両端のダイナミックレンジからそのまま持ってきているから、さほど不自然さを感じないのです。

ただし写真として見るとやはり不自然さは拭えません。

なおソニーのDレンジオプティマイザーは、(他社は3枚の異なる露出の画像を合成するのに対して)1枚の画像で作られます。

おの事からも、JEPG画像には全ダイナミックレンジの情報が入っていない事が分かります。






17) ダイナミックレンジ補正

戻る

16) ラチチュード(許容範囲)の値

次へ

まとめ





Copyright (c) 2015 Photo Cafeteria
This site is link free.

ご意見/ご感想等ありましたら是非こちらに。
Your response would be highly appreciated.




ホーム頁へ戻る