デジカメのダイナミックレンジ
(RAWファイルの本当のメリットとは?)



 はじめに
 結論

 初級編
  1) ダイナミックレンジとは 

  2) 日常光のダイナミックレンジ
  3) デジカメのダイナミックレンジ
  4) ラチチュードとは
  5) 写真のダイナミックレンジ
  6) デジカメのダイナミックレンジと写真の関係
  7) モニターのダイナミックレンジ
  8) JPEGファイルとは
  9) 初級編のまとめ

 中級編
  10) RAWフォーマットの利点とは

  11) JEPGとRAWファイルの明度調整
  12) ダイナミックレンジの広い画像
  13) ダイナミックレンジと撮像素子の関係

 上級編
  14) 画素数とダイナミックレンジが反比例する事の証明

  15) デシベルと絞り値の換算表
  16) ラチチュード(許容範囲)の値
  17) ダイナミックレンジ補正

 まとめ
 寸評の答え
 予告編


まとめ


いかがでしたでしょうか?

これでデジカメのダイナミックレンジについて、分かって頂けましたでしょうか?

今まで述べた事の要点と、最後に全体のまとめを述べておきます。

①デジカメのダイナミックレンジとは、デジカメが1露光で写せる光の範囲の事である。

②ラチチュードとは適正露出から外れても許容できる光の範囲を指し、ダイナミックレンジとは全く異なる指標である。

③日常の光の範囲が140dB(23.5EV)に対して、一般のデジカメのダイナミックレンジは70dB(11.6EV)ほどである。

④デジカメのダイナミックレンジが広がっても、モニターや紙で見る写真には直接影響しない。

⑤ただし適正露出から外れた場合は、デジカメのダイナミックレンジが広い方が後で救済し易い。

⑥デジカメの全ダイナミックレンジをJPEGに詰め込んでしまうと、インパクトのない軟調な画像になってしまう。

⑦通常のJPEGファイルは、デジカメのダイナミックレンジの両端がカットされた中央部分の情報が入っている。

⑧撮像素子の大きさが同じでれば、1画素のサイズが大きいほど、感度は良くなりダイナミックレンジは広くなる。

⑨画素数とダイナミックレンジは反比例するので、単純にダイナミックレンジのみ比較するのは意味が無い。


上記を更にまとめれば、以下の様になります。

デジカメのダイナミックレンジは1画素の大きくなれば広くなるので、異なる画素数で比較する事は意味がない。

また撮影後に明るさの補正をしない限り、デジカメのダイナミックレンジはさほど重要ではない。


実際メーカーもその辺は重々承知しており、カタログ等にもダイナミックレンジが広いと謳った広告は殆どありませんし、それを数値で仕様書に載せているところもありません。

ダイナミックレンジを云々するのは、むしろダイナミックレンジに関して知識の無い方々だと言ったら言い過ぎでしょうか。






まとめ

戻る

17) ダイナミックレンジ補正

次へ

寸評の答え





Copyright (c) 2015 Photo Cafeteria
This site is link free.

ご意見/ご感想等ありましたら是非こちらに。
Your response would be highly appreciated.




ホーム頁へ戻る