デジカメのダイナミックレンジ
(RAWファイルの本当のメリットとは?)



 はじめに
 結論

 初級編
  1) ダイナミックレンジとは 

  2) 日常光のダイナミックレンジ
  3) デジカメのダイナミックレンジ
  4) ラチチュードとは
  5) 写真のダイナミックレンジ
  6) デジカメのダイナミックレンジと写真の関係
  7) モニターのダイナミックレンジ
  8) JPEGファイルとは
  9) 初級編のまとめ

 中級編
  10) RAWフォーマットの利点とは

  11) JEPGとRAWファイルの明度調整
  12) ダイナミックレンジの広い画像
  13) ダイナミックレンジと撮像素子の関係

 上級編
  14) 画素数とダイナミックレンジが反比例する事の証明

  15) デシベルと絞り値の換算表
  16) ラチチュード(許容範囲)の値
  17) ダイナミックレンジ補正

 まとめ
 寸評の答え
 予告編


寸評の答え


最後になりますが、それでは”はじめに”に記載しました寸評が間違いである理由を、復習を兼ねて記載しておきます。

①デジカメのダイナミックレンジはフィルムより狭いので、風景写真はフィルムの方が上だね。

一般的なデジカメのダイナミックレンジは70dB程度なのに対して、ネガフィルのダイナミックレンジが60dB、リバーサルフィルムで50dB程度ですので、デジカメのダイナミックレンジが下というのはとんでもない間違いです。

またダイナミックレンジの広いネガフィルムより、むしろ狭いリバーサル(ポジ)フィルムの方が断然綺麗に感じます(それ故プロは感度の低いリバーサルフィルムを多用しました)ので、この点からもこの記述は大間違いです。


②写真のダイナミックレンジとはラチュードの事だよ。

デジカメのダイナミックレンジとは、デジカメが1回の露光で写せる光の範囲の事です。

一方ラチチュードとは適正露出から外れても許容できる光の範囲を指しますので、両者は全く異なります。


③少しアンダー気味にRAWフォーマットで撮影して、現像で持ち上げる方が綺麗なんだよ。

下の図に示します様に、イメージセンサーからの出力は入力光の中央部は比較的リニアなのに対して、暗部や明部はどうしても出力が寝る傾向があります。


撮像素子の入出力カーブ

ですので、仮にRAWファイルから現像する場合でも、適正露出が一番良い結果を引き出します。

ですので、これも大間違いです。

④ダイナミックレンジは広ければ広いほど、良いデジカメだよ。


防犯カメラの様に、明部から暗部までを1枚の写真に写したいのでしたら、ダイナミックレンジは広い程良いと言えます。

しかしながら一般的な写真においては、出力する紙やモニターにおいてダイナミックレンジが限定されるため、それを包含したダイナミックレンジがあれば十分と言えます。


予告編


時間ができたら次回は諧調性について書いてみたいと思いますので、また覗いてみて頂ければ幸甚です。






寸評の答え

戻る

まとめ

次へ

ポートレート用レンズ





Copyright (c) 2015 Photo Cafeteria
This site is link free.

ご意見/ご感想等ありましたら是非こちらに。
Your response would be highly appreciated.




ホーム頁へ戻る