デジカメのダイナミックレンジ
(RAWファイルの本当のメリットとは?)

 はじめに
 結論

 初級編
  1) ダイナミックレンジとは 

  2) 日常光のダイナミックレンジ
  3) デジカメのダイナミックレンジ
  4) ラチチュードとは
  5) 写真のダイナミックレンジ
  6) デジカメのダイナミックレンジと写真の関係
  7) モニターのダイナミックレンジ
  8) JPEGファイルとは
  9) 初級編のまとめ

 中級編
  10) RAWフォーマットの利点とは

  11) JEPGとRAWファイルの明度調整
  12) ダイナミックレンジの広い画像
  13) ダイナミックレンジと撮像素子の関係

 上級編
  14) 画素数とダイナミックレンジが反比例する事の証明

  15) デシベルと絞り値の換算表
  16) ラチチュード(許容範囲)の値
  17) ダイナミックレンジ補正

 まとめ
 寸評の答え
 予告編



5) 写真のダイナミックレンジ


デジカメのダイナミックレンジが分かった所で、今度は一般的な紙にプリントされた写真のダイナミックレンジについてお話ししなければなりません。

このデジカメと写真のダイナミックレンジをごちゃ混ぜにしてしまうから、訳の分からない記事が増えていくのです。

それでは、写真のダイナミックレンジを先ほどのグラフに載せてみます。


これを見て、驚かれた方が多いのではないでしょうか?

そうなのです。

写真のダイナミックレンジはデジカメのダイナミックレンジより、更に狭いのです。

その理由は説明不要でしょう。

写真と言えども所詮は紙ですので、一番明るいのは紙が真っ白な状態で、一番暗いのはプリントされて真っ黒になった状態でしかありませんので、どうやってもデジカメのダイナミックレンジに勝てる筈がありません。

このため、折角デジカメで撮った画像も、写真にした時点で更に狭いダイナミックレンジになってしまうのです。

ですので、写真になった画像を見ながらデジカメのダイナミックレンジを語るのは、全く以ってナンセンスな事なのです。

さあ、これで貴方はダイナミックレンジの70%を理解しまた。

残り30%はこの応用で、デジカメのダイナミックレンジである70dBのどこの領域を抜き出してプリントするとどんな画像になるかを、お伝えしたいと思います。

この30%が分かると、デジカメの本当の能力を使いこなせる様になります。





5) 写真のダイナミックレンジ

戻る

4) ラチチュードとは

次へ

6) デジカメのダイナミックレンジと写真の関係





Copyright (c) 2015 Photo Cafeteria
This site is link free.

ご意見/ご感想等ありましたら是非こちらに。
Your response would be highly appreciated.




ホーム頁へ戻る