デジカメのダイナミックレンジ
(RAWファイルの本当のメリットとは?)



 はじめに
 結論

 初級編
  1) ダイナミックレンジとは 

  2) 日常光のダイナミックレンジ
  3) デジカメのダイナミックレンジ
  4) ラチチュードとは
  5) 写真のダイナミックレンジ
  6) デジカメのダイナミックレンジと写真の関係
  7) モニターのダイナミックレンジ
  8) JPEGファイルとは
  9) 初級編のまとめ

 中級編
  10) RAWフォーマットの利点とは

  11) JEPGとRAWファイルの明度調整
  12) ダイナミックレンジの広い画像
  13) ダイナミックレンジと撮像素子の関係

 上級編
  14) 画素数とダイナミックレンジが反比例する事の証明

  15) デシベルと絞り値の換算表
  16) ラチチュード(許容範囲)の値
  17) ダイナミックレンジ補正

 まとめ
 寸評の答え
 予告編


6) デジカメのダイナミックレンジと写真の関係


先ほど、写真(紙写真)のダイナミックレンジはデジカメより狭いとお伝えしました。

ならば写真は、デジカメのダイナミックレンジのどこを使っているのでしょうか?

もし中央部分を使っているだろうと思われたら、当たりです。

通常でしたら、カメラが勝手に(自動的に)中央部を抜き出して画像を作ってくれるのです。


それをプリントすれば、普通の写真になります。


ですが、もっと別の抜き出し方も可能です。

例えば、以下のグラフの赤い破線の様に、デジカメのダイナミックレンジの上部の画像をプリントしたらどうなるでしょうか?


下の写真をご覧頂きます様に、島影に沈む丸い夕日が判別できる写真になります。


ただし海岸線は真っ暗になります。



一方ダイナミックレンジの下部をプリントしたらどうなるでしょう。


下の写真の様に今まで見えなかった陸地の建物や木々が判別できる写真になります。


ですが夕日は白く飛んでしまっています。

という訳で、今回分かった事をまとめると以下の様になります。

①私達が普段見ているデジカメの写真は、デジカメのダイナミックレンジの中央部分を抜き取ったものである。

②デジカメのダイナミックレンジの上部、或いは下部を抜き取ると、明部あるいは暗部を撮影した写真になる。

③デジカメのダイナミックレンジが広いと、どこの領域をプリントするかによって、異なる写真を入手できる。


これでデジカメのダイナミックレンジと写真の関係についてほぼご理解頂けたと思いますので、次はもっと一般的なモニターで見た場合を考えてみたいと思います。





6) デジカメのダイナミックレンジと写真の関係

戻る

5) 写真のダイナミックレンジ

次へ

7) モニターのダイナミックレンジ





Copyright (c) 2015 Photo Cafeteria
This site is link free.

ご意見/ご感想等ありましたら是非こちらに。
Your response would be highly appreciated.




ホーム頁へ戻る