お勧めポートレート用レンズ
(ボケ易い単焦点レンズのベスト15)

2015/4: 初版
2017/2: 更新
2018/2: 更新


お勧めポートレンズ


概ね雰囲気が分かった所で、では何を買うかについて、検討してみたいと思います。

という訳で、前述のボケ量のグラフに、そのレンズの代表的な市場価格を載せてみました。


いかがでしょう。

既に個々のレンズで述べています様に、これを青く囲んだグループ毎に見ると、いくつか言える事があります。

1)先ずボケ量のベスト3の第1グループである、200mm F2.0、85mm F1.2、300mm F2.8においては、85mm F1.2が一番コストパフォーマンスに優れている。

2)第2グループである、135mm F1.8と85mm F1.4においては、両方とも似た価格帯(16万円台)である事から、コストパフォーマンスから言えば135mm F1.8がお勧めである。

3)第3グループである、135mm F2.0、200mm F2.8、180mm F2.8においては、いずれも似た価格帯(9万円台)である事から、ボケ量の多い135mm F2.0がお勧めである。

4)第4グループである、85mm F1.8、50mm F1.2、50mm F1.4、50mm F1.8においては、価格も中庸ながらボケ量の多い85mm F1.8がお勧めである。

4)50mm F1.2レンズは、価格帯は第2グループでありながら、ボケ量は第4グループであり、ボケ狙いではコストパフォーマンスの低いレンズである。


22. お勧めポートレンズ

戻る

21. 第15位:35mm F1.4

次へ

23. まとめ



ご意見、ご感想等ありましたら是非こちらに。
Your response would be highly appreciated.





ホーム頁へ戻る

サイト紹介


写真やカメラに関するコンシューマレポート、テクニカルレポートは各種ありますが、ここでは余り知られていない耳寄りな情報を、小学生にも分かる様に平易にお伝えしたいと思います。

徐々に更新していきますので、もし宜しければ珈琲でも飲みながらお楽しみ下さい。