SONYストロボ脱落防止策
(ロックレバー式)

2017/07



はじめに


α7シリーズの普及に伴い、徐々にですがSONYのデジカメユーザーも増えてきました。

これに伴いSONY製ストロボの使用者も増えてきたと思うのですが、使い方に関する有効な情報がありません。


α7S+HVL-F43M(左)   α7R II+HVL-F60M(右)

という訳で、ここではSONYのストロボの使い方についてご説明したいと思います。

その第1弾として、先ずはストロボの脱落防止策です。

今後徐々に内容を追加していきますので、お楽しみに。


ストロボの脱落に注意


ストロボを使う上で最重要課題は、ストロボを落とさない事でしょう。

フィルム時代の様に自然光だけの撮影でしたら何の問題も無いのですが、デジカメになって写真に対するクライアントの要求が一段と高まってきました。

これは、スマホ写真における画像処理向上に伴う画質アップと、撮ったその場で画像が確認できるのが大きく影響しているのは間違いないでしょう。

ですので、昨今においては撮影中に光を自由に演出できるストロボを落とすのは、カメラを落としたのと同じくらいのダメージがあります。

特に高価で大光量のストロボほど、大きく重く、重心も上になり不安定になりますので、脱落には十分気を付けなければなりません。

SONY製ストロボの場合、α99の発売(2012年)以降、従来のミノルタ式のオートロックアクセサリーシューからSONY式のマルチインターフェースシューに変更されました。


ミノルタ式(左)とSONY式(右)のアクセサリーシュー

これに伴ってストロボのロック方式が、普及モデルでは一般的なネジ式に、そして上位モデルではレバー式に変更になりました。

実はネジ式も心配があるのですが、この凝った機構のレバー式においても、何とストロボがカメラから外れて落す事があるのです。


レバー式ロック機構

実際筆者の場合、2度も落下させた事があります。

また落下には至らなかったものの、カメラとの接続が途切れて、見たらストロボが抜けかかっていた事があります。

という訳で、今回はこのレバー式ロック機構における問題点と脱落防止策について述べたいと思います。


レバー式ロック機構


それでは先ず、SONYのレバー式ロック機構がどうなっているか見ていきたいと思います。

先ほどお伝えした様に、このレバー式はかなり凝った作りになっており、これをロック方向に倒すと、ストロボから圧着板が降りてきて、アクセサリーシューを上から押さえつける構造になっています。


レバーをロック方向に倒すと、圧着板がアクセサリーシューを上から押さえつける

上の写真において、レバーを解除位置からロック位置にスライドすると、圧着板が下がっているのが分かりますでしょうか。

更にこのレバーの先端にはロック解除用のツマミが付いており、このツマミを押さないとレバーを解除方向に動かせない様になっています。


レバー先端のロック解除用ツマミ

以前はこの圧着板だけでストロボを固定しているにかと思っていたのですが、そうではありませんでした。

さらにカメラ側のアクセサリーシューを上から見ると、手前側に二つのエクボがあります。


ロックピン用の嵌合穴(エクボ)

またストロボ側のアクセサリーシューへの差し込み部を見ると、二つの突起があり、先ほどのエクボに嵌合する様になっています。


ストロボのレバーと連動して飛び出すロックピン

なおこのロックピンは先ほどのレバーと連動していて、ロック位置にすると飛び出す様になっています。

ですので、SONYのレバー式ロック機構においては、ストロボの圧着板でアクセサリーシューを押さえ
付けると共に、2本のロックピンでストロボが抜けない様になっているのです。

そしてレバー先端のツマミを押さない限り、このレバーは不用意に解除方向にはいかに様になっているのです。

もう完璧ではないですか。

ですが、落下するのです。

何故?


どんな時に脱落したのか


それではどんな時にストロボが脱落したのか、事例を上げてご紹介したいと思います。

先ず一度目は、カメラにストロボ装着して、その状態で三脚にセットしていた時です。

その際、三脚に付いた砂を払おうと、三脚を持ってタオルで砂をはたいていた所、突然ストロボが脱落しました。

もしかしたらレバーをロック位置にしていなかったのではないかと思い、落下したストロボを見た所、しっかりロック位置にセットされていました。

その際、電源は入ったものの、テストボタンを押しても発光せず、調べたら発光チューブが端子部で折れていました。

2度目は、ストロボ単独を同梱のミニスタンドを介して照明スタンドに固定していたのですが、差し込み方向を下にして持ち上げた途端に、見事に脱落しました。

このときはストロボ正面に小型のディフューザーを付けていたお蔭で、幸い大事には至りませんでした。

ただし内蔵ワイドパネルが壊れてしまいた。

この2件の事例から、以下の2点が言えます。

①ストロボを付けた状態では、決して振動を与えてはいけない。

②ストロボが抜ける方向で、カメラやスタンドを持ち上げではいけない。


脱落の原因


ストロボのロック機構と、落下した状況が分かった所で、ではその原因を探ってみましょう。

当初は、前述した圧着板の力が弱いのと、同じくロックピンの嵌合が弱いので、振動等で脱落したのだろうと安易に思っていました。

なにしろレバーをロックした状態で、圧着板を持ち上げてやると、簡単に動くほど圧着力は弱いものです。

大きなストロボを付けてカメラを前後に振れば、簡単に浮いてしまうのは間違いないでしょう。

またロックピンも、突出した状態で指で押すと、簡単にへこます事ができます。

ですがこのロックピンを良く見るとテーパーが付いていて、差し込み方向には進むものの、抜け方向にはガッチリ引っ掛かる様になっています。


横から見たテーパーの付いたロックピン

ロックピンはプラスチックですが、長さは1mm以上もあり、おまけに2本も付いていますので、これが嵌合穴から簡単に外れるとも思えません。

原因が特定できないため、参考で他社のストロボがどうなっているか調べてみる事にします。




他社のストロボ脱落防止方法


先ずキヤノンのストロボですが、SONYと同様にレバーをロック位置に移動すると、ロックピンが飛び出して、アクセサリーシューの穴に嵌合する方式です。


キヤノン430EXⅢ-RTのロックピン

ロックピンは1本ですが、金属製でピンの長さは2mmほどありますので、嵌合すればストロボが抜け落ちる事はないでしょう。

また直接確認はしていないのですが、SONYと同様に上部からの圧着機構も付いている感じです。

またネットで検索しても、目立って落下の報告はありません。

次にニコンですが、これも背面のレバーでロックピンが上下する機構になっています。


ニコンSB-5000のロックピン(一番上のピン)

キヤノンより短めですが、先端が丸まっているのは評価できます。

ニコンも特に落下したとの報告は見当たりません。

となると思い当たるのは一つです。

写真をご覧の様にキヤノンもニコンも、ストロボの台座部分が金属になっています。

このため、SONYのストロボよりアクセサリーシューに差し込み易いのかもしれません。


真の原因


ここまで分かれば、導き出される結論は一つです。

ストロボの差し込みが不十分な状態で、レバーをロック位置にしていたのです。

実際試しにストロボを完全に奥まで差し込む直前で止めても、レバーをロック位置にセットする事が可能でした。

またこの位置でもカメラとストロボは電気的に接触している様で、正常に発光までできてしまいました。

対策


原因が分かれば対策は簡単です。

1つ目は、とにかくストロボを奥まで差し込んで、レバーをロック位置にセットする事です。

とは言え、そんな事は誰でも知っていながら、落下させているのです。

特に慌ただしい現場では、確実に差し込んだつもりでも、奥まで達していないときがあるのでしょう。

そのためには、最後の一押しをストロボの台座近くを押して行う事です。

これだけでかなり不完全装着を防げる様に思います。

もし本格的にロック機構に手を入れられるのでしたら、いくつか手はあるのですが、ユーザーの立場ではできる事は限られます。

手っ取り早い手としては、アクセサリーシュー内部にグリスを塗布して、ストロボの挿入を容易にする手もありますが、それでは他の機材にグリスが付いたり、マルチインターフェースの端子を汚してしまう事になります。

と言う訳で、2つ目は(多少気休め的ではありますが)、アクセサリーシューの端部が確実に奥まで差し込まれているかどうか目視で確認できる様に印を付ける事をお勧めします。


アクセサリーシュー端部とストロボ台座端部に目視用の印を付ける

ストロボを使うのは暗い場所が多いため、嵌合部が少しでも目立つ方が奥まで差し込まれているかどうか確認し易くなりますし、印が付いていれば撮影中でも多少気にして見る事になります。

そして3つ目の手は、アクセサリーシューの上にビニールテープを貼る事です。

これも気休めと言えない事もないのですが、万一ロックピンがずれていた場合でも、圧着板の力を少しでも強めて、脱落の可能性を少しでも減らそうという魂胆です。

4つ目は、とにかくストロボが抜け落ちる方向を下に向けない事です。

少なくともストロボの主面が下を向いている状態であれば、ストロボは決して脱落しないので、ストロボを移動する場合は、正面が下になる様に運ぶ事です。

抜本対策


これは余計なお世話かもしれませんが、折角ですので抜本的な対策を書いておきましょう。

先ず真っ先に思い付くのは、ロックピンがカメラ側の穴に入らなければ、レバーをロック位置に移動できない様にする事です。

そうすれば、差し込みが不十分である事を気が付きます。

ですが、この場合嵌合穴の無い他社製のカメラにSONY製ストロボを装着できなくなるので、没です。

恐らく他社製ストロボも、ロックピンが突出した状態でも指で押せばへこむのでしょう。

そしてもう一つの手は、ロックピンの入る穴を、もう一つ後方に追加する事です。

そうすれば、万一ロックピンが正規の穴位置から外れていても、落下する直前で二つ目の穴に嵌合して、脱落を防ぐ事ができます。

とは言え、正規嵌合穴の後ろには殆どスペースが無いので、これも没でした。


簡単にできる抜本対策は無いので、恐らくこのままなのでしょう。

実際本年(2017)4月に発売されたHVL-F45RMも写真で見る限り同じ機構の様です。


HVL-F45RMも同じロック機構の模様


ミノルタのアクセサリーシュー


では最後に、ミノルタのオートロックアクセサリーシューがどうだったか見てみましょう。


α-7のオートロックアクセサリーシュー

これはストロの台座もアクセサリーシューもプラスチックでありながら、差し込みもスムーズで、尚且つ差し込むだけでロックが自動的に掛かり、その際カチッとロック音までして、外す時にはロック解除ボタンを押すだけと、夢の様なアクセサリーシューだったと言えます


ミノルタストロボ(3500xi)のロック爪と端子部

マルチインターフェースシューを採用した事で、ビデオ用のマイクやライト、それに電子ビューファインダーを接続できる様になりましたが、今時でしたら端子が4つもあれば高速シリアル通信で、それくらい可能だろうと思ってしまいます。


マルチインターフェースシューにマイク用アダプターを装着

またサードパーティー製のISO規格のアクサリーシュー対応品は、それこそ変換アダプタを介せば良いだけです。

今更ながらですが、せめてフィルムカメラの系譜である一眼レフのα99やα77系はオートロックアクセサリーシューを残してほしかったと言っても、後の祭りです。


まとめ


まとめです。

1) SONYのレバー式ロック機構は、ロックピンが嵌合穴に収まっている限り、余程のことが無い限りストロボが脱落する事はないと考えられる。

2) ただし完全に奥まで差し込まれない(ロックピンが嵌合穴に入らない)状態でも、レバーをロック位置にセットできるという欠陥を持っている。

3) このため、ストロボの落下を可能な限り防ぐためには、以下の対応を講じる必要がある。

①ストロボを確実に奥まで差し込むために、最後にストロボの台座部分を一押しして、レバーをロック位置にセットする。

②ストロボが完全に奥まで差し込まれている事を確認できる様にするため、アクセサリーシューの端部とストロボの台座端部に目視用の印を付ける。

③アクセサリーシューの上にビニールテープを貼り、ガタツキを抑える。

④ストロボの背面(抜け落ちる方向)を下にしない。





SONYストロボ脱落防止策

戻る

各社の85mm F1.2相当レンズを比較する

次へ

ワイヤレスシンクロ撮影実践ガイド





Copyright (c) 2015 Photo Cafeteria
This site is link free.

ご意見/ご感想等ありましたら是非こちらに。
Your response would be highly appreciated.




ホーム頁へ戻る