SONY α7シリーズで星空を撮る方法




はじめに


さあ、星空を撮ってみましょう。


さそり座と天の川 at 6月中旬 on 渡嘉敷島(F4.0 30秒 ISO3200 15mm)


フィルムカメラの時代は、フィルム感度の問題からそこそこ敷居が高かった星の撮影ですが、今ならマニュアルフォーカスとマニュアル露出のできるデジカメでしたら、間違いなく写せます。

ですが分かり難いマニュアルをひっくり返して、手持ちのカメラの設定方法を調べるのは本当に苦労します。

という訳で、マニュアルを一切見ないで星空を撮影する方法を機種別にご用意しました。

その第4弾はSONYのα7シリーズです。


なお本書ではα7sのメニュー画面を使用していますが、メニュー位置が多少異なるものの、α7シリーズでしたら同じ様に設定すれば星空の撮影は可能です。


星空撮影の準備


それでは先ず星空撮影の準備をします。

必要な物は、以下の通りです。

1: カメラ


ここではフルサイズ対応ミラーレス機である、α7シリーズを使用します。


                     ソニー
            


2: レンズ


レンズは既にカメラに装着されていると思いますが、星空撮影ではなるべく広角レンズの方が星や周囲の木々がたくさん写って印象的な写真になります。

なお夜間撮影の方が、レンズの曇りや、周辺の明かりの影響を受け易いので、事前にレンズ表面の清掃や、フードの準備もしておきましょう。


3: 三脚


普通の記念撮影でしたらカメラをテーブルの上に置けば良いのですが、斜め上を撮るにはどうしても三脚が必要になります。

         


ただし地面に置いて、上を向くだけですので、小型の物で十分です。


4: 予備の電池


ご存じかもしれませんが、昼間の撮影より夜間の撮影の方が断然電気を多く消費します。

それは少ない光量を電気で一杯増幅するからです。

おまけにその状態を長時間続けますので、電池がどんどん消耗する事になります。

このため、星空撮影には予備の電池を用意するか、もし手持ちの電池が1個しかなければ、フル充電しておく事をお勧めします。


5: レリーズ


その他として、シャッターを押した際の振動を防ぐレリーズもありますが、むしろこれが風で揺れてカメラに振動を与える恐れもありますので、ここでは使わないでおきます。

それでしたら、後述の2秒タイマーを使った方が安心です。


カメラの事前設定


星空を撮影するには、カメラの設定を色々変えなければなりません。

暗い所で行うと時間が掛りますので、事前に明るい所でやっておきましょう。


シャープネスの設定


シャープネスとは、被写体の輪郭がクッキリしている事です。

薄曇りの月の輪郭を見るとボヤケテいますが、晴れた日の月の輪郭はクッキリしています。

ですので、もし星達をクッキリ写したいのでしたらシャープネスを上げ、輪郭を少しボヤかして星を少し大きく見せたい場合は、シャープネスを下げます。

最初は標準のままで構いませんが、調整する場合に備えてメニューだけ事前に確認しておきます。

①メニューボタンを押す。


②表示されたメニューから、撮影設定#4→クリエイティブスタイル→スタンダード→シャープネス調整する。


なお上の写真では+2にセットしていますが、先ずは±0で構いません。

③決定ボタンを押して終了する。


長時間ノイズリダクションの解除


夜間の長時間露光においては、ノイズリダクションの設定を行うべきなのですが、先ずはそれを解除します。

その理由は、撮影時間が長くなるからです。

そもそも長時間ノイズリダクションとは、撮影時の画像の中に電気的なノイズが入っている可能性があるので、真っ黒の画像を同じ時間だけ撮影して、そのノイズ分を撮影時の画像から引いてやろうというものです。

 
ノイズリダクション無し        ノイズリダクション有り

ですから、30秒露光を行うと、同じく30秒間の真っ黒画像の撮影が行われますので、トータルで1分間何もできなくなってしまいます。

本番撮影ならしかたがないのですが、先ずはピントや露出や構図の確認をしなければいけない時に、この余分な30秒は無駄です。

さらに真っ黒画像を撮影しますので、電池もその分大量に消耗します。

という訳で、本番撮影の前はノイズリダクションは以下の手順でOFFにしておきます。

①メニューボタンを押す。

②表示されたメニューから、撮影設定#5→長時間NRを”切”にセットする。


③決定ボタンを押して終了する。


2秒タイマーのセット


前記しました様に、シャッターを押した際の振動を防ぐため、2秒タイマーをセットします。

①メニューボタンを押す。


②表示されたメニューから、撮影設定#2→ドライブモード→セルフタイマーの中から2秒セルフタイマーを選択する。


③決定ボタンを押して終了する。






ホワイトバランスの設定


ホワイトバランスは恐らくデフォルトのままでしたらオートになっていると思いますので、そのままで構いません。

ただし実際星空を撮ると、赤みを掛けたかったり、逆に青みを掛けたくなったりします。

その時に備えて、ホワイトバランスの調整方法も事前に確認しておきましょう。

①メニューボタンを押す。


②表示されたメニューから、撮影設定#4を選択し→ホワイトバランスをオートにセットする。


③決定ボタンを押して終了する。


マニュアルフォーカスの設定


次はいよいよ、マニュアルフォーカスの設定です。

昔のカメラでしたら、レンズにピントリングが付いていたので、簡単に無限遠(∞)に固定できたのですが、今はAF(オートフォーカス)が主流のため以下の手順が必要です。

①メニューボタンを押す。


②表示されたメニューから、撮影設定#3(α7もしくはα7Rの場合は撮影設定#2)→フォーカスモードをMF(マニュアルフォーカス)にセットする


③決定ボタンを押して終了する。

④ファインダーを覗いて、なるべく遠くの街灯や建物にピントが合う様に、レンズのピントリングを回します。

もしくはファインダーに表示される距離指標を参考にピントリングを∞に設定しますが、実際に遠くの物にピントを合わせた方が精度は高くなります。


今は前準備の設定ですので、撮影現場に着いたら再度月等にカメラを向けてピント調整を行う事をお勧めします。

特にα7シリーズの場合、デフォルト設定でしたらC1ボタンを押してピント画像を2段階に拡大できるので、ご活用願います。



マニュアル露出設定


つぎはいよいよ、マニュアル露出の設定です。

デジカメの性能も非常に良くなって、今では殆どの場面は自動露出で撮れる様になってきましたが、さすがに星空は光量が少なくて自動露出では撮れ切れません。

このため、以下の手順でマニュアル露出にして、絞りをF2.8、シャッタースピードを30秒にセットします。

①コントロールダイヤルを回して、M(マニュアル)にセットする。

②前ダイヤルを回して、絞りをF2.8にセットする。

③後ろダイヤルを回して、シャッタースピードを30"(30秒)にセットする。

④電源を切る


ISO感度の設定


ISO感度とは、昔(今もありますが)のフィルムの感度に当たります。

この数字が大きいと、小さな光でも写す事ができます。

星空の場合、以下の手順でISO感度を3200に設定します。

①メニューボタンを押す。

②表示されたメニューから、撮影設定#3(α7sもしくはα7IIの場合は撮影設定#4)→ISO感度を3200にセットする。

③決定ボタンを押して終了する。

なおカメラの設定がデフォルトのままでしたら、ホイールダイヤルを回せばISO3200に設定できます。


動作確認


設定が完了したら、最後に動作確認を行いましょう。

①どこか暗めの所にカメラを向けてシャッターを切ります。

②シャッターを押して2秒後にシャッターが開いて、30秒後にシャッターが閉じて真っ白な画像がモニターに表示されれば、設定OKです。



星空撮影


準備が完了したら、実際に星空の撮影を行いましょう。

①カメラを三脚にセットしたら、もう一度遠くの明るい物(例えば月や、遠くの街灯)にカメラを向けてピントがあっているかどうか確認します。

②もし合っていなければ、前述のマニュアルフォーカスの設定を再度行います。

③変わっていないと思いますが、もう1度絞りがF2.8でシャッタースピードが30秒で、ISO感度が320になっている事をモニターで確認します。

④カメラの設定はそのままで、カメラを撮りたい星空に向けて、シャッターを切ります。

⑤もし画像が暗ければ、後ろダイヤルを回してシャッタースピードを遅く(例えば60秒に)するか、前ダイヤルを回して絞りを開ける(例えばF2.0にする)か、コントロールホイールを回してISO感度上げ(例えばISO6400にし)ます。



F2.8             F2.8             F2.8
15秒             30秒             30秒
ISO3200           ISO3200           ISO6400


⑥もし画像が明るければ上記と逆に、後ろダイヤルを回してシャッタースピードを早く(例えば15秒に)するか、前ダイヤルを回して絞りを開ける(例えばF3.5にする)か、コントロールホイールを回してISO感度上げ(例えばISO1600にし)ます。

⑦上記②~④を繰り返して適正露出になったら、色見をホワイトバランスを変えて調整します。



もし青味を付けたいのでしたら、色温度を低めの4000K前後にするか、蛍光灯:白色を選択します。


   WB: オート           WB:太陽光        WB:蛍光灯(昼白色)


もし青味を付けたければ、太陽光、日陰、曇天を選択します。

その他各種設定がありますので、色々試してみる事をお勧めします。

⑧好みの色味になったら、前述の長時間ノイズリダクションの設定を入にして、最終画像を撮ります。


いかがでしょうか?

素敵な写真が撮れましたでしょうか?





α7シリーズで星空を撮る

戻る

写真写りを良くする方法

次へ

ポーレート用カメラ選び






Copyright (c) 2015 Photo Cafeteria
This site is link free.

ご意見、ご感想等ありましたら是非こちらに。
Your response would be highly appreciated.




ホーム頁へ戻る