デジカメの性能が一目で分かる
新旧デジタルカメラ一覧



目次


デジタルカメラ分類チャート
特徴 撮像素子 カメラ構成 メーカー
大型
ボケ易い
画像情報多








画像情報少
ボケ難い
小型
フルサイズ
(100%)
1: 一眼レフ Nikon, Canon, Sony, Pentax
2: ミラーレス SONY
3: コンパクト SONY
APS-Cサイズ
(43-38%)
4: 一眼レフ Canon, Nikon, Pentax, Sony, Sigma
5: ミラーレス Sony, Fuji, Canon, Ricoh
6: コンパクト Sigma, Fuji, Ricoh, Nikon
4/3サイズ
(26%)
7: 一眼レフ Olympus
8: ミラーレス Olympus, Panasonic
9: コンパクト Panasonic
1インチサイズ
(14%)
10: 一眼レフ N/A
11: ミラーレス Nikon,
12: コンパクト SONY, Canon, Panasonic, Nikon
小サイズ
(14%未満)
13:ミラーレス Pentax
14:コンパクト Many

3: フルサイズ対応コンパクト


まさかと思われるかもしれませんが、フルサイズ対応のコンパクトデジタルカメラは存在します。

それが2012年11月に初代が発売されたソニーのRX1シリーズです。

ソニー


2012年のCyber-shot RX1の発売当初は、まだレンズ交換可能なα7シリーズ(2013年発売)が発売される前でしたので、α7の露払いもしくは市場調査兼品質評価機だったと考えていました。


2400万画素のCyber-shot RX1

ですが、その後(2013年7月)ローパスフィルターを削除した高解像度のRX1Rが発売され、さらに2015年11月には画素数を従来の2倍の4240万画素に増やしたRX1マーク2(RX1RM2)まで発売されました。


4200万画素のCyber-shot RX1

よもや市場調査の目的でこんなに後継機を作るはずがないので、どうやらこの手の機種は海外を含めてそこそこ売れている様です

     
RX1RM2     RX1R      RX1 


モデル 特徴 ストロボ モニター シャッター
スピード
連写 ISO感度
(拡張)
画素数
RX1RM2
2015/11
撮像素子をα7RII1と同じ、399点の像面位相差AFセンサー機能を備えた裏面照射型4240万画素CMOSセンサーに変更。
ストロボの代わりにポップアップ式電子ファイダー搭載し、ローパスフィルターの効果を3段階に切り替える機能も搭載したスーパーカメラ。
外付け 固定 30”-
1/4,000
5コマ/秒 100-25,600
(102,400)
4,240万画素
RX-1R
2013/6
RX-1からローパスフィルターを外したモデル。 内蔵 固定 30”-
1/4,000
5コマ/秒 100-6,400
(25,600)
2,430万画素
RX1
2012/11
世界初のフルサイズ撮像素子を搭載したコンパクトデジカメ。
35mmF2.0レンズ搭載。
内蔵 固定 30”-
1/4,000
5コマ/秒 100-6,400
(25,600)
2,430万画素

搭載レンズが35mmF2.0ですので全身ポートレートにもそれなりに使えますが、値段を考えればレンズ交換できるα7シリーズを選択する方が無難です。

という訳で、本機を購入するに当たっては、潤沢な資金と、どうしても小型軽量のフルサイズ機で気軽にスナップ写真を撮りたいという、二つの条件が必要になります。



3: フルサイズ対応コンパクト

戻る

2: フルサイズ対応ミラーレス

次へ

4: APSサイズ対応一眼レフ



ご意見、ご感想等ありましたら是非こちらに。
Your response would be highly appreciated.





ホーム頁へ戻る

サイト紹介


写真やカメラに関するコンシューマレポート、テクニカルレポートは各種ありますが、ここでは余り知られていない耳寄りな情報を、小学生にも分かる様に平易にお伝えしたいと思います。

徐々に更新していきますので、もし宜しければ珈琲でも飲みながらお楽しみ下さい。


▼ 1. デジカメ技術講座

▼ 2. 撮影講座

▼ 3. 新旧デジカメ一覧

▼ 4. デジタル一眼の最新情報

▼ 5. ストロボ

▼ 6. 星空撮影

▼ 7. 番外編

▼ 8. ボケ易い単焦点レンズのベスト15