綺麗に撮れるデジカメ選び(実践編)



目次


【デジタルカメラ分類チャート】

特徴 撮像素子 カメラ構成 メーカー
ボケ易い










ボケ難い
フルサイズ
(100%)
1: 一眼レフ Nikon, Canon, Sony, Pentax
2: ミラーレス SONY
3: コンパクト SONY
APS-Cサイズ
(43-38%)
4: 一眼レフ Canon, Nikon, Pentax, Sony, Sigma
5: ミラーレス Sony, Fuji, Canon, Ricoh
6: コンパクト Sigma, Fuji, Ricoh, Nikon
4/3サイズ
(26%)
7: 一眼レフ Olympus
8: ミラーレス Olympus, Panasonic
9: コンパクト Panasonic
その他サイズ
(14%以下)
10: 一眼レフ N/A
11: ミラーレス Nikon, Pentax
12: コンパクト Many


6: APS-Cサイズ対応コンパクトデジタルカメラ


高級コンパクトデジタルカメラの走りとなるのが、このタイプのカメラです。

このクラスのカメラは、ニコン、リコー、フジフィルム、シグマが発売していますが、真っ先に市場を投入したのはどのメーカーでしょうか?

実はニコンでも、リコーでも、フジフィルムでもなく、元々はレンズメーカーであるシグマ光機なのです。

なおAPS-Cサイズと4/3サイズの間になる1.5インチの撮像素子を搭載したキヤノンのコンパクトデジタルカメラがありますので、本頁に載せておきます。


シグマ


シグマは他社に先駆けて2006年にこの市場に参入しました。

その記念すべき初代DP1の外観は、全くもって普通なのですが、中身は明らかに別格です。


シグマDP1

何が別格かと言えば、このDPシリーズは非常に特殊な撮像素子を使っているのです。

一般的な撮像素子は、格子状のセンサーに同じく格子状に色分けした3色(赤青緑)のフィルターを乗せて色情報を読み取っていますが、シグマの撮像素子は一つの素子を3色の3層に分けて色情報を読み取っています。


一般的な撮像素子とシグマの撮像素子(468万画素×3層)

このため、一般的な撮像素子で発生するモアレや偽色が無いためローパスフィルターが不要となり、よりクリアーな画像を再現できます。

と、通常の解説はこの程度なのですが、こんな解説ではこの撮像素子の本質的な優位性については全く分かりません。

この撮像素子の本質的な優位性とは、1画素の中に(一切加工のない)純粋な色情報しか入っていない事です。

一般的な撮像素子の場合、1素子の得られる色情報は本来1色分しかないのため、周囲の素子の色情報を使って(補間処理を行って)3色分の色情報を持たせているのです。

このため、厳密には正確ではない色情報を含んでいる事になり、僅かながら異なる色を再現しています。(この最悪のケースが、色の境界線付近で発生する偽色です)

一方、シグマの3層撮像素子の場合、1素子が純粋に被写体に対応する3色の色情報を持っている事から、補完の無い純粋な色を再現できるという訳です。

すなわちローパスフィルターが無い事によりクリアな画像を撮像素子が取り込めると共に、色の補間処理が無い事から同じく鮮明な色彩を取り込めるという訳です。


3層撮像素子         一般的な撮像素子

しかしながら膨大な画像データに対して非常に複雑な演算処理を行うため、画像処理に時間が掛かる、バッテリーの持ちが悪い、速写性に劣る、撮影条件によっては画質が低下する等の問題があります。

このため徐々に改善されているとは言え、RAWファイルを演算能力に余裕のあるPCで現像した方が、より安定した結果を得られる傾向があります。

なおDPシリーズは徐々に進化しており、第1世代ののDPシリーズ、第2世代のDP Merrillシリーズ、第3世代のdp Quattroシリーズがあります。

また各シーズには2~4種類の異なるレンズを搭載したモデルがあり、超広角レンズを搭載したDP0、広角レンズのDP1、標準レンズのDP2、望遠レンズのDP3があります。

それでは各世代ごとにモデルを見ていきたいと思います。

1. DPシリーズ


DPシリーズは、3層構造の撮像素子を搭載した最初のコンパクトデジカメです。

この撮像素子は468万画素×3層の構成になっており、画像情報から考えると実質的に468万画素でしたが、画像処理のアルゴリズムにマッチした撮影条件での鮮明度は群を抜いています。

このため発売当初は、マニアの間で結構話題に上ったものです。

DP1とDP2の違いはレンズの違いなのですが、それぞれが時期をずらしてマイナーチェンジを繰り返していましたので、各モデル毎に見ていきたいと思います。

【DP1】

     
DP1x       DP1s       DP1 

この中でどれを選ぶかですが、試しに使ってみるのでしたら、中古が安いDP1sでしょうか。

モデル
(発売日)
特徴 自撮り ストロボ 連写 シャッター
速度
常用ISO感度
(RAW)
画素数
(実質)
DP1x
2010/2
作像エンジンをTRUE IIへ変更、オートフォーカス高速化、高感度性能向上、操作ボタンなどをDP2と統一。 非対応 内蔵 不可 1/1,000
-15秒
100- 800
(6400)
1406万画素
(468万)
DP1s
2009/10
DP1のマイナーチェンジ版。
クイックセットメニュー追加、対逆光性能改善、ISO50追加、表示機能改善。
非対応 内蔵 不可 1/1,000
-15秒
100- 800 1406万画素
(468万)
DP1
2006/9
3層撮像素子を搭載した最初のコンパクトデジカメ。
広角16.6mm(フルサイズ換算28mm)F4レンズを搭載。
非対応 内蔵 不可 1/1,000
-15秒
100- 800 1406万画素
(468万)

【DP2】

DP1の広角レンズの代わりに標準レンズを搭載したのが、DP2です。

   
DP2x       DP2s       DP2 

モデル
(発売日)
特徴 自撮り ストロボ 連写 シャッター
速度
常用ISO感度
(RAW)
画素数
(実質)
DP2s
2010/2
TRUE IIのアルゴリズムを最適化しオートフォーカスの高速化。DP1sのパワーセーブモード搭載、背面ボタン表示の一部を赤色にして視認性向上。 非対応 内蔵 不可 1/1,000
-15秒
100- 800
(6400)
1406万画素
(468万)
DP2x
2011/2
DP2sのマイナーチェンジバージョン。
AFE搭載やAFスピード高速化。
非対応 内蔵 不可 1/1,000
-15秒
100- 800
(6400)
1406万画素
(468万)
DP2
2008/9
ベースはDP1と同じで、標準レンズの30mm(フルサイズ換算で45mm) F4を搭載。 非対応 内蔵 不可 1/1,000
-15秒
100- 800
(6400)
1406万画素
(468万)


2. DP Merrillシリーズ


2012年に発売されたDP Merrillシリーズは、画素数を大幅に増やしたモデルです。


シグマDP2 Merrill

具体的には、下の表にあります様に、撮像素子を従来の468万画素×3層から、1536万画素×3層へと大幅に変更しています。

モデル 素子構成 総画素数 色情報 輝度情報 画素数
(一般画素換算)
DP1~DP2 468万素子×3層 1404万素子 468万素子 468万素子 468万画素
(936万画素)
Merill 1536万素子×3層 4608万素子 1536万素子 1536万素子 1536万画素
(3072万画素)

これによって、従来のDPシリーズのベスト画像は、B4サイズプリントもしくはハイビジョンモニター(1920 x1080)で見る程度しか対応できなかったのですが、DP MerrillシリーズはA2サイズプリントあるいは4Kモニター(3840 x2160)にも対応できる様になりました。

ただし、総画素数はトータルで4,600万画素になりましたので、高級デジタル一眼レフ並みの画像処理エンジンが必要になっています。

また本シリーズから、望遠レンズを搭載したDP3が新たに加わりました。

   
DP1 Merrill   DP3 Merrill   DP2 Merrill
28mm      75mm     45mm

このため、DPシリーズよりもっと高精細の画像を得ようとすると、こちらのDP Merrillシリーズを選択する必要があります。

あとは装着されたレンズの種類で選ぶしかないのですが、中古ですとなぜか標準レンズのDP2 Merrillが一番安いので、人物撮影から風景まで撮るのでしたら、これがお勧めかもしれません。

モデル
(発売日)
特徴 自撮り ストロボ 連写 シャッター
速度
常用ISO感度
(拡張)
画素数
(実質)
DP1 Merrill
2012/9
DP2 Merrillに広角レンズの16.6mm(フルサイズ換算28mm)F2.8を搭載。 非対応 外付け 4コマ/秒 1/2,000
-30秒
100- 6400 4608万画素
(1536万)
DP3 Merrill
2012/8
DP2 Merrillに望遠レンズの50mm(フルサイズ換算で75mm)F2.8のレンズを搭載。 非対応 外付け 4コマ/秒 1/2,000
-30秒
100- 6400 4608万画素
(1536万)
DP2 Merrill
2012/7
標準レンズの30mm(フルサイズ換算で45mm) F2.8を搭載。 非対応 外付け 4コマ/秒 1/2,000
-30秒
100- 6400 4608万画素
(1536万)


3. dp Quattrシリーズ


dp Quattroシリーズは、最新の三層撮像素子(1960万画素+490万画素×2層=2900万画素)を搭載したデジカメです。


シグマdp2 Quattro

この素子は最上面の層のみ4つに分割して、一つの色情報に4つの輝度情報を持たせた構成になっています。


これによって色情報では490万画素でありながら、解像度は一般の撮像素子に換算すると、1960画素の2倍である3920万画素相当の画像が再現できるという訳です。

これは一般の撮像素子の輝度情報は、全画素の半分の緑の素子が担っているためです。

ちなみに過去のモデルの画素数を表にすると以下の様になります。

モデル 素子構成 総素子数 色情報 輝度情報 画素数
(一般画素換算)
DP1~DP2 468万素子×3層 1404万素子 468万素子 468万素子 468万画素
(936万画素)
Merill 1536万素子×3層 4608万素子 1536万素子 1536万素子 1536万画素
(3072万画素)
Quattro 1960万素子+
490万素子×2層
2940万素子 490万素子 1960万素子 1960万画素
(3920万画素)

これをご覧頂きます様に、Quattroの総画素数(2940万画素)は、Merillの総画素数(4608万画素)より減っているものの、一般的な撮像素子に換算した画素数は3920万画素と、Merillの3072万画素より増えた事が分かります。

また本モデルから回路基板を2枚から1枚にして、信号処理の最適化を図っていますので、データ量の減少と共に演算速度の改善が図られています。

また基板の1枚化に伴い、ボディーの厚みと高さが減って全体に横長になっています。

また従来AF駆動モーターは本体側に内蔵されていたのですが、本シリーズよりレンズを太くしてレンズ内にモーターを組み込んでいます。

       
dp0       dp1       dp2       dp3
21mm      28mm      45mm      75mm

dp Quattroシリーズになって速写性は大幅にアップしましたが、理論上の解像度はDP2 Merrillシリーズの方が上ですので、多少の不便は我慢しても高画質を望まれるのでしたらDP2 Merrillシリーズの方が良いかもしれません。

また最新技術とこのユニークな形状を好まれるのでしたら、dp Quattroシリーズになります。

モデル
(発売日)
特徴 自撮り ストロボ 連写 シャッター
速度
常用ISO感度
(拡張)
画素数
(実質)
dp0 Quattro
2015/7
14mm(21mm)/F4 非対応 外付け 1/2,000
-30秒
100- 6400 4600万画素
(2531万)
dp3 Quattro
2015/2
50mm(75mm)/F2.8 非対応 外付け 1/2,000
-30秒
100- 6400 2900万画素
(2531万)
dp1 Quattro
2014/10
19mm(28mm)/F2.8 非対応 外付け 1/2,000
-30秒
100- 6400 2900万画素
(2531万)
dp2 Quattro
2014/6
30mm(45mm)/F2.8 非対応 外付け 1/2,000
-30秒
100- 6400 2900万画素
(2531万)

まとめとしては、多少の不便さを我慢してでも、とにもかくにもクリアで鮮明な画像を追い求める方にはお勧めのカメラです。




フジフィルム


フジフィルムのこの分野のデジカメは、昔からのカメラマニアに焦点を当てて、商品開発を進めており、シャッタースピードや絞り値がダイヤルで選択できる様になっています。

       
X70      X100T      X100S     X100      X100B

従来からのX100シリーズは35mmレンズを搭載しているのに対して、最新のX70はリコーのGRシリーズを意識したのか28mmレンズを搭載しています。

モデル
(発売日)
特徴 ストロボ 自撮り 連写 シャッター
速度
常用ISO感度
(拡張)
画素数
X70
(16/2)

小型・軽量ボディにフルサイズ換算28mm/F 2.8の広角レンズを搭載したスナップ対応モデル。
最速0.1秒の高速AFを実現し、180°回転チルト式のXシリーズ初の静電式タッチパネル採用。

内蔵 対応 8コマ/秒 1/4,000
-30", B
(1/32k)
200- 6,400
(100- 51,200)
1,630万画素
X100T
(13/2)
光学ファインダーにピントエリアのデジタル画像を拡大表示できる新機能を搭載、操作性改善、1秒~1/32000秒の電子シャッター搭載。 内蔵 非対応 6コマ/秒 1/4,000
-30", B
200- 6,400
(100- 51,200)
1,630万画素
X100S
(13/2)
外観のは先代のX100を踏襲し、撮像素子を含め中身を一新したモデル。
像面位相差AF採用、起動時間短縮、ローパスフィルターレス。
内蔵 非対応 6コマ/秒 1/4,000
-30", B
200- 6,400
(100- 25,600)
1,630万画素
X100
(11/2)
マニア好みの外観を採用したハイブリッド機。世界初となる光学ファインダーと電子ファイダーの切り替え機能搭載、なハイブリッドビューファインダー搭載。レンズシャッター搭載。レンズは35mm相当F2.0. 内蔵 非対応 3コマ/秒 1/4,000
-30", B
200- 6,400
(100- 12,800)
1,230万画素

なおX100S以降、撮像素子には画像に定評あるX-Trans™ CMOS IIを使って、ローパスフィルター無しを実現しています。


リコー


リコーのGRシリーズは、フィルム時代の高級コンパクトカメラであるリコーR1(1994年発売)、リコーGR1(1996年)の流れを受けてデジタル化された単焦点広角レンズ搭載薄型コンパクトデジカメです。

初代のリコーGR DIGITAL(2005年)は1/1.8型CCDセンサーだったに対して、GRから撮像素子をAPS-Cサイズにしてより高画質を追求しています。

外観はパッとしませんが、薄型で携帯性に優れ、なお且つ目立たない事から、スナップ好きのカメラ愛好家に根強い人気を誇っています。

ただし広角系のレンズを搭載している事もあり、撮像素子が多少大きくなっても、ボケの効果を期待するのは無理かもしれません。


       
   GR II       GR II        GR     GR DIGITAL Ⅳ

モデル
(発売日)
特徴 自撮り ストロボ 連写 シャッター
速度
常用ISO感度
(拡張)
画素数
GR II
2015/7
先代のGRに対して画像処理システムを変更し、Wi-FiとNFC機能を追加。 非対応 内蔵 不明 1/4,000
-5分, B, T
100- 25,600 1,620万画素
GR
2013/5
APS-Cサイズ撮像素子、広角28mm相当(35ミリ判換算)のGR LENS 18.3mm F2.8を搭載。 非対応 内蔵 不明 1/4,000
-5分, B, T
100- 25,600 1,620万画素
GR DIGITAL Ⅳ
2011/10
1/1.7型CCDを搭載したGRデジタルの最終モデル。
センサーシフト式手振れ補正、35ミリ換算28ミリ F1.9レンズ搭載。
非対応 内蔵 1.5コマ/秒 1/2,000
-3分, B, T
80- 3,200 1,040万画素


ニコン


ニコンも1度はこの分野に進出したものの、目立った特色もなかったせいか、後継機の発売もなく生産中止になっていました。

と思っていたのですが、そのDLシリーズとしてCXサイズで復活しました。



モデル
(発売日)
特徴 自撮り ストロボ 連写 シャッター
速度
常用ISO感度
(拡張)
画素数
COOLPIX A
(13/3)
デジタル一眼レフD5100の作像系を流用。ローパスフィルターレス 非対応 内蔵 4コマ/秒 1/2,000
-30", B
200- 6,400
(100- 25,600)
1,616万画素


Canon


G1 Xは、一般のGシリーズの1/1.7インチ撮像素子と比べて約4.5倍の1.5インチ撮像素子を搭載した、ハイアマチュアのサブ用モデルです。

  
G1 X II        G1 X

本撮像素子(234mm²)は、4/3サイズ(225mm²)の撮像素子よりも大きいのですが、レンズが暗いので人物写真でボケを表現するほどではなさそうです。

モデル 特徴 ストロボ 自撮り Wi
-
Fi
連写
(コマ/秒)
シャッター
速度
ISO感度
(拡張)
画素数
powershot
G1 X II

2014/3
1.5型CMOSセンサーを搭載したG1 Xの後継機。実像式光学ファインダー削除、チルト液晶やWi-Fiなど、機能が強化された。28-120mm F2-F3.9レンズ、50mmの接写可能。516g 内蔵 搭載 5.2
コマ
1/4k

60" B
100
~12.8k
1500
万画素
powershot
G1 X
2012/3
1.5型CMOSセンサー、DIGIC 5を搭載した初代フラグシップモデル
ワイド側最短撮影距離は20センチ、テレ側で85センチが最大のネック。
28-120mm F2.8-F5.8レンズ。429g
内蔵 非搭載 4.5
コマ
1/4k

60" B
100

12.8k
1430
万画素

またあまり人気が無いせいか、1インチ撮像素子を搭載したG7 X IIより市場価格がかなり安くなっています。




6: APSサイズ対応コンパクト

戻る

5: APSサイズ対応ミラーレス

次へ

7: 4/3サイズ対応一眼レフ





Copyright (c) 2015 Photo Cafeteria
This site is link free.

ご意見、ご感想等ありましたら是非こちらに。
Your response would be highly appreciated.





ホーム頁へ戻る