新旧デジタルカメラの性能が一目で分かる
デジカメ便覧


目次


デジタルカメラ分類チャート
特徴 撮像素子 カメラ構成 メーカー
大型
ボケ易い
画像情報多








画像情報少
ボケ難い
小型
フルサイズ
(100%)
1: 一眼レフ Nikon, Canon, Sony, Pentax
2: ミラーレス SONY, Nikon, Canon
3: コンパクト SONY
APS-Cサイズ
(43-38%)
4: 一眼レフ Canon, Nikon, Pentax, Sony, Sigma
5: ミラーレス Sony, Fuji, Canon, Sigma, Ricoh
6: コンパクト Fuji, Ricoh, Nikon, Canon, Sigma
4/3サイズ
(26%)
7: 一眼レフ Olympus
8: ミラーレス Olympus, Panasonic
9: コンパクト Panasonic
1インチサイズ
(14%)
10: 一眼レフ N/A
11: ミラーレス Nikon
12: コンパクト SONY, Canon, Panasonic, Nikon
小サイズ
(14%未満)
13:ミラーレス Pentax
14:コンパクト Many


6: APS-Cサイズコンパクト


高級コンパクトデジタルカメラの走りとなるのが、このタイプのカメラです。

このクラスのカメラは、ニコン、リコー、フジフィルム、キヤノン、シグマが発売しています。


フジフィルムの新旧APS-Cサイズコンパクト一覧


この分野の先駆けは、フジフィルムと言って良いでしょう。

2011年に発売されたFinePix X100は、昔ながらのレンジファインダーカメラの風貌に、光学ファインダーと電子ファイダーの切り替え可能なハイブリッドファインダーを搭載して、一躍脚光を浴びました。


FinePix X100

この流れを汲んで、この後(2012年)レンズ交換式のミラーレス一眼であるX-Pro1が生まれる事になります。



X100F

       
   X70      X100T      X100S       X100     X100(黒)

従来のX100シリーズは全て35mmF2.0レンズを搭載しているのに対して、X70はリコーのGRシリーズを意識したのか28mmレンズを搭載しています。

モデル
(発売日)
特徴 ストロボ 自撮り 連写 シャッター
速度
常用ISO感度
(拡張)
画素数
X100F
(17/2)
X100の4代目
撮像素子を含めて画像処理系をX-Pro2やX-T2と同じものに一新。
フォーカスエリアも49点から91にアップ。
操作ボタンを本体右側に集約。
内蔵 非対応 8コマ/秒 1/4,000
-30", B
(1/32k)
200- 12,800
(100- 51,200)
2,430万画素
X70
(16/2)
小型・軽量ボディにフルサイズ換算28mm/F 2.8の広角レンズを搭載したスナップ対応モデル。
最速0.1秒の高速AFを実現し、180°回転チルト式のXシリーズ初の静電式タッチパネル採用。
内蔵 対応 8コマ/秒 1/4,000
-30", B
(1/32k)
200- 6,400
(100- 51,200)
1,630万画素
X100T
(13/2)
光学ファインダーにピントエリアのデジタル画像を拡大表示できる新機能を搭載、操作性改善、1秒~1/32000秒の電子シャッター搭載。 内蔵 非対応 6コマ/秒 1/4,000
-30", B
200- 6,400
(100- 51,200)
1,630万画素
X100S
(13/2)
外観のは先代のX100を踏襲し、撮像素子を含め中身を一新したモデル。
像面位相差AF採用、起動時間短縮、ローパスフィルターレス。
内蔵 非対応 6コマ/秒 1/4,000
-30", B
200- 6,400
(100- 25,600)
1,630万画素
X100
(11/2)
マニア好みの外観とハイブリッドビューファインダーを搭載した記念すべき1号機。
世界初となるハイブリッドビューファインダーは、光学ファインダーと電子ファイダーの切り替え可能。
レンズシャッターを採用し、搭載レンズは35mm/F2.0。
内蔵 非対応 3コマ/秒 1/4,000
-30", B
200- 6,400
(100- 12,800)
1,230万画素

なおX100S以降、撮像素子には画像に定評あるX-Trans CMOS IIを使って、ローパスフィルター無しを実現しています。


リコーの新旧APS-Cサイズコンパクト一覧


リコーのGRシリーズは、フィルム時代の高級コンパクトカメラであるリコーR1(1994年発売)、リコーGR1(1996年)の流れを受けてデジタル化された単焦点広角レンズ搭載薄型コンパクトデジカメです。

初代のリコーGR DIGITAL(2005年)は1/1.8型CCDセンサーだったに対して、GRから撮像素子をAPS-Cサイズにしてより高画質を追求しています。

外観はパッとしませんが、薄型で携帯性に優れ、なお且つ目立たない事から、スナップ好きのカメラ愛好家に根強い人気を誇っています。

ただし広角系のレンズを搭載している事もあり、撮像素子が多少大きくなっても、ボケの効果を期待するのは無理かもしれません。


       
   GR II       GR II        GR     GR DIGITAL Ⅳ

モデル
(発売日)
特徴 自撮り ストロボ 連写 シャッター
速度
常用ISO感度
(拡張)
画素数
GR II
2015/7
先代のGRに対して画像処理システムを変更し、Wi-FiとNFC機能を追加。 非対応 内蔵 不明 1/4,000
-5分, B, T
100- 25,600 1,620万画素
GR
2013/5
APS-Cサイズ撮像素子、広角28mm相当(35ミリ判換算)のGR LENS 18.3mm F2.8を搭載。 非対応 内蔵 不明 1/4,000
-5分, B, T
100- 25,600 1,620万画素
GR DIGITAL Ⅳ
2011/10
1/1.7型CCDを搭載したGRデジタルの最終モデル。
センサーシフト式手振れ補正、35ミリ換算28ミリ F1.9レンズ搭載。
非対応 内蔵 1.5コマ/秒 1/2,000
-3分, B, T
80- 3,200 1,040万画素


ニコンの新旧APS-Cサイズコンパクト一覧


ニコンは、前述したリコーのGRシリーズが、APS-Cサイズの撮像素子を搭載する数か月前にこの分野に進出しています。

ところが、登場時期が早過ぎたのか、或いは発売当初の値段が高過ぎたのか、それともCOOLPIXと従来と同じモデル名を採用してプレミアム感が低かったせいか、後継機の発売もなく生産中止になっていました。



モデル
(発売日)
特徴 自撮り ストロボ 連写 シャッター
速度
常用ISO感度
(拡張)
画素数
COOLPIX A
(13/3)
28mm F2.8の単焦点レンズを搭載した、ニコン初のプレミアムコンパクト機。
デジタル一眼レフD5100の作像系を流用。ローパスフィルターレス。
非対応 内蔵 4コマ/秒 1/2,000
-30", B
200- 6,400
(100- 25,600)
1,616万画素

またその後、DLシリーズとしてCXサイズ(1インチサイズ)で復活する予定だったのですが、熊本地震の影響等もあり、2017年2月に販売中止が決定されました。


キヤノンの新旧APS-Cサイズコンパクト一覧


キヤノンは従来1.5型撮像素子を搭載したPowerShot G1 Xシリーズを発売していたのですが、3代目のPowerShot G1 X IIIになってから、新たにデュアルピクセルCMOS AFに対応したAPS-Cサイズの撮像素子を搭載しました。


APS-Cサイズの撮像素子を採用したPowerShot G1 X III



1.5型撮像素を採用した先代のPowerShot G1 X II

なちなみに、他のPowerShot Gシリーズの構成は以下の様になっています。

モデル名 特徴 撮像素子
G1 X フラッグシップ機 1.5インチ、APS-Cサイズ
G3 X 高倍率ズーム搭載モデル 1インチ
G5 X ファインダー搭載モデル
G7 X ファインダー無しの標準モデル
G9 X 薄型軽量モデル


G1 X IIIは、ファインダーも追加され操作性もEOSと同じ方式を導入して、EOSユーザー向けのサブ用高性能コンパクトモデルと言った方が良いかもしれません。

 
    G1 X III   防水ケースWP-DC56


モデル 特徴 ストロボ 自撮り Wi
-
Fi
連写
(コマ/秒)
シャッター
速度
ISO感度
(拡張)
画素数
PowerShot
G1 X III

2017/11
新たに APS-Cサイズ撮像素子(デュアルピクセルCMOS)を搭載したG1 X IIの後継機。
電子ファインダーを搭載し、操作性をEOSと共通化し、bluetooth搭載、防塵防滴と最新技術を惜しみなく投入しながらG1 X IIより小型化を達成。
24-72mm F2.8-F5.6レンズ、10cmの接写可能。399g
内蔵 搭載 9
コマ
1/2k

30" B
100
~25.6k
2420
万画素
PowerShot
G1 X II

2014/3
1.5型撮像素子を搭載したG1 X の後継機。
レンズを24-120mm F2.0-F3.9に変更し、鏡筒部にコントロールリングを2個搭載、光学式ファインダー廃止し、外付け電子ファインダーをオプション設定。
液晶モニターは上下チルト式に変更。
553g
内蔵 不可 搭載 5
コマ
1/4k

60"
100
~12.8k
1280
万画素
PowerShot
G1 X
2012/3
1.5型撮像素子を搭載した初代G1 X 。
28-112mm F2.8-F5.8の3倍ズームレンズを搭載し、シーンによって自動で切り替わる4段分のレンズ内手振れ補正と光学式ズームファインダー搭載。
液晶モニターはバリアングル式。
最短撮影距離が20cmが不満。
534g
内蔵 非搭載 4.5
コマ
1/4k

60"
100
~12.8k
1430
万画素




フジフィルム、リコー、ニコン、キヤノンの新旧APS-Cサイズコンパクト一覧

戻る

キヤノン、シグマ、リコーの新旧APS-Cサイズミラーレス一覧

次へ

シグマの新旧APS-Cサイズコンパクト一覧



ご意見、ご感想等ありましたら是非こちらに。
Your response would be highly appreciated.





ホーム頁へ戻る

サイト紹介


写真やカメラに関するコンシューマレポート、テクニカルレポートは各種ありますが、ここでは余り知られていない耳寄りな情報を、小学生にも分かる様に平易にお伝えしたいと思います。

徐々に更新していきますので、もし宜しければ珈琲でも飲みながらお楽しみ下さい。


▼ 1. デジカメ技術講座

▼ 2. 撮影講座

▼ 3. デジカメ便覧

▼ 4. デジタル一眼の最新情報

▼ 5. ストロボ

▼ 6. 星空撮影

▼ 7. 番外編

▼ 8. ボケ易い単焦点レンズのベスト15