国産デジタルカメラの性能を一目で比較できる
デジカメ便覧

Since 2014/10

目次


デジタルカメラ分類チャート
特徴 撮像素子 カメラ構成 メーカー
大型
ボケ易い
画像情報多








画像情報少
ボケ難い
小型
フルサイズ
(100%)
1: 一眼レフ Nikon, Canon, Sony, Pentax
2: ミラーレス SONY, Nikon, Canon
3: コンパクト SONY
APS-Cサイズ
(43-38%)
4: 一眼レフ Canon, Nikon, Pentax, Sony, Sigma
5: ミラーレス Sony, Fuji, Canon, Sigma, Ricoh
6: コンパクト Sigma, Fuji, Ricoh, Nikon
4/3サイズ
(26%)
7: 一眼レフ Olympus
8: ミラーレス Olympus

Panasonic
 1) Gシリーズ
 2) GHシリーズ
 3) GFシリーズ
 4) GXシリーズ
 5) GMシリーズ
 6) レンズ 
9: コンパクト Panasonic
1インチサイズ
(14%)
10: 一眼レフ N/A
11: ミラーレス Nikon
12: コンパクト SONY, Canon, Panasonic, Nikon
小サイズ
(14%未満)
13:ミラーレス Pentax
14:コンパクト Many

8: 4/3サイズ対応ミラーレス
(パナソニック)


続いては4/3陣営のもう一つ雄とも言えるパナソニックのルミックスです。

ご存じとは思いますが、ルミックスの最大の特徴は、元々家電メーカーである事もあり、ビデオ機能が長けている事です。

また光学分野では、ライカと提携している事も特徴として挙げられます。

そのルミックスの構成は以下の様になっています。

モデル 機種 特徴
Gシリーズ G9、G8、G7、G6 従来は毎年更新される標準機だったが、G9以降はスチールカメラとしてのフラッグシップ(今後はG9にモデル名固定)
GHシリーズ GH5、GH4、GH3、GH2 当初は静止画と動画の融合機(GHの”H”はHybridに由来)であったが、GH-5以降は動画機能重視の最高級機
GXシリーズ GX7 II、GX8、GX7 レンジファインダースタイルの高級機
(当初はGシリーズの廉価版だったが、GX7以降一気に高級志向)
GFシリーズ GF9、GF7、GF6、GF5 ファインダーの無い入門機
GMシリーズ GM5、GM1S、GM1 小型軽量機

いずれも当初よりタッチパネルを採用し、フォーカスエリアの選択等の操作性を高めて他社との差別化を図っています。

またオリンパスと異なり、パナソニックはレンズ内手振れ補正を採用していましたが、最近はボディー手振れ補正も採用しています。

それでは先ず、ルミックスの顔とも言えるGシリーズから見ていきたいと思います。


1) Gシリーズ


世界初のミラーレス一眼となったルミックスのGシリーズは、初代G1よりミラーレス一眼の三種の神器とも言える電子ファインダー、バリアングルモニター、内蔵フラッシュを一環して搭載していました。

ところが最近になってパナソニックは、スチールカメラの重要性に目覚めた様で、G8以降はそれまでGHシリーズだけだったマグネシウム合金の筐体を採用し、最新のG9に至っては他社のプロ用カメラと同様に内蔵フラッシュを削除すると共に本体上面に表示パネルを追加し、更にファインダーの倍率を大幅にアップしました。

 
モードダイヤルに赤いラインを入れてプロ使用を意識したG9 Pro(DC-G9)

発売価格は20万円にも達しましたが、ここまで来ると確かにプロでも不満なく使えそうな性能ですので、今後フルサイズモデルに打って出たくなるのも無理からぬ事と言えます。

一世代前のG8は10万円以下で買えますので、どちらを選ぶか悩ましい所です。

 
Gシリーズで初めて金属ボディーを採用したDC-G8

なおG7以降はなで肩の直線形スタイルですが、先々代のG6のスタイルは出色です。




       
DC-G7     DC-G6     DC-G5     DC-G3     DC-G1

モデル 特徴 フラッシュ 自撮り 連写
(電子)
シャッター
速度
(電子)
ISO感度
(拡張)
画素数
DC-G9
2018/1
従来機とは一線を画す、スチールカメラとしての機能を大幅に向上させたモデル。
2000万画素の撮像素子を搭載し、ボディー内手振れ補正を6.5段に改善し、さらに世界最速AFを達成。
倍率0.83倍で368万ドットの高精細有機ELファインダー採用。連写速度アップ、メカニカルシャッターを1/8000秒に拡大し、シンクロターミナル、Bluetooth、デュアルスロット、ハイレゾモードを新規搭載。
6Kフォトと秒間60コマの4Kフォト可能。
ただし動画は、連続記録時間10分の4K/60pに限定。
外付け 可能 12
(60)
コマ/秒
(1/32k)
1/8k

60” B
(100)
200 - 25.6k
2,033
万画素
DC-G8
2016/10
ローパスフィルターレス、ボディー内手振れ補正(5段分)追加、防塵防滴対応、AF追従性能向上、秒間30コマ長時間連写の4Kフォト、フォーカスセレクト、フォーカス合成に対応。 内蔵 可能 9
(40)
コマ/秒
(1/16k)
1/4k

60” B
(100)
200 - 25.6k
1,600
万画素
DC-G7
2015/6
デザインを角ばった形に変更し前後ダイヤル、空間認識AF(EV-4に対応)、4K動画及び4Kフォトに対応。電子ファインダーが236万ドットへ。 内蔵 可能 8
(40)
コマ/秒
1/4k
~60”, B

(1/16k
~1)
160-
25.6k
1,600
万画素
DC-G6
2013/6
動画(60pのAVCHD)を強化し、デザイン変更と軽量化を実施。 内蔵 可能 7(40)
コマ/秒
160-
12.8k
(25.6k)
1,605
万画素
DC-G5
2012/9
グリップ部を厚くし、G3で省略されたアイセンサーも復活。電動ズーム用レバー、タッチパッドAF機能、電子シャッターを新たに搭載。 内蔵 可能 6(20)
コマ/秒
1/4k

60”, B
160-
12.8k
(25.6k)
1,605
万画素
DC-G3
2011/7
先代からのデザインを一新して、丸みを帯びた形状にし、25%の小型化とAF速度を向上。 内蔵 可能 4
コマ/秒
160-
6.4k
1,600
万画素
DC-G2
2010/3
ハイビジョン(AVCHD Lite)動画撮影機能とタッチパネルを新たに搭載。 内蔵 可能 3
コマ/秒
100-
6.4k
1,210
万画素
DC-G1
2008/10
EVFとバリアングルモニターを搭載した世界初のミラーレス1眼。 内蔵 可能 3
コマ/秒
100-
3.2k
1,210
万画素


2) GHシリーズ


次はルミックスのフラッグシップ機になるGHシリーズです。

Gシリーズに対して動画の機能が強化されており、Gシリーズがプラスチックに対してこちらはマグネシウムのボディーで一回り大きくなっています。


   DC-GH4              DC-G7

またGシリーズがほぼ毎年更新されるのに対して、GHシリーズは2年置きの更新になっています。

と今まではお伝えしていたのですが、GH5(とG8)から様相が一気に変わってきました。


DC-GH5

パナソニックとしては、今後GHシリーズを動画対応のフラッグシップ機、Gシリーズをスチールカメラのフラッグシップ機とする事にした様です。


プロ用動画機能を搭載した高感度モデルDC-GH5S

また最新のDC-GH5Sにおける動画の性能は、SONYのミラーレス一眼を凌いでいるかもしれません。


DC-GH5S

       
DC-GH5     DC-GH4     DC-GH3    DC-GH2    DC-GH1

モデル 特徴 フラッシュ 自撮り 動画 連写
(電子)
シャッター
速度
(電子)
ISO感度
(拡張)
画素数
DC-GH5S
2018/1
動画機能を徹底的に強化したモデル。
画素数を抑え、さらに二つのアナログ回路で高感度撮影に対応し諧調性もアップ。
マルチアスペクトにも対応。
ミラーレス一眼としては初めてシネマ4K/60pや4:2:2 10bitのシネマ4K/30p機能搭載。
V-LogLもプリインストール。
60コマ連写の4Kフォト、デュアルスロット。
外付け 可能 4K
60P
12
(12)
コマ/秒
(1/16k)
1/8k

60”, B
(80)
160
-
25.6k
(204k)
1028
万画素
DC-GH5
2017/3
プロ使用を意識して大幅刷新されたモデル。
AF高速化、ボディ内手ブレ補正搭載、連写性能向上、EVFの向上(368万ドット)、動画撮影中の設定変更、液晶モニターの輝度向上、Bluetooth新規搭載、デュアルスロット化。
4K/60p対応、ローリングシャッター歪みも低減。ただし内蔵フラッシュは削除。
外付け 可能 4K
60P
12
(12)
コマ/秒
(1/16k)
1/8k

60”, B
200
-
25.6k
2030
万画素
DC-GH4
2014/4
3/4サイズ機初の4K動画(無制限連続撮影可能)搭載。(レンズ交換式として世界初)
空間認識AF(-4EV対応)、シャッター耐久20万回達成。
内蔵 可能 4K
30P
12
(40)
コマ/秒
1/4k
~60”, B
200
-
25.6k
1605
万画素
DC-GH3
2012/12
モニターは46万ドットのTFTから61万ドットの有機ELへ、タッチパネルも感圧式から静電容量方式へ、ファインダーは153万ドットのTFTから174万ドットの有機ELへ、AF速度向上、連写速度向上、マグネシウムボディー、防塵防滴対応。 内蔵 可能 FHD
60p
6(20)
コマ/秒
200
-
12.8k
(125
-
25.6k)
1605
万画素
DC-GH2
2010/10
当時としては世界最速のAF搭載と
60コマ/秒のフルハイビジョン動画機能搭載。
内蔵 可能 FHD
60p
5
コマ/秒
160
-
12.8k
1605
万画素
DC-GH1
2009/6
静止画専用だったDC-G1に対して、24コマ/秒のフルハイビジョン動画機能搭載を搭載したフラッグシップ機。 内蔵 可能 FHD
60i
3
コマ/秒
100
-
3.2k
1,210
万画素


3) GFシリーズ


次はルミックスの入門機になるルミックスのGFシリーズです。


DMC-GF9

       
DMC-GF7    DMC-GF6     DMC-GF5     DMC-GF3    DMC-GF1

モデル 特徴 フラッシュ 自撮り Wi
-
Fi
動画 連写
(電子)
シャッター
速度
(電子)
ISO感度
(拡張)
画素数
DMC-GF9
2017/1
画像処理エンジンが最新になり、ローパスフィルターレスとなる。
4K(30p)動画に対応し、空間認識AF採用によるAFの強化により、星空にもピントが合う。
内蔵 可能 対応 4K
30p
5.8
(10)
コマ/秒
1/16k

60”
T
(100)
200
- 25.6k
1600
万画素
DMC-GF7
2015/2
自撮り、子供、ペットの撮影に特化したモデル。
フェイスシャッター、フレンドリーシャッターと呼ぶ自動シャッターを搭載。
内蔵 可能 対応 FHD
30p
5.8
(40)
コマ/秒
1/16k

60”
T
100
200
- 25.6k
1600
万画素
DMC-GF6
2013/4
外観が直線基調になり、モードダイヤルとファンクションレバーが復活。
チルト式タッチパネルモニターを搭載して自撮りに対応。
内蔵 可能 対応 FHD
30p
4.2
(20)
コマ/秒
1/4k

60”
B
160
-
12.8k
(25.6k)
1600
万画素
DMC-GF5
2012/4
グリップを僅かに大きくして、モードダイヤルを省略しタッチパネル操作をメインに変更。
新撮像素子採用しMP4のフルHDに対応。ただしモニターは固定。
内蔵 不可 対応 FHD
30p
4
コマ/秒
160
-
6.4k
(12.8k)
1210
万画素
(新素子)
DMC-GF3
2011/7
先代に対してアクセサリーシュー、後ダイヤル等を廃止して264gの小型軽量化を実現。 内蔵 不可 FHD
30p
3.8
コマ/秒
160
-
6.4k
1,210
万画素
DMC-GF2
2010/12
タッチパネル搭載の代わりにモードダイヤルを省いて小型化を実施。動画をフルHDに強化。 内蔵 不可 FHD
30p
3.2
コマ/秒
DMC-GF1
2008/10
普及機のDMC-G1からEVFを省いたモデル。 内蔵 不可 HD
30p
3
コマ/秒
100 - 3.2k


4) GXシリーズ


次はルミックスのGXシリーズです。

当初はルミックスのGシリーズからファインダーを取り除いただけのモデルだったのですが、GX7以降はとんでもありません。


チルト式EVFがユニークなDMC-GX8

富士フィルムの高級ミラーレス機をかなり意識している様で、ルミックスのGシリーズ以上に高機能です。

     
DMC-GX7 II   DMC-GX8    DMC-GX7    DMC-GX1

モデル 特徴 フラッシュ 自撮り Wi
-
Fi
動画 連写
(電子)
シャッター
速度
(電子)
ISO感度
(拡張)
画素数
DMC-GX7
II

2016/5
GX7の後継機
ローパスフィルターレス、L.モノクロームモード等新規採用、静音メカニカルシャッター、ボディ5軸×レンズ2軸によるDual I.S手振れ補正、3通りの4Kフォトとフォーカスセレクトモードを採用。
ただしEVFは固定。
内蔵 可能 対応 4K
30p
8(20)
コマ/秒
(1/16k)
1/4k

60” B
(100)
200 - 25.6k
1,600
万画素
DMC-GX8
2015/8
ボディ4軸×レンズ2軸によるDual I.S手振れ補正、縦位置撮影対応のバリアングルモニター、倍率が0.77倍と0.7倍に変更可能な236万ドットの有機ELのチルト式EVF、4K動画と4Kフォト対応、防塵防滴マグネシウム合金ボディ。 外付け 可能 対応 4K
30p
8(40)
コマ/秒
(1/16k)
1/8k

60” T
(100) 200 - 25.6k 2,030
万画素
DMC-GX7
2013/9
LUMIX Gシリーズとして初のボディ内手ブレ補正搭載、90度可動式276万ドットのEVF、EV-4のAF検出を新たに搭載。 内蔵 可能 対応 FHD
60p
5(20)
コマ/秒
1/8k

60” B
(125)
200 - 25.6k
1,600
万画素
DMC-GX1
2011/11
G3からEVFを取り去り、モニターを固定式にした標準モデル。
フルHV動画、高速0.09秒AF搭載。
内蔵 不可 FHD
30p
4.2(20) コマ /秒 1/4k

60” B
160 - 12.8k 1,600
万画素

なお最新でありながらGX9ではなくマーク2となったDMC-GX7 IIとDMC-GX8のポジションの違いについては、小型軽量で5軸手振れ補正とフラッシュ内蔵のDMC-GX7 IIが機動力重視、少し大柄でEVF可変と高画素のDMC-GX8がじっくり撮影する画像重視といったところでしょうか。


機動力重視のDMC-GX7 II


画像重視のDMC-GX8


5) GMシリーズ


最後はGMシリーズです。

このシリーズは小型軽量化を徹底的に追及したモデルで、先幕は電子シャッター、後ろ幕のみメカシャッターにしています。

   
DMC-GM5   DMC-GM1S   DMC-GM1

特にGM5はこの大きさで電子ファインダーを搭載している事は立派です。

モデル 特徴 フラッシュ 自撮り 連写
(電子)
シャッター
速度
(電子)
ISO感度
(拡張)
画素数
DMC-GM5
2014/11
EVF(116万ドット)を搭載しながら211gの小型軽量機。 外付け 非対応 5.8
(40)コマ/秒
1/16k
~ 60”
(100)
200 - 25.6k
1,600
万画素
DMC-GM1S
2014/11
基本性能はGM1と同じで、クリエイティブコントロール等を搭載したモデル。 内蔵 5 (40)
コマ/秒
DMC-GM1
2013/11
GX7を流用し、マグネシウム筐体で重さ173gの超軽量コンパクトを実現したミラーレス一眼。
モニターは固定ながらタッチパネル搭載。
(125)
200 - 25.6k


パナソニックのレンズ



       
8mm F3.5   45mm F2.8   30mm F2.8   42.5mm F1.7   42.5mm F1.2


       
25mm F1.7   25mm F1.4   14mm F2.5   15mm F1.7


        
14-42mm F3.5-5.6  7-14mm F4.0  12-32mm / F3.5-5.6

    
  14-42mm F3.5-5.6  12-60mm / F3.5-5.6










8: 4/3サイズ/ミラーレス(パナソニック)

戻る

8: 4/3サイズ/ミラーレス
(オリンパス)

次へ

9:4/3サイズ対応/コンパクト



ご意見、ご感想等ありましたら是非こちらに。
Your response would be highly appreciated.





ホーム頁へ戻る

サイト紹介


写真やカメラに関するコンシューマレポート、テクニカルレポートは各種ありますが、ここでは余り知られていない耳寄りな情報を、小学生にも分かる様に平易にお伝えしたいと思います。

徐々に更新していきますので、もし宜しければ珈琲でも飲みながらお楽しみ下さい。


▼ 1. デジカメ技術講座

▼ 2. 撮影講座

▼ 3. デジカメ便覧

▼ 4. デジタル一眼の最新情報

▼ 5. フラッシュ

▼ 6. 星空撮影

▼ 7. 番外編

▼ 8. ボケ易い単焦点レンズのベスト15