新旧デジタルカメラの性能が一目で分かる
デジカメ便覧



目次


デジタルカメラ分類チャート
特徴 撮像素子 カメラ構成 メーカー
大型
ボケ易い
画像情報多








画像情報少
ボケ難い
小型
フルサイズ
(100%)
1: 一眼レフ Nikon, Canon, Sony, Pentax
2: ミラーレス SONY, Nikon, Canon
3: コンパクト SONY
APS-Cサイズ
(43-38%)
4: 一眼レフ Canon, Nikon, Pentax, Sony, Sigma
5: ミラーレス Sony, Fuji, Canon, Sigma, Ricoh
6: コンパクト Sigma, Fuji, Ricoh, Nikon
4/3サイズ
(26%)
7: 一眼レフ Olympus
8: ミラーレス Olympus, Panasonic
9: コンパクト Panasonic
1インチサイズ
(14%)
10: 一眼レフ N/A
11: ミラーレス Nikon
12: コンパクト SONY, Canon, Panasonic, Nikon
小サイズ
(14%未満)
13:ミラーレス Pentax
14:コンパクト Many


9:4/3サイズコンパクト


ここでは4/3サイズ撮像素子を搭載したプレミアムコンパクトをご紹介します。

なおこのカテゴリーでは、パナソニックとそのOEM先であるライカの製品しかありません。


パナソニックの新旧4/3サイズコンパクト一覧


4/3サイズ対応コンパクトはパナソニックから1台だけ発売されています。

それがルミックスLX100です。


アナログ操作を採用したDMC-LX100


ルミックスのLXシリーズは、従来は1/1.7型の撮像素子を搭載したどこにでもある様なコンパクトデジカメだったのですが、次第に大きな撮像素子を搭載してきています。


16:9のワイドCCDと28-112mmのライカレンズを搭載したDMC-LX1

LX100になってから、4/3サイズ撮像素子を搭載し大幅にプレミアム性が高まりました。


LX100 M2
 
 LX100

LEICA D-LUX (Typ109)


モデル 特徴 フラッシュ 自撮り Wi
-
Fi
連写
(電子)
シャッター
速度
(電子)
ISO感度
(拡張)
画素数
DMC-LX100
M2

2018/10
LX100の後継機。
外観は殆ど変わらないものの、画素数アップ、背面モニターの解像度アップとタッチパネルの採用、Bluetoothの新規搭載。
レンズ、モニター固定は変わらず、連写速度はダウン。
外部 不可 搭載 11
コマ/秒
(5.5
コマ/秒)
1/4k

60" T
(1/16k)
(100)
200

25.6K
2177
万画素
(4:3で1700万画素)
DMC-LX100
2014/11
4/3サイズの撮像素子と、ライカ製の明るいズームレンズ(24-75mm/F1.7-2.8)と電子ファインダーを搭載したプレミアムコンパクトモデル。
ただし異なる画像サイズでも同じ画角となるマルチアスペクトを実現するために有効撮像エリアは4/3サイズより小さくなる。
操作はアナログ指向で、4K30pによる動画撮影が可能。
外部 不可 搭載 11
コマ/秒
(40
コマ/秒)
1/4k

60" T
(1/16k)
(100)
200

25.6K
1280
万画素


なおパナソニックでは、動画用として本機でも採用されているマルチアスペクト(同じ画角で3:2、4:3、16:9の画像が撮れる)機能を2005年のDMC-LX1から採用しているのですが、スチール写真では殆どメリットを感じられません。

なおLX100はライカにもOEM供給されており、画像処理エンジンが異なるので、別物とみるべきですが、ハード系はほぼ同じ物が使われています。


ライカのD-LUX (Typ109)





パナソニックの新旧4/3サイズコンパクト一覧

戻る

パナソニックの新旧4/3サイズミラーレス一覧

次へ

ニコンの新旧1インチサイズミラーレス一覧



ご意見、ご感想等ありましたら是非こちらに。
Your response would be highly appreciated.




ホーム頁へ戻る

サイト紹介


写真やカメラに関するコンシューマレポート、テクニカルレポートは各種ありますが、ここでは余り知られていない耳寄りな情報を、小学生にも分かる様に平易にお伝えしたいと思います。

徐々に更新していきますので、もし宜しければ珈琲でも飲みながらお楽しみ下さい。


▼ 1. デジカメ技術講座

▼ 2. 撮影講座

▼ 3. デジカメ便覧

▼ 4. デジタル一眼の最新情報

▼ 5. フラッシュ

▼ 6. 星空撮影

▼ 7. 番外編

▼ 8. ボケ易い単焦点レンズのベスト15