デジカメのダイナミックレンジ
(RAWファイルの本当のメリットとは?)

Feb. 2016:Release

目次



2) 日常光のダイナミックレンジ


それでは先ず、私達の周りにある光の強さの範囲を調べてみたいと思います。

日常私たちが目にする光景で、最も明るいのは夏場の太陽光の下で、最も暗いのは月のない星空の下でしょうか。

いずれの場合も単独であれば何とか目で見て認識する事が可能なのですが、これを照度計を使って調べてみると25,000lx~0.01lxとなり、何と2,500,000倍(250万倍)も差があるのです。

また参考で太陽の直接光を入れると、10,000,000倍(1千万倍)にも達します。

これを分かり易く図で表すと、以下の様になります。


1千万倍ですとさすがに桁数が大きくて分かり難いので、これを前述のデシベルで表示すると140dBになります。

もしダイナミックレンジが140dBのデジカメがあれば、一回シャッターを切れば、この全域が撮影可能になるのですが、さすがにそんなデジカメは存在しません。

では一体どのくらいの範囲を写せるのでしょうか?

それを次の項でご説明したいと思います。




2) 日常光のダイナミックレンジ





ご意見、ご感想等ありましたら是非こちらに。
Your response would be highly appreciated.





ホーム頁へ戻る

サイト紹介

写真やカメラに関するコンシューマレポート、テクニカルレポートは各種ありますが、ここでは余り知られていない耳寄りな情報を、小学生にも分かる様に平易にお伝えしたいと思います。

徐々に更新していきますので、もし宜しければ珈琲でも飲みながらお楽しみ下さい。

▼ 1. デジカメ技術講座
▼ 2. 撮影講座
▼ 3. デジカメ便覧
▼ 4. デジタル一眼の最新情報
▼ 5. ストロボ
▼ 6. 星空撮影
▼ 7. 番外編
▼ 8. ボケ易い単焦点レンズのベスト15