デジカメのダイナミックレンジ
(RAWファイルの本当のメリットとは?)

Feb. 2016:Release

目次



9) 初級編のまとめ


それでは初級編のまとめをしておきましょう。

①デジカメのダイナミックレンジとは、デジカメが1回の露光で写せる光(明るさ)の範囲の事である。

②ラチチュードとは適正露出から外れても許容できる光の範囲を指し、ダイナミックレンジとは全く異なるものである。

③日常光のダイナミックレンジは140dBで、デジカメのダイナミックレンジは70dB、紙の写真のダイナミックレンジは25dB程度である。

④私達が普段見ているデジカメの写真は、デジカメのダイナミックレンジの中央部分を抜き取ったものである。

⑤デジカメのダイナミックレンジのどこの領域を抜き取るかによって、異なる明るさの写真になる。

⑥モニターのダイナミックレンジは40dBで、JPEGファイルもモニターで最適に見える様に作られている。

⑦JPEGファイルをプリントする場合は、プリンターのドライバーが紙の写真として最適の画像になる様に調整している。


上記で殆どご理解頂いたと思うのですが、次章ではRAWファイルを使って、明るさの異なる写真の入手方法をご説明したいと思います。

なお、もしかしたらこれで十分と思われるかもしれませんが、これからもっと面白い話がありますので、もう暫くお付き合い頂ければ幸いです。





9) 初級編のまとめ





ご意見、ご感想等ありましたら是非こちらに。
Your response would be highly appreciated.





ホーム頁へ戻る

サイト紹介

写真やカメラに関するコンシューマレポート、テクニカルレポートは各種ありますが、ここでは余り知られていない耳寄りな情報を、小学生にも分かる様に平易にお伝えしたいと思います。

徐々に更新していきますので、もし宜しければ珈琲でも飲みながらお楽しみ下さい。

▼ 1. デジカメ技術講座
▼ 2. 撮影講座
▼ 3. デジカメ便覧
▼ 4. デジタル一眼の最新情報
▼ 5. ストロボ
▼ 6. 星空撮影
▼ 7. 番外編
▼ 8. ボケ易い単焦点レンズのベスト15