一目で分かる
デジカメとプリンターとモニターの解像度の関係

2016/04: 初版
2019/12: 更新

はじめに


デジカメの画素数がどんどん増えてきています。

デジカメの黎明期はそれこそ数百万画素だったのに、今では5千万画素をオーバーしています。

そんなに必要はないのは分かっているのですが、だったらどれくらいで十分なのかネットで調べても今一つ分かりません。

実際自宅のハイビジョンテレビや4Kテレビで大きくして見るには、どれくらいの画素数が必要なのでしょうか?

或いはA4サイズでプリントするには、どれくらいの画素数が必要なのでしょうか?

それが知りたいのに、画像の細かさをデジカメは画素数で表すのに対して、プリンターは解像度で表し、モニターは解像度だのハイビジョンだの4Kだの呼んだりし、今一つ良く分かりません。

それならばと思い、頑張って一目で分かる3者の関係図を作ってみました。

これを見ればたちどころに自分に必要なデジカメの画素数が分かりますので、是非ご活用頂ければと思います。


結論


細かい話は抜きにして、先ずは下の図をご覧下さい。

プリント(解像度)      デジカメ(画素数)    モニター(解像度)

デジカメの画素数とプリンターとモニターの解像度の関係

これはどのくらいの画素数のデジカメであれば、どれくらいの大きさにプリントできて、且つどれくらい高解像度のモニターに表示できるかを表しています。

例えば、もしA1サイズ(新聞紙見開き)のプリントをしたければ、最大5000万画素のデジカメが必要で、それはキヤノンのEOS 5Dsかソニーのα7RIVクラスの高精細機が必要という事です。

また最も一般的なフルサイズやAPS-Cサイズのデジカメの画素数は2400万画素ですので、その場合A2サイズ(新聞紙半折り)のプリントが可能で、8Kモニターには届かないものの、4Kモニターには楽々対応できるという事です。

さらに最近のスマホや、高感度デジカメの様に1200万画素の場合、A3サイズのプリントと4Kモニターにも対応しているという事です。

また一昔前の300万画素のデジカメにおいても、はがきサイズのプリントや一般的なハイビジョンテレビでみる限り何の問題もないと言えます。


まとめ


それでは最後にまとめです。

①普段のメモ代わりの写真であれば、画像サイズは300万画素で十分である。

②ちょっと大事な写真でも1200万画素もあれば、A3プリントもでき4Kモニターに対応しており十分である。

③現時点で2400万画素以上で撮影しても、使い切れる用途が無い。






一目で分かるデジカメとプリンターとモニターの解像度の関係





ご意見、ご感想等ありましたら是非こちらに。
Your response would be highly appreciated.





ホーム頁へ戻る

サイト紹介

写真やカメラに関するコンシューマレポート、テクニカルレポートは各種ありますが、ここでは余り知られていない耳寄りな情報を、小学生にも分かる様に平易にお伝えしたいと思います。

徐々に更新していきますので、もし宜しければ珈琲でも飲みながらお楽しみ下さい。

▶ 0. 過去の新着情報の一覧
▼ 1. デジカメ技術講座
▼ 2. 撮影講座
▼ 3. デジカメ便覧
▼ 4. デジタル一眼の最新情報
▼ 5. ストロボ
▼ 6. 星空撮影
▼ 7. 番外編
▼ 8. ボケ易い単焦点レンズのベスト15