動画おける画像の読み込み方法の違いによる画質の差

2021/08/23:発行


1. はじめに


いきなりですが、先ずは質問です。

以下のソニーのα7シリーズで、今時一般的なフルサイズの4K30P動画を撮るとしたら、どれが最も画質が良いでしょうか?


ちなみに一番左が6100万画素のα7R IV、中央が2400万画素のα7III 、一番右が1200万画素のα7S IIIです。

本来でしたら、3台で撮り比べをするのが一番なのですが、弱小サイトにそんな事をする余裕もお金もありません。

ですが、そんな事をしないでも凡その優劣を判断する事は可能なのです。

そんな訳で今回は、動画おける画像の読み込み方法の違いによる画質の差についてお話ししたいと思います。


動画おける画像の読み込み方法


それでは先ず、動画おける画像の読み込み方法をご紹介します。

これには以下の3種類があります。


1. オーバーサンプリング

先ず一つ目がオーバーサンプリングです。

これは撮像素子の全画素を読み込むものの、読み込んだ複数の画素をひとまとめにして、1個の画素として扱う方式です。


オーバーサンプリングのイメージ図

この場合、当然解像度は落ちますが、感度がアップし画質も良くなります。

6K動画から4K動画を生成というのが。これです。

またこれは、ピクセルビニングとか、パナソニックでは画素加算と読んだりしています。


2. 画素間引き

次は画素間引きです。

これは、撮像素子上の本来ある画素の一部だけを間引いて読み込む手法です。


画素間引きのイメージ図

これによって、クロップする事無く撮像素子全域の画像を読み込めるものの、直線はギザギザになり画質も大幅に低下します。

またこれは、ラインスキップとか、ソニーでは画素加算と読んだりしています。


3. ドットバイドット

最後はドットバイドットです。

これは動画と同じ画素数を、そのまま全画素を読み込む方法です。


ドットバイドットのイメージ図

この場合、静止画の画像の読み込み方法と同じですので、静止画と同じ様な画質が得られます。


どれが一番画質が良いのか


それでは次に、この3種類の画像取り込み方法においてどれが一番画質が良いのか考えてみます。

当然ながら、画素間引きが一番画質が悪いのですが、一番良い画質はどれなのでしょう。

何となくオーバーサンプリングが一番良いのではないかと考えてしまいますが、よくよく考えてみると一番はドットバイドットでしょう。

何しろ、オーバーサンプリングは複数の画素を1画素として処理するのに対して、ドットバイドットは元々大きな画素を1画素として処理するのですから、シンプルで受光面積が大きい分画質が良いのは間違いありません。

そんな訳で、画質の良い順番は以下の通りです。

ドットバイドット > オーバーサンプリング > 画素間引き


どの機種が最も動画の画質が良いのか?


そこまで知って頂いた上で、先ほどの3機種においてどれが一番動画の画質が良いのかを考えてみます。

1. α7R IV

先ずα7R IVですが、この動画性能をソニーのHPから抜粋したのが、以下になります。


α7R IVの動画に関する説明

これを読むと、一見フルサイズで4K動画を撮っても6Kのオーバーサンプリングで画像を取り込んでいる様に思ってしまいますが、実は6Kのオーバーサンプリングはスーパー35mm(APS-Cに近いサイズ)にクロップした場合だけなのです。

フルサイズの場合、何も書かれていないという事は、画素間引きをしているという事です。

何故ならば、4K動画の場合800万画素しか必要ないので、6100万画素から4K動画を生成するには、(オーバーサンプリでなければ)画素間引きをするしかないからです。

このため、α7R IVで撮ったフルサイズの4K動画は一番画質が悪いと言えます。


2. α7 III

次はα7 IIIです。

これをまたソニーのHPから持って来ると以下の様になります。


α7 IIIの動画に関する説明

これをご覧頂きます様に、今回はフルサイズで6Kのオーバーサンプリングをしていると明記されていますので、これは間違いなく2番目に動画の画質が良いと言えます。


3. α7S III

それでは最後にα7S IIIです。

これをまたソニーのHPから抜粋すると、以下の様になります。


α7S IIIの動画に関する説明

これを読む限りオーバーサンプリングではなく、間引きもしていないとの事なので、ドットバイドットと見て良さそうです。

なお画素数から判断すると、僅かにオーバーサンプリングしているのですが、ここではドットバイドットとしておきます。

という訳で、フルサイズの4K動画で最も画質が良いのは、α7S IIIと言えます。


まとめ


それではまとめです。

①動画の画像読み取り方法は、オーバーサンプリング、画素間引き、ドットバイドット、の3種類がある。

②この中で画質の良い順番は、理論上以下の様になる。

ドットバイドット > オーバーサンプリング > 画素間引き

③その観点から見ると、フルサイズの4K30P動画であれば、以下の機種の順で画質が良いと言える。

α7S III > α7 III > α7R IV

ご納得頂けますでしょうか。




動画おける画像の読み込み方法の違いによる画質の差





ご意見、ご感想等ありましたら是非こちらに。
Your response would be highly appreciated.





ホーム頁へ戻る

サイト紹介

写真やカメラに関するコンシューマレポート、テクニカルレポートは各種ありますが、ここでは余り知られていない耳寄りな情報を、小学生にも分かる様に平易にお伝えしたいと思います。

徐々に更新していきますので、もし宜しければ珈琲でも飲みながらお楽しみ下さい。

▶ 0. 過去の新着情報の一覧
▼ 1. デジカメ技術講座
▼ 2. 撮影講座
▼ 3. デジカメ便覧
▼ 4. デジタル一眼の最新情報
▼ 5. ストロボ
▼ 6. 星空撮影
▼ 7. 番外編
▼ 8. ボケ易い単焦点レンズのベスト15