デジカメ便覧

2014/10:発行
2018/11:更新

目次


▼デジタルカメラ分類チャート

2: フルサイズミラーレス



フルサイズの撮像素子を搭載したミラーレスデジタル一眼カメラを発売しているのは、従来2013年から発売しているソニーのしかありませんでした。

それに対して、2018年下期にようやうニコンとキヤノンが参入し、更には全く予想外のパナソニックも2019年初頭に参入してきました。

いずれもいきなりソニーの牙城を崩す事などできないでしょうが、特徴的なのはいずれもマウント径をソニー以上に大きくしているという事です。

今後このマウント径の差が、画質や性能にどう影響するか楽しみな所です。


ソニー


α7シリーズ

α7シリーズは当初3機種でしたが、その後後継機が発売され現在7機種が発売されています。

第1世代

α7

α7R

α7S

第2世代は、5軸手ブレ防止が搭載され、更に筐体の剛性アップ、グリップ形状やシャッターボタンの位置変更等、操作性の向上が図られています。

第2世代

α7 II

α7R II

α7S II

第3世代はα7R IIIしかありませんが、本モデルがα7シリーズのフラッグシップなのは間違いありません。

第3世代と第4世代

α7 III

α7R III

α7R IV

7機種の特徴を発売順にまとめると、以下の通りです。

モデル 特徴 EVF モニター 連写 シャッター
速度
常用ISO感度
(拡張)
画素数
α7R IV
2019/9
α7R IIIの後継機
新開発6100万画素撮像素子と最新画像処理エンジンBIONZ X採用。
ファインダーの解像度が576万ドットになり、AF/AE追従で10コマ/秒対応。
ピクセルシフトマルチ撮影機能は7R IIIの4枚から16枚へアップ。
低感度時にダイナミックレンジ15ストップを実現。
マルチインターフェースシューにデジタルオーディオインターフェースを追加。
無線LANが802.11acに対応しPCリモート(テザー)撮影可能。
0.5型
576万dot
0.78倍
19mm
3型
144万dot
Tilt
Tuch
10
コマ/秒
1/8000
-30, B
(50)
100-
32,000
(102.4k)
6100万画素
α7 III
2018/3
α7の第3世代
センサーはα9と同じ裏面照射型になり、5軸手ブレ補正は先代と比べて0.5段分向上(5段分)し4D FOCUSに格上げ。
瞳AFモードはAF-Cでも利用可能となり、AF/AE追従で最高約10コマ/秒の高速連写(サイレントモード含む)も可能。
またハイブリッドログガンマによる4K HDR撮影にも対応。
0.5型
236万dot
0.78倍
19mm
3型
92万dot
Tilt
Touch
10
コマ/秒
1/8000
-30, B
(50)
100-
51,200
(204.8k)
2420万画素
α7R III
2017/11
α7Rの第3世代
中感度域で約一段分のノイズ低減、手ブレ補正5.5段にアップ、α9同様4D FOCUSに対応。
瞳AFの追従性能も、約2倍に向上。
HLG(ハイブリッドログガンマ)方式による4K HDR撮影に対応。
ファインダーは、α7IIと比べて最大輝度が約2倍になり、ファインダー倍率が0.78倍となり、解像度も1.5倍にアップ。
0.5型
369万dot
0.78倍
19mm
3型
144万dot
Tilt
Touch
10
コマ/秒
1/8000
-30, B
(50)
100-
32,000
(102.4k)
4240万画素
α7S II
2015/10
α7sの第2世代
ボディー内5軸手ブレ補正搭載と4K動画の内部録画対応。
0.5型
236万dot
0.78倍
19mm
3型
123万dot
Tilt
5コマ/秒 1/8000
-30, B
(50)
100-
102,400
(409,600)
1220万画素
α7R II
2015/6
α7Rの第2世代
ボディー内5軸手ブレ補正を搭載しと画素数を4200万画素にアップ。
フルサイズで世界初となる裏面照射型のCMOSセンサー搭載。
1/8000
-30, B
(50)
100-
25,600
(102,400)
4240万画素
α7 II
2014/11
α7の第2世代
ボディー内5軸手ブレ補正搭載、AF速度等改善
0.5型
236万dot
0.71倍
22mm
1/8000
-30, B
(50)
100-
25,600
(102,400)
2430万画素
α7S
2014/5
1200万画素ながら、最高ISO感度102万達成。ただしAFはコントラスト方式のみ。
4K動画の外部録画対応。
3型
92万dot
Tilt
1/8000
-30, B
(50)
100-
102,400
(409,600)
1220万画素
α7R
2013/10
ローパスフィルターレスとした3600万画素の高解像度モデル
コントラスト方式と像面位相差AF対応。
4コマ 1/8000
-30, B
(50)
100-
25,600
3640万画素
α7
2013/10
2400万画素の標準モデル
コントラスト方式と像面位相差AF対応。
5コマ 1/8000
-30, B
(50)
100-
25,600
2430万画素

それでは、この中のどれがポートレートに向いたカメラと言えるでしょうか?

理想を言えば、5軸手ブレ防止機能の付いた高価なカメラが一番かもしれませんが、本書ではそんな野暮な事は言いません。

昼間の撮影がメインであれば、初代のα7で十分です。

また夜の撮影がメインであれば、同じく初代のα7sで十分です。

なぜならば、α7でもISO6400までは殆どノイズを気にせずに撮れますし、ましてα7sに至ってはISO12800でも全く問題なく使えるからです。

そこまで感度を上げれば、通常の撮影であれば1/1000以上の高速シャッターが使えますので、(手ブレ防止機能が無くても)手ブレも被写体ブレも抑えられるからです。

また普段、撮った写真をPCのモニターで鑑賞しているのでしたら、1000万画素も必要ありません。

という訳で、もし財布に余裕があれば、本書では夜間もストロボ無しで撮影できるα7sをお勧めします。

と以前は書いてたのですが、実際にα7Sでポートレートを撮ってみたところ、全くピントが合いません。

α7Sの場合コントラストAFしか搭載していないのですが、これですととても大口径レンズを絞り開放で撮るだけのAF性能を有していないのは間違いありません。(詳細についてはこちらへ)

ですので、最低限像面位相差AFを搭載したα7、α7 II、α7R II、α7R III(α7S IIは依然コントラストAF)を選択される事をお勧めします。

と、α7 IIIが発売される前は述べていたのですが、またまた前言撤回です。

一押しはα7 IIIです。

α7 III以降、ニコン、キヤノンからもフルサイズミラーレス一眼が発売されましたが、現段階においてα7 IIIが本分野のスタンダードと言っても過言はないでしょう。(詳細はこちら


フルサイズミラーレス一眼のスタンダードとも言えるα7 III

なお本気で購入を検討されている方のために、中古価格表を作ってみました。

機種 新品価格 中古(ヤフオク落札価格) 下落率
MIN AVE MAX MIN AVE MAX
α7 154,584円 27,000円 38,500円 50,000円 17% 25% 32%
α7R 177,800円 57,000円 73,500円 90,000円 32% 41% 51%
α7S 199,746円 63,000円 86,500円 110,000円 32% 43% 55%
α7 II 174,000円 50,000円 80,000円 110,000円 29% 46% 63%
α7R II 401,799円 94,000円 127,000円 160,000円 23% 32% 40%
α7S II 391,340円 120,000円 150,000円 180,000円 31% 38% 46%
α7 III 229,880円 150,000円 175,000円 200,000円 65% 76% 87%
α7R III 349,880円 214,000円 235,500円 257,000円 61% 67% 73%
2019/6版中古価格表

機種 新品価格 中古(ヤフオク落札価格) 下落率
MIN AVE MAX MIN AVE MAX
α7 154,584円 48,000円 60,000円 75,000円 31% 39% 49%
α7R 177,800円 72,000円 89,000円 105,000円 40% 50% 59%
α7S 199,746円 70,000円 120,000円 160,000円 35% 60% 80%
α7 II 174,000円 75,000円 120,000円 160,000円 43% 69% 92%
α7R II 401,799円 160,000円 210,000円 260,000円 40% 52% 65%
α7S II 391,340円 190,000円 230,000円 270,000円 49% 59% 69%
2017/12版中古価格表

ちなみに、2015/11の中古価格は以下の通りでした。

機種 新品価格 中古(ヤフオク落札価格) 下落率
MIN AVE MAX MIN AVE MAX
α7 154,584円 70,000円 79,000円 88,000円 45% 51% 57%
α7R 177,800円 85,000円 117,500円 150,000円 48% 66% 84%
α7S 199,746円 145,000円 162,500円 180,000円 73% 81% 90%
α7 II 174,000円 100,000円 125,000円 150,000円 57% 72% 86%
α7R II 401,799円 326,000円 363,000円 400,000円 81% 90% 100%
α7S II 391,340円 300,000円 300,000円 300,000円 77% 77% 77%

もし宜しければご活用ください。

α9シリーズ

α9は秒速20コマの高速機です。


α9II

α9

モデル 特徴 EVF モニター 連写
(メカ)
シャッター速度
(電子)
常用ISO感度
(拡張)
画素数
α9 II
2019/11
α9の後継機。
メカシャッターで10コマ/秒達成し、最大60回/秒の演算によるAF/AE追従、フリッカーレス撮影にも対応。
マルチインターフェースシューはデジタルオーディオインターフェースを追加。
ファイル転送が大幅に強化され、有線LANは1000BASE-Tに対応、無線LANもIEEE 802.11ac対応に強化され、FTPSにも対応。
音声メモ機能も搭載。
0.5型
369万dot
0.78倍
19mm
3型
144万dot
Tilt
Touch
20
コマ/秒

(10コマ)
1/8000
-30, B

(1/32000
-1/8秒)
(50)
100-
32,000
(102,400)
2420万画素
α9
2017/5
読み出し速度を高速化した2420万画素積層型CMOSセンサーを搭載。
これによって、歪の少ない1/32000秒の電子シャッターを実現し、AF/AE追従最高20コマ/秒のブラックアウトフリー連続撮影が可能。
全面位相差センサーを693点と大幅に増やし、4D FOCUSに対応。
バッテリーを従来比で約2.2倍の高容量タイプに変更。
デュアルメディアスロット、LAN端子を採用。
0.5型
369万dot
0.78倍
19mm
3型
144万dot
Tilt
Touch
20
コマ/秒

(5コマ)
1/8000
-30, B

(1/32000
-1/8秒)
(50)
100-
32,000
(102,400)
2420万画素

最大の特徴は(くどい様ですが)秒速20コマの連写速度なのですが、電子シャッターであれば今どき驚くほどの速度ではありません。

またそれ以外は、特に際立った特徴もありません。

このため、どうしてもフルサイズ2400万画素の画像を秒速20コマで撮りたい方以外は、手を伸ばし難いのではないでしょうか。


ソニーレンズ群

レンズについては、ミラーレス一眼専用レンズとして新たにEマウントレンズが開発されました。

これが少々分かり難いのですが、フルサイズ対応がレンズ名にFEと付き、APS-Cサイズ専用のレンズには単にEの文字が付きます。

ソニーのHPには、いずれのレンズも使用可能としてカタログに両方を分かり易い説明もなく載せています。




ですが、フルサイズ対応のカメラでありながら、APS-Cサイズの範囲しか写らないレンズを同じに扱うのはどうかと思います。

もしα7シリーズを購入されたら、迷わずFEレンズを購入しましょう。

と当初は書いていたのですが、広角レンズでしたらEレンズは非常にコンパクトで且つ低価格ですので、大きく引き伸ばすのでなければ、こちらを購入するメリットは十分あります。

特にパンフォーカスを目的とした広角レンズや、極力ピントの合う範囲を広くしたいマクロレンズはAPS-Cサイズ対応のレンズが断然お勧めです。

なおフルサイズのミラーレスカメラは最近発売されたばかりのため、専用レンズ(FEレンズ)はまだまだ少なく、当面はアダプタを付けてフルサイズデジタル一眼カメラ用のレンズを使う事になります。

とは言え、一応専用レンズ(FEレンズ)も見ておきましょう。

ソニー
         
28-70mm F3.5-5.6 24-70mm F4    35mm F2.8    55mm F1.8  70-200mm F4

上記の様に、残念ながらポートレートを意識したレンズは見当たりません。

ただしSONYが公式発表しているFEレンズ開発ロードマップによれば、今後大口径単焦点レンズの発売が予定されている事から、それらを大いに期待したいものです。


2015年当時のFEレンズ開発ロードマップ

できる事ならば、85mm F1.2(もしくは85mm F1.4)が発売されれば言う事ありません、と以前は言っていたのですがどんどん大口径単焦点レンズも増えています。


FE 50mm F1.4 ZA

FE 85mm F1.4 GM

FE 85mm F1.8

FE135mm F1.8 GM

ただしマウント径が他社より小さいためか、F1.2レンズが無い所が辛い所です。


ニコン


Nikon Zシリーズ

2018/9、ついにニコンのミラーレス一眼であるNikon Z 6とNikon Z 7が発表されました。


見た目は同じNikon Z 6(左)とNikon Z 7(右)

期待が大きかった割りには、これといったずば抜けた性能が見い出せなかったせいか今一つインパクトに欠けた印象です。

ですが、本機最大の特徴はマウントがついに変わった事でしょう。

従来のFマウントは口径44mm(フランジバック:46.5mm)だったのに対して、新しいZマウントは口径55mm(フランジバック:16mm)になったのです。

これに伴い、ボディーと共に発表された専用レンズの性能は大幅に改善されています。

もしかしたらこのミラーレス一眼の登場を一番望んでいたのは、外ならぬニコンの開発陣だったのかもしれません。


Nikon Z 6

Nikon Z 7

モデル 特徴 EVF モニター 連写 シャッター速度
(電子)
常用ISO感度
(拡張)
画素数
Z 6
2018/11
Z7と同じプラットフォームを使った標準モデル。
Z 7に対して、撮像素子が2450万画素になり、ローパスフィルター有り。
これに伴い、ISO感度、連写速度、AF測距点数等が異なる。
0.5型
369万dot
0.8倍
21mm
3.2型
210万dot
Tilt
Touch
12
コマ/秒
1/8000
-30, B,T
X200
100-
51,200
(50-
204,800)
2450万画素
Z 7
2018/10
ニコン初のフルサイズミラーレス一眼。
像面位相差AFを搭載した裏面照射型撮像素子を採用し、最大5段分の効果があるボディ内5軸手ブレ補正、チルト式可変モニター(タッチパネル)を採用し、本体上部に表示パネルも搭載。
ローパスフィルター無し。
電子ファインダーは倍率0.8倍の369万ドットでトップクラス。
ローライトAFにより、-4EVまでAF撮影が可能。
メモリーはXQDカードのシングルスロットで、Bluetooth Low Energyを採用。
動画は4K/30Pに対応。
9
コマ/秒
1/8000
-30, B,T
X200
64-
25,600

(32-
102,400)
4575万画素

発売早々でまだ本機の評価は不明ですが、単にボディーのでき云々ではなく、新レンズを含めたその画質の良さがどう市場で評価されるかが鍵と言えます。


ニコンレンズ群


ニコンのZマウントレンズは、今の所以下の3本です。


35mm f/1.8S

50mm f/1.8S

24-70mm f/4S

と思っていたら、矢継ぎ早に新レンズを投入しています。


Z 14-30mm f/4 S

Z 24-70mm f/2.8 S


Z 70-200mm f/2.8
VR S


Z 24-200mm f/4-6.3
VR


Z 58mm f/0.95
S Noct


Z 20mm f/1.8 S

Z 24mm f/1.8 S

Z 85mm f/1.8 S

先ほどお伝えしました様に、Sラインと呼ばれるハイクオリティーレンズは明らかに従来のレンズと一線を画する性能を有しています。


キヤノン


お待たせしました。

いよいよキヤノンのフルサイズミラーレス一眼です。

EOS R

中級機となるEOS Rも、一見これと言った特徴は見当たりませんが、実はAFの性能が他の競合機と比べて格段に優れているのです。

 
2018/11に発売されたEOS R + RF24-105mm F4

それはデュアルピクセルCMOS AFと呼ぶ、撮像素子の1画素を2分割し全画素をAFセンサーとして使える点です。


デュアルピクセルCMOS AFのイメージ図

モデル 特徴 EVF モニター 連写 シャッター速度
(電子)
常用ISO感度
(拡張)
画素数
EOS R
2019/3
キヤノン初のフルサイズミラーレスのスタンダードモデル。
撮像素子はEOS 5D IVと同じ3000万画素で、デュアルピクセルCMOS AFと新開発のRFレンズにより、最速0.05秒の高速AFを実現。
測距点の5,655ポイントは業界最多で、EV-6の低輝度AFを達成。
バージョンアップにより瞳AFもサーボAFに対応。
背面モニターはバリアングルのタッチパネルで210万ドット、電子ファインダーは0.76倍の369万ドット。
Bluetoothを搭載し、動画は4K/30Pに対応だがクロップの全画素読み出し。
0.5型
369万dot
0.76倍
23mm
3.15型
210万dot
Vari
Touch
8
コマ/秒
1/8000
-30, B
X
1/200
(50)
100
-
40,000
(102.4k)
3030万画素

一般の像面位相差AFセンサーは、(画像に影響するため)撮像素子上に限られた個数しか乗せられないのですが、これは撮像素子の全面をAFセンサーとして使用できるため、暗い場所でもAFが可能となり、更にAFの高速・高精度化、測距エリアの拡大、測距点の多点化が可能になります。

これによって、本当の意味での瞳AFが可能になります。


EOS RP

続いては入門機になるEOS RPです。

 
 EOS RP

これは、EOS Rに対して性能を僅かずつ落としたモデルと言えば分かり易いでしょう。

ですが低価格で、軽いというのも確かに魅力的です。

モデル 特徴 EVF モニター 連写 シャッター速度
(電子)
常用ISO感度
(拡張)
画素数
EOS RP
2019/3
入門用ミラーレス一眼。
Rよりも小型化され、デュアルピクセルCMOS AFを採用し、最速0.05秒の高速AFを実現。
瞳AFもサーボAFに対応し、中央測距点ではEV-5を達成。
背面モニターはバリアングルのタッチパネルで104万ドット、電子ファインダーは0.76倍の236万ドット。
Bluetoothを搭載し、動画は4K/25Pに対応。
0.4型
236万dot
0.7倍
22mm
3型
104万dot
Vari
Touch
5
コマ/秒
1/4000
-30, B
X180
(50)
100
-
40,000
(102.4k)
2620万画素

ついでにお伝えすると、本機には東京オリンピックを意識したゴールドモデルがあるのですが、これは夜間の撮影において黒モデルより操作部が見易いという大きなアドバンテージがあります。


キヤノンレンズ群


EOS R用のRFマウントレンズは、当初3本だったのですが、今ではかなり増えてきました。

特に下にあります様に、大口径レンズが目白押しです。


RF28-70mm F2

RF85mm F1.2

RF85mm F1.2 DS

RF50mm F1.2

更に大三元と廉価版も揃ってきました。


RF15-35mm F2.8

RF24-70mm F2.8

RF70-200mm F2.8

RF24-105mm F4


開発発表
RF100-500mm
F4.5-7.1

そしてようやく廉価版のレンズも揃ってきました。


RF24-105mm F4-7.1

RF24-240mm F4-6.3

RF35mm F1.8

キヤノンも大幅にレンズの性能を上げてきましたので、こちらもAF性能と画質がいかに市場で評価されるかが鍵と言えます。


パナソニック


Lumix S1シリーズ

さてしんがりに控えしは、パナソニックから2019/3に発売されたLumix S1とS1Rです。


Lumix S1(左)とS1R(右)

パナソニックが予想外にフルサイズミラーレスをリリースする事自体驚きなのに、(他社がミドルクラスから発売を開始したのに対して)いきなり超高性能のプロ用カメラからリリースしたのですから、それはもうびっくり仰天です。


Lumix S1

Lumix S1R

そして2019/9に発売されたのが、動画撮影用のLumix S1Hです。

 
6K/24Pを達成したのLumix S1H(前面に録画ボタン、背面に冷却ファン搭載)

もしかしたら、パナソニックはこれが造りたくて、Lumix S1シリーズの開発に踏み切ったのではないでしょうか。

なぜならば、群雄割拠のフルサイズ市場にいきなり(それまで4/3サイズのカメラしか作っていなかった)Lumixが切り込んできても、そう簡単に割り込めるはずがありません。

しかしながら、シネマカメラとして見ると、この性能で50万円は超破格ですので、小規模プロダクションでならかなりの拡販が見込めます。

モデル 特徴 EVF モニター 連写
(/秒)
シャッター
速度
ISO感度
(拡張)
画素数
Lumix
S1H
2019/9
LUMIX Sシリーズのプロ用動画撮影モデル。
フルサイズのカメラとしては初めて、6k/24pの動画撮影に対応し、シネマ向けとして10bitのCinema4K撮影をサポート。
LUMIX Gシリーズで採用した2系統のアナログ増幅器を14EVのダイナミックレンジを実現。
時間無制限の動画記録に対応するため、放熱用のファンを内蔵。
背面モニターはチルト式としても使えるバリアングル方式を採用。
録画ボタンを前面にも配置し、撮影状況のインジケーターは前面・背面両方の用意。
その他の基本仕様は、S1シリーズと共通。
576万dot
0.78倍
120fps
0.005秒
1万対1のハイコントラスト
3.2型
210万dot

チルト可能バリアングル

Touch
9コマ
(AFS)

6コマ
(AFC)
1/8000
-30, B

同調
1/320
(50)
100

51200
(205k)
2420
万画素
Lumix
S1
2019/3
2420万画素のプロ用スタンダードモデル。
ボディーとレンズの手ブレ協調により最大6段もの手ブレ補正効果達成。
高速メカシャッターでストロボ同調速度1/320秒、逆光に強いARコーティングの撮像素子採用。
96MP相当のハイレゾモード搭載。
0.08秒の超高速超高精度なAF、-6EVに対応する低照度AF、更に後ろ姿や動く動物をも追従可能。
マグネシウム合金ボディで防塵防滴仕様、-10度の低温度でも動作する耐熱凍結仕様。
シャッターユニットの耐久性は40万回。
SDとXQDに対応するデュアルカードスロットは将来的にCFexpressとも互換性有り。
4K/60P動画対応
576万dot
0.78倍
120fps
0.005秒
1万対1のハイコントラスト
3.2型
210万dot

3軸チルト機構

Touch
9コマ
(AFS)

6コマ
(AFC)
1/8000
-30, B

同調
1/320
(50)
100

51200
(205k)
2420
万画素
Lumix S1R
2019/3
4730万画素のプロ用高精細モデル。
撮像素子はローパスフィルターレスで非球面マイクロレンズとフォトダイオードで効率よく集光可能。
187MP相当のハイレゾモードを搭載。
他はS1と同等。
(50)
100

25600
(51.2k)
4730
万画素

もしお金と体力に余裕があれば、現在最も高性能なミラーレス一眼は間違いなくこれです。


パナソニックのレンズ群

レンズについては、新規参入組の他社と同様に今の所、3本がリリースされています。




LUMIX S
24-105mm F4 MACRO O.I.S.
14万円(2019/6相場)

LUMIX S PRO
70-200mm F4 O.I.S.
18万円(2019/6相場)

LUMIX S PRO
50mm F1.4

通常でした本書は、ここでAmazonの広告を貼って、直近の市場価格が分かる様にするのですが、この2本のレンズは(理由は不明ですが)Aamzoでは取り扱っていない様です。

という訳で、ここではネットで調べた価格を表示しておきます。

ご覧の様に、 LUMIX S PRO 50mm F1.4の予想外の高さに唸(うな)ります。


Lumix Sレンズのロードマップ(2019/6版)

今の所公表されているSレンズのロードマップは上記の通りですが、これで大口径の単焦点中望遠レンズが登場すると、台風の目になるかもしれません。




フルサイズミラーレス





ご意見、ご感想等ありましたら是非こちらに。
Your response would be highly appreciated.





ホーム頁へ戻る

サイト紹介

写真やカメラに関するコンシューマレポート、テクニカルレポートは各種ありますが、ここでは余り知られていない耳寄りな情報を、小学生にも分かる様に平易にお伝えしたいと思います。

徐々に更新していきますので、もし宜しければ珈琲でも飲みながらお楽しみ下さい。

▼ 1. デジカメ技術講座
▼ 2. 撮影講座
▼ 3. デジカメ便覧
▼ 4. デジタル一眼の最新情報
▼ 5. ストロボ
▼ 6. 星空撮影
▼ 7. 番外編
▼ 8. ボケ易い単焦点レンズのベスト15