デジカメ便覧

2014/10:発行
2019/02:更新

目次


▼デジタルカメラ分類チャート

APS-Cサイズミラーレス


APS-Cサイズミラーレスは、キヤノン、ソニー、フジフィルム、シグマが発売していますが、2強はソニーとフジフィルムと言っても良いでしょう。

その理由は、シグマは少々特殊なカメラであり、キヤノンはAPS-Cサイズミラーレスはあくまでもエントリー機として扱っているからです。

ですが、キヤノンもEOS Kiss Mを発売してからは、売り上げでは2社に追い付きつつあります。

そんな中、2019年にニコンからもAPS-Cサイズミラーレスが発売されましたので、今後一眼レフと同じ様な展開が期待されます。


ソニー


ソニーは気合いが入っています。

2010年に世界最小を謳って発売されたソニーのミラーレス一眼は、従来NEXという名称が付いていたのすが、2014年からαの名称に統一されました。

世代 シリーズ
第3世代 α6000シリーズ
第2世代 α5000シリーズ
初代 NEXシリーズ

ちなみにNEXシリーズにおいては、3、5、6、7の順で(大きい数字が)上位機種になり、αの名称に統一されてからは、4ケタの数字になって、やはり大きい数字が上位機種になります。

第2世代のα5000シリーズは、NEXシリーズとα6000との中継ぎの役目で最終的に2台で終了し、現行のα6000シリーズにバトンタッチします。

それでは、最新のα6000シリーズから見ていきましょう。

α6000シリーズ

α6000シリーズは電子ファインダー内蔵のハイアマチュア向けモデルで、構成は以下の様になっています。

クラス\世代 第1世代 第2世代 特徴
上級 α6500 α6600 ボディー内手ブレ補正搭載
金属ボディー
中級 α6300 α6400 金属ボディー
初級 α6000 α6100 プラスチックボディー

第1世代ははどれもストロボ内蔵でモニターはチルト式なのですが、残念ながら自撮りには対応していませんでした。


α6500

α6300

α6000

一方第2世代は、自撮りに対応したものの、α6600は内蔵ストロボが廃止されました。


自撮り可能モニターを搭載したα6400


α6600

α6400

α6100

それでは各機種の特徴を細かく見ていきます。

モデル
(発売日)
特徴 ストロボ EVF モニター Wi
-
Fi
連写
(コマ/秒)
シャッター
速度
常用最大
ISO感度
(拡張)
画素数
(万画素)
α6600
(19/11)
α6500の後継機
BIONZ Xを搭載し、常用最大ISO感度が32000になり、処理速度も1.8倍にアップ。
バッテリーを大型化し、新たに動画時のリアルタイム瞳AFを搭載。
ただし内蔵ストロボ廃止。
外付け 236万ドット
0.7倍
120fps
92万
自撮り対応上下チルトタッチパネル
対応 11
(AF追従)
1/4000
-30, B
100
(50)
-
32k
(102k)
2420
万画素
α6100
(19/10)
α6000の後継機
基本性能はα6400とほぼ同じだが、ファインダーの解像度が劣り、ボディーがプラスチックで、アンチダスト機能と水準器が省略されいる。
内蔵 144万ドット
0.7倍
92万
自撮り対応上下チルトタッチパネル
対応 11
(AF追従)
1/4000
-30, B
100-
32k
(51k)
2420
万画素
α6400
(19/1)
α6300の後継機
α6300に対して、自撮り可能なタッチパネルモニター搭載。
画像処理エンジンがBIONZ Xになり、ISO感度とC-AFの追従性アップ。
内蔵 236万ドット
0.7倍
120fps
92万
自撮り対応上下チルトタッチパネル
対応 11
(AF追従)
1/4000
-30, B
100-
32k
(102k)
2420
万画素
α6500
(16/12)
APS-Cサイズの最上位機種

α6300に対してボディ内5軸手ブレ補正とタッチパネルを新たに搭載。
内蔵 236万ドット
0.7倍
120fps
92万ドット
上下チルト
タッチパネル
対応 11
(AF追従)
1/4000
-30, B
100-
25.6k
(51.2k)
2420
万画素
α6300
(16/4)
APS-Cサイズの上位機種
防塵防滴のマグネシウム合金採用、EVF高精細化(236万ドット)、世界最速(0.05秒)最多(位相425点+コント169点)AFと30Pの4K動画対応。
電子水準器復活。
内蔵 236万ドット
0.7倍
120fps
92万ドット
上下チルト
対応 11
(AF追従)
1/4000
-30, B
100-
25.6k
(51.2k)
2420
万画素
α6000
(14/3)
NEX-7の後継機
有機ELファインダー搭載(144万ドット)、0.06秒高速広域AF(位相179点+コント169点)、チルト液晶
内蔵 144万ドット
0.7倍
92万ドット
上下チルト
対応 11
(AF追従)
1/4000
-30, B
100-
25.6k
2430
万画素

第1世代でお勧めなのは、断然α6000です。

先ずα6500については、ボディー内5軸手ブレ補正が最大の売りなのですが、広角以外の専用レンズには、全て手ブレ(角度振れ)補正機構が組み込まれているため、メリットは殆ど感じません。

確かに、レンズ内手ブレ補正は角度振れのみ対応なのに対して、α6500は5軸手ブレ補正が働くのですが、シフト振れが有効なのはマクロ撮影の場合ですし、回転振れが有効なのは手持ちの長時間撮影の場合ですので、一般用途であれば角度振れ補正しか効果を実感できません。

次にα6300はα6000に対して、像面位相差AFの測距点が増え、EVFの高精細化と4K動画対応と金属ボディが売りなのですが、いかんせん価格差が5万円近くも異なります。

と言う訳で、第1世代の3台においてはα6000がお勧めと言えます。

次に第2世代においては、第1世代と同様にボディーがプラスチックでファインダーの画素数等が劣るものの、基本性能は上位機種と同じですのでやはりα6100がお勧めです。


α5000シリーズ

電子ファインダー非搭載のα5000シリーズには、従来α5100とα5000があったのですが、2017年にα5000は生産中止になり、α5100も2019年中に生産中止の予定です。

 
α5100      α5000

モデル
(発売日)
特徴 ストロボ 自撮り Wi
-
Fi
連写
(コマ/秒)
シャッター
速度
常用最大
ISO感度
画素数
(万画素)
α5100
(14/8)
α5000の上位モデル。
α6000から電子ファインダーを外し、その代わりに自撮り可能タッチパネルモニターを搭載。
AFは位相179点+コント25点のハイブリッド方式を採用。
内蔵 対応 対応 6 1/4000
-30, B
25600 2430
万画素
α5000
(14/2)
NEX-3Nの後継機で、本機よりブランド名をNEXからαに変更。
発売当時、APS-Cサイズミラーレス一眼で世界最小最軽量。
NEX-3Nに対して、画素数をアップし、ホワイト、ピンク、ブラック、シルバーの4色を用意すると共に、Wi-Fi&NFCを新規搭載しPlayMemories Camera Appsにも対応。
コントラスト25点AFのみで、モニターは46万画素。
内蔵 対応 対応 2.5 1/4000
-30, B
16000 2010
万画素

中古のα5000は値段も安いのが魅力ですが、撮像素子もAF性能も一世代前になりますので、この2台の中では、α5100の方がお勧めと言えます。


NEXシリーズ

続いては旧型のNEXシリーズです。


         
 NEX-7      NEX-6      NEX-5T     NEX-5R     NEX-3N

モデル
(発売日)
特徴 ストロボ 自撮り Wi
-
Fi
連写
(コマ/秒)
シャッター
速度
常用最大
ISO感度
画素数
(万画素)
NEX-5T
(13/9)
ミドルクラスとなる5シリーズの4代目。
5Rの機能を踏襲した上で、NFCによる画像転送機能を強化。
同梱 対応 対応 10コマ 1/4000
-30, B
25600 1610万画素
NEX-3N
(13/3)
NEXのエントリーモデル。
180度上方反転液晶とストロボ内蔵ながら210gの軽量化を実現。
内蔵 対応 4コマ 1/4000
-30, B
16000 1610万画素
NEX-5R
(12/11)
5シリーズの3代目。
同時期に発表されたNEX-6と基本性能は同じとし、自撮りに対応した180度上方反転液晶、タッチパネル、タッチシャッター機能を搭載。
同梱 対応 対応 10コマ 1/4000
-30, B
25600 1610万画素
NEX-6
(12/11)
NEX-7に対して、画素数を抑え、モードダイヤルとWi-Fi機能を追加したモデル。 内蔵 非対応 対応 10コマ 1/4000
-30, B
25600 1610万画素
NEX-7
(12/1)
NEXのフラッグシップモデル。
有機ELファインダー、ファストハイブリッドAF、チルト液晶モニター、ストロボ搭載。
内蔵 非対応 対応 10コマ 1/4000
-30, B
16000 2430万画素

上記5機種の特徴をもう少し分かり易くまとめると、以下の通りです。

機種\機能 電子ファインダー ストロボ内蔵 自撮り 撮影アプリ
NEX-7とNEX-6
NEX-5TとNEX-5R
NEX-3N

この中で一番のお勧めは、やはり自撮り対応でストロボも内蔵し、且つ一番安いNEX-3Nではないでしょうか。

確かに上位機種はAFが早かったり、画素数が多かったり、連写速度が早かったりするのですが、出来上がった写真にそれほど大きな差はありません。

本機は型番からすれば入門機の扱いなのですが、NEXシリーズの中ではほぼ最終モデルになります。

このため、シャッターボタンの周囲にズームレバーが付いており、パワーズームの16-50mm(13/2発売)を装着した場合、片手で操作可能です。


ソニーレンズ群


専用レンズについては、ズームレンズが10本(内ビデオ用が2本)、単焦点レズが8本(内コンバーターが2本)とまずまずですが、300mm超の望遠レンズや、明るい単焦点レンズが無いのが少々寂しい所です。

レンズ フルサイズ換算
(mm)
最短撮影距離
(m)
フィルター径
(mm)
手ブレ補正 重さ
(g)
価格
(万円)
1 10-18mm F4.0 15-27mm 0.25 62 225 9.5
2 16-50mm F3.5-5.6 24-75mm 0.25 40.5 116 4
3 16-70mmZ F4.0 24-105mm 0.35 55 308 9.9
4 18-55mm F3.5-5.6 27-83mm 0.25 49 194 3.5
5 18-105mm F4.0 G 27-158mm 0.45 72 427 6.3
6 18-110mm F4.0 G 27-165mm 0.4 95 1105 44.4
7 18-200mm F3.5-6.3 LE 27-300mm 0.5 62 460 7.1
8 18-200mm F3.5-6.3 27-300mm 0.3 67 524 7.6
9 18-200mm F3.5-6.3 PZ 27-300mm 0.3 67 649 11
10 55-210mm F4.5-6.3 83-315mm 1.0 49 345 4.2
1 16mm F2.8 24mm 0.24 49 無し 67 3
2 20mm F2.8 30mm 0.2 49 無し 69 4.2
3 24mm F1.8 36mm 0.16 49 無し 225 9.9
4 35mm F1.8 53mm 0.3 49 154 5.5
5 50mm F1.8 75mm 0.39 49 202 3.5
6 30mm F3.5 45mm 0.095 49 無し 138 3
7 フィッシュアイコンバーター 15/20mm 無し 150 1.8
8 ウルトラワイドコンバーター 18/24mm 無し 125 1.6

この中でお勧めのズームレンズを下のチャートから見てみたいと思います。


上のチャートは、ズームレンズの焦点距離と開放絞り値をプロットしたものです。

これを見るとついついズーム比の大きなレンズに惹かれてしまいますが、フルサイズ換算で300mmを使う事は、運動会くらいです。

ですので、もし1本で済ませたいのでしたら、16-70mm F4辺りがお勧めと言えます。

そして、もう1本買う余裕があれば、10-18mm F4がお勧めです。

         

また単焦点の広角レンズやマクロレンズは、フルサイズ用と比べるとかなり安いので、お勧めです。

特にフィッシュアイコンバーターは広角レンズとセットにしても4万円以下と、かなり魅力的な値段ですので、一度使ってみたいと思われている方には最適かもしれません。




ソニー/APS-Cサイズミラーレス





ご意見、ご感想等ありましたら是非こちらに。
Your response would be highly appreciated.





ホーム頁へ戻る

サイト紹介

写真やカメラに関するコンシューマレポート、テクニカルレポートは各種ありますが、ここでは余り知られていない耳寄りな情報を、小学生にも分かる様に平易にお伝えしたいと思います。

徐々に更新していきますので、もし宜しければ珈琲でも飲みながらお楽しみ下さい。

▼ 1. デジカメ技術講座
▼ 2. 撮影講座
▼ 3. デジカメ便覧
▼ 4. デジタル一眼の最新情報
▼ 5. ストロボ
▼ 6. 星空撮影
▼ 7. 番外編
▼ 8. ボケ易い単焦点レンズのベスト15