デジカメ便覧
APS-Cサイズミラーレス
(キヤノン、シグマ、リコー)

2014/10:発行
2019/09:更新


目次



【デジタルカメラ分類チャート】
特徴 撮像素子 カメラ構成 メーカー
大型
ボケ易い
画像情報多








画像情報少
ボケ難い
小型
フルサイズ
(100%)
1: 一眼レフ Nikon, Canon, Sony, Pentax
2: ミラーレス SONY, Nikon, Canon
3: コンパクト SONY
APS-Cサイズ
(43-38%)
4: 一眼レフ Canon, Nikon, Pentax, Sony, Sigma
5: ミラーレス Sony, Fuji, Canon, Sigma, Ricoh
6: コンパクト Fuji, Ricoh, Nikon, Canon, Sigma
4/3サイズ
(26%)
7: 一眼レフ Olympus
8: ミラーレス Olympus, Panasonic
9: コンパクト Panasonic
1インチサイズ
(14%)
10: 一眼レフ N/A
11: ミラーレス Nikon
12: コンパクト SONY, Canon, Panasonic, Nikon
小サイズ
(14%未満)
13:ミラーレス Pentax
14:コンパクト Many


はじめに


ソニー、フジフィルムと続いて、次はキヤノン、シグマ、リコーのAPS-Cサイズミラーレスを見てみましょう。

キヤノン


キヤノンにおいては、2012年にミラーレス市場に参入してきたものの、当初は明らかに本腰を入れるつもりもなく、市場調査を兼ねておまけで販売している様な状況でした。


何の特徴も無かった初代EOS M

ただしさすがにここにきて他社のミラーレスの売り上げに危機感をもってきた様で、遅ればせながらM3でようやく少しまともな製品を投入してきて、M5で本腰を入れたつもりでしょうが、先行している他社にはまだまだというのが実感です。


EOS M6 II

EOS Kiss M

 EOS M6 

EOS M5

ところが、EOS Kiss Mにおいては、入門機クラスでありながら、一部はEOS M5を凌ぐ性能を有しています。


キヤノンはこの分野においては、とことん低価格帯機で市場シェアを獲得しようと目論んでいる様に思われます。


EOS M3

EOS M2

EOS M

EOS M10


モデル 特徴 自撮り ストロボ 連写 シャッター
速度
ISO感度
(拡張)
画素数
EOS M6 II
2019/9
EOS M6の後継機。
撮像素子が3250万画素になり、新映像エンジンを搭載。
連写速度が15コマ/秒になり、更に電子シャッターの場合AF追従で約30コマ/秒の連写も可能。4K/30Pに対応。
内蔵 15
コマ/秒
1/4000
|
30秒
B
100-
12800
(25600)
3250
万画素
EOS Kiss M
2017/4
EF-Mマウント初のKissシリーズ
新映像エンジンになり、デュアルピクセルCMOS AFの測距点が大幅アップ。
M5と違って、操作性は初心者向きでモニターがバリアングル式となる。
ただし新たに4K( 24p)動画、サイレント撮影に対応。
内蔵 10
コマ/秒
100-
25600
(51200)
2400
万画素
EOS M6
2017/4
M5からEVFを削除したモデル。
これに伴い、M5より小さく軽くなったものの、タッチ&ドラッグAF機能も削除された。
内蔵 9
コマ/秒
100-
25600
2400
万画素
EOS M5
2016/11
EVFを搭載し、タッチパネルでタッチ&ドラッグAFも可能。デュアルピクセルCMOS AFを採用し、全画素が撮像と位相差AFの両方を兼ねて機能する。
モニターは上下チルト式ながら、下方向に180度反転可能。
内蔵 9
コマ/秒
100-
25600
2400
万画素
EOS M10
2015/10
小型軽量の入門機
M3に対して、画素数とAF性能を落としたモデル。ただし自撮り用チルト式液晶タッチパネルとWi-Fi/NFCを搭載。
内蔵 4.6
コマ/秒
100-
12800

(25600)
1800
万画素
EOS M3
2015/3
チルト式液晶タッチパネル、3種の操作ダイヤル、Wi-Fi/NFC、外付け236万ドット EVF対応 。 不可 内蔵 4.1
コマ/秒
2420
万画素
EOS M2
2013/12
EOS Mの改良版(AFスピード改善) 不可 なし 4.6
コマ/秒
1800
万画素
EOS M
2012/9
キヤノン初のミラーレス(液晶固定)
ミラーレス以外に何の特徴もないカメラ。
不可 なし 4.3
コマ/秒
1800
万画素

おまけに専用レンズについても、本数が少なく殆どが暗いズームレンズばかりで特に目を引く物はありません。


EF-M11-22mm F4-5.6 IS STM

EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM

EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM

EF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STM


EF-M22mm F2 STM

EF-M28mm F3.5 マクロ IS STM

EF-M32mm F1.4 STM

確かにレンズアダプターを使えば、豊富なキヤノンのEFレンズが使えるのが魅力ですが、これから本腰を入れて撮影したい方には残念ながらとてもお勧めできません。

ついでにお伝えしておきますと、(ご存じかもしれませんが)キヤノンのAPS-Cサイズは、他社(ペンタックス、ニコン、ソニー)より1割以上(正確には11%)も小さい事を忘れてはいけません。

おまけにボディーだけでも10万円近くする最新のM5ですら筐体はプラスチックですので、他社との気合の入れ方の違いが伺えます。


シグマの新旧APS-Cサイズミラーレス一覧


APS-Cサイズのミラーレス機の中で最も異色なのはシグマでしょう。

何しろ色補完の一切必要のないフォビオン製の3層構造の撮像素子を使っているからです。

一般的には、偽色やモアレの発生がないのでローパスフィルターを必要としないから解像度が高いと言われていますが、画面全体が純粋な色情報だけで構成されているという事が最大のメリットです。

現在は、従来から続く一眼レフタイプのSD1 Merrillも発売されていますが、恐らくこれからはミラーレス機を主流にするのでしょう。

 
sd Quattro H    sd Quattro 

モデル 特徴 ストロボ 連写 シャッター速度 ISO感度 画素数
sd
Quattro H
2016/12
APS-Cサイズ(23.4×15.5mm )より一回り大きなAPS-Hサイズ(26.7×17.9mm )を搭載したモデル。 外付け 5コマ/秒 1/4000
-30秒
100-
6400
2500
万画素
sd
Quattro
2016/8
3層構造の撮像素子を使ったミラーレス一眼 外付け 5コマ/秒 1/4000
-30秒
100-
6400
2000
万画素

高価だったフォビオンの撮像素子がかなり手頃な価格になりましたので、思い切って検討してみる価値はあるかもしれません。


シグマのレンズ


シグマのレンズはARTシリーズとして、かなり気になる物があります。


24mm F1.4

35mm F1.4

50mm F1.4

85mm F1.4

24-105mm

ただし上のレンズはいずれもフルサイズ用ですので、APS-C用には少々もったいないかもしれません。


リコーの新旧APS-Cサイズミラーレス一覧


リコーのGXR(ボデイ)とそのカメラユニット(撮像素子付きレンズユニット)は、レンズと撮像素子の最適化という意味では確かに理に叶ったシステムでインパクトはあったのですが、本体の生産終了に伴ってその意義も終えた模様です。


リコーのGXR(ボデイ)とそのカメラユニット

               

そう言うと、終わった技術の様に思われるかもしれませんが、この技術と知見はリコーとペンタックスのカメラに綿々と引き継がれる事になるのでしょう。

こういった(今にすれば)特殊なカメラは、黎明期にはどうしても必要な物なのかもしれません。




APS-Cサイズミラーレス(キヤノン、シグマ、リコー)

戻る

APS-Cサイズミラーレス
(フジフィルム)

次へ

APS-Cサイズコンパクト




ご意見、ご感想等ありましたら是非こちらに。
Your response would be highly appreciated.





ホーム頁へ戻る

サイト紹介


写真やカメラに関するコンシューマレポート、テクニカルレポートは各種ありますが、ここでは余り知られていない耳寄りな情報を、小学生にも分かる様に平易にお伝えしたいと思います。

徐々に更新していきますので、もし宜しければ珈琲でも飲みながらお楽しみ下さい。



▼ 1. デジカメ技術講座

▼ 2. 撮影講座

▼ 3. デジカメ便覧

▼ 4. デジタル一眼の最新情報

▼ 5. ストロボ

▼ 6. 星空撮影

▼ 7. 番外編

▼ 8. ボケ易い単焦点レンズのベスト15