デジカメ便覧

2014/10:発行
2018/11:更新

目次


▼デジタルカメラ分類チャート

APS-Cサイズミラーレス




フジフィルム


フジフィルムのAPS-Cサイズミラーレスですが、これもかなり気合いが入っています。


プロ用を意識したフラッグシップモデルのX-H1(2018/3発売)

先ず2012年にXシリーズのフラッグシップ機として発売されたX-Pro1は、一昔前のレンジファインダーカメラのスタイルを踏襲しながら、光学式ファインダーと電子ビューファインダーの切り替えを可能にする凝りようです。


2012年に発売されたX-Pro1

さすがに今時光学式レンジファンダーにこだわる方はいないだろうと思っていたのですが、徹底したマーケッティングとFUJIFILM X100(レンズ固定式のハイブリッドビューファイダー搭載機)による市場からのフィードバックにより見事に金脈を掘り当てた様で、本体だけでも15万円と高額でありながら予想外の売れ行きだった様です。

その後どんどんXマウントのモデルを増やしていき、今では以下の様な製品系列になっています。

系列 機種 特徴 撮像素子
X-H X-H1 プロ用を意識した堅牢モデル
(ボディー内手ブレ補正搭載)
X-Trans
X-T+1桁 X-T3、X-T2等 一眼レフスタイルの高級機 X-Trans
X-T+2桁 X-T20、X-T10 一眼レフスタイルの中級機 X-Trans
X-T+3桁 X-T100 一眼レフスタイルの入門機 ベイヤー
X-Pro X-Pro2、X-Pro1 レンジファインダースタイルの高級機
(光学ファインダーと電子ファインダー搭載)
X-Trans
X-E X-E3、X-E2等 レンジファインダースタイルの中級機
(電子ファインダー搭載)
X-Trans
X-M X-M1
(一代で終了)
レンジファインダースタイルの中級機
(ファインダー非搭載)
X-Trans
X-A X-A5、X-A3等 レンジファインダースタイルの入門機
(ファインダー非搭載)
ベイヤー
Xマウントの製品系列(同色が同系列)

具体的には、プロ用モデルが1機種と、一眼レフスタイルが3機種、レンジファインダー風が3機種(1機種は終了)です。

なおX-Transとは、フジフィルムオリジナルのカラーフィルター配列で、これによってローパスフィルター無しでもモアレを抑えられるというメリットがあります。


このため、フジと言えばどうしてもX-Transのイメージが強いのですが、ベイヤーフィルター搭載機も定評のあるフジカラーを再現しています。

X-Proシリーズ & X-Eシリーズ

それでは、そのX-Proシリーズと中級機のX-Eシリーズを見ていきましょう。


X-Pro3


X-E3

X-Pro2

X-E2

X-E1

X-Pro

X-Eシリーズは、X-Proシリーズからハイブリッドビューファイダーの光学ファインダーを除いた様なモデルですので、電子ファインダー付きのミラーレス機がほしい人にお勧めです。


X-Pro2から光学ファインダーを取り除いたX-E3

X-E1は2012年製と少々古いのですが、X-E2と画像系は同じですので、中古としてはお勧めです。

モデル
(発売日)
特徴 ストロボ モニタ&
EVF
Wi
-
Fi
連写
(コマ/秒)
シャッター
速度
(電子)
ISO感度
(拡張)
画素数
X-Pro3
(19/11)
X-Pro2の後継機。
ボディ外装にチタンを採用。
X-T3の裏面照射型2610万画素の撮像素子とX-Processor 4を搭載し、アルゴリズムの進化で、低照度-6EVでの高速AFを実現。
EVFを369万ドットにし、背面モニターの裏面に小型液晶を追加してフィルムパッケージ表示可能。
フィルムシミュレーションに、クラシックネガモードを追加
外付け 3型
104万dot
Tilt
Touch

0.39型
369万dot
対応

BT
11
コマ
(30)
1/8000
-30, B,T
(1/32k)
160-
12800
(80-
51200)
2610
万画素
X-E3
(17/9)
X-E2の後継機。
X-Pro2と同じ画像系を流用しながら、Xシリーズ中最小最軽量を実現。
またXシリーズでは初となるBluetooth low energyに対応。
液晶はTouchになり、フォーカスポイントの移動も可能。
ストロボは内蔵式から、外付けに変更。
外付け 3型
104万dot
固定
Touch

0.39型
236万dot
対応

BT
8
コマ
(14コマ)
1/4000
-30, B,T
(1-
1/32k)
200-
12800
(100-
51200)
2430
万画素
X-Pro2
(16/2)
フラッグシップ機
センサーと画像処理エンジンが第3世代に移行し、AF及びシャッタータイムラグの高速化と画素数アップ。
操作系をブッラシュアップし、モニターとファインダー(236万ドット)の解像度もアップ。
ダブルスロットも新規採用。
外付け 3型
104万dot
固定

0.48型
236万dot
0.59倍
対応 8
コマ
(14コマ)
1/8000
-30, B,T
(1-
1/32k)
200-
12800
(100-
51200)
2430
万画素
X-E2
(13/11)
X-E1の後継機
外観の差は少ないが、AF、連写、液晶モニター、画質、動画性能などが一新された。
画像エンジンはEXR Processor II。
内蔵 3型
104万dot
固定

0.5型
236万dot
対応 7
コマ
1/4000
-30, B,T
200-
6400
1630
万画素
X-E1
(12/11)
中級機
X-Pro1から光学ファインダーを削除したモデル。
ただし電子ファインダーは236万ドットで視度調整機能付き。
内蔵 2.8型
46万dot
固定

0.5型
236万dot
6
コマ
1/4000
-30, B,T
200-
6400
1630
万画素
X-Pro1
(12/2)
初代フラッグシップ機
レンズ固定カメラだったX100から引き継いだ、光学式と電子式の切り替え可能ファインダー搭載。
外付け 3型
123万dot
固定

0.48型
144万dot
6
コマ
1/4000
-30, B,T
200-
6400
1630
万画素


X-Mシリーズ & X-Aシリーズ

次はコンパクトモデルのX-MシリーズとエントリークラスのX-Aシリーズです。

X-Aシリーズは、撮像素子はX-TシリーズやX-Proシリーズと異なる一般的なベイヤー配列で、更にファインダーの無いモデルと言えば分かり易いでしょう。


一般的なベイヤー配列の撮像素子を採用したエントリモデルのX-A5

一方X-Mシリーズは、当初上位機種と同じX-Trans CMOSを搭載したファインダー無しモデルだったのですが、さほど市場性がなかったせいか、それともX-AシリーズやX-Eシリーズとバッティングしまったのか、その後後継機の登場はありません。


X-Trans CMOSを採用したものの1代限りに終わったX-M1


X-A5

X-A3

X-A2

X-A1

X-M1

この中でお勧めとしては、最新モデルで自撮り対応でTouchを搭載したX-A3でしょうか。

生憎このモデルは定評のあるX-Trans™ CMOSではなく一般的なベイヤー配列の撮像素子を使い、ローパスフィルター有りなのですが、他のモデルと画像を比べても遜色ありません。

モデル
(発売日)
特徴 ストロボ 自撮り 連写
(コマ/秒)
シャッター
速度
(電子)
ISO感度
(拡張)
画素数
X-A5
(18/2)
X-A3の後継機。
外観はほぼ同じで、新開発のベイヤー配列CMOSを採用し、ISO感度向上。
新たに像面位相差AFに対応したことで、従来機の2倍のAF合焦速度を達成。
15pの4K動画に対応し、Bluetooth Low Energyも搭載。
クラス最高の450枚標準撮影枚数を実現。
内蔵 対応 6
コマ
1/4000
-30, B,T
(1/32k)
(100)
200-
12800
(51.2k)
2424
万画素
X-A3
(16/10)
X-A2の後継機
新たにTouchモニターを搭載し、AFエリア選択、タッチAF、タッチショット、タッチズームが可能。
新しい撮像素子はX-A2同様ベイヤー配列。
内蔵 対応 6
コマ
1/4000
-30, B,T
(1/32k)
(100)
200-
6400
(25.6k)
2420
万画素
X-A2
(15/2)
X-A1の後継機
自撮り対応モニターになり、バッテリーの撮影枚数アップ。
内蔵 対応 6
コマ
1/4000
-30, B,T
200-
6400
1630
万画素
X-A1
(13/11)
エントリーモデル
モードダイヤル搭載し、ローパスフィルター有り。
内蔵 非対応 6
コマ
1/4000
-30, B,T
200-
6400
1630
万画素
X-M1
(13/7)
片手操作を目指したコンパクトモデル。
上位機種と同じX-Trans CMOSを採用し、ローパスフィルターレス。
レンズ交換式Xシリーズでは初めてチルト式背面モニター採用。
内蔵 非対応
3

92万dot
Tilt
6
コマ
1/4000
-30, B,T
200-
6400
1630
万画素
注:上記機種は全てWi-Fi搭載

X-Tシリーズ

一方の雄であるX-Tシリーズは、同じく一昔前の一眼レフカメラを彷彿させるスタイルで、ダイアルで各種設定が行える様になっており(レンズに絞りリングも付いています)、昔ながらのメカニカルな操作が好きな方には最適です。


X-T4

X-T30
 
X-T3グラファイト

X-T3

X-T100


2020/6時点のAmazon価格



X-T2

X-T20

X-T1

X-T1グラファイト

X-T10

X-T10はX-T1の基本性能を踏襲した廉価版モデルですが、プラスチックの外観で一目でそれと分かってしまいますので、X-T1を購入した方が後悔しないと思います。

と言っていたのですが、X-T20になってからは、かなりX-T2の性能に肉薄してきましたので、外観に抵抗がなければ、安いX-T20がお勧めです。

モデル
(発売日)
特徴 EVF モニター ストロボ 連写
(コマ/秒)
シャッター
速度
(電子)
ISO感度
(拡張)
画素数
X-T4
(20/4)
X-T3の後継機。
X-Tシリーズとして初めて最大6.5段のボディ内手ブレ補正機能を採用。
新開発のシャッターを採用し、15コマ/秒の高速連写に対応。
新開発の大容量バッテリー採用。
最短0.02秒の高速・高精度AFも実現。フィルムシミュレーション」に、ETERNA ブリーチバイパス追加。
0.4型
236万dot
0.62倍
3型
104万dot
Vari
Touch
同梱 15
コマ
(30)
1/8000
-30, B,T
(1/32k)
160-
12800
(80-
51200)
2610
万画素
X-T30
(19/3)
X-T20の後継機であり、X-T3のデチューン版。
撮像素子と画像処理エンジンはX-T3と同じのため、AF性能、ISO感度等もX-T3と同じ。
ただしシャッタースピード、ファインダー、モニター等が僅かずつX-T3より劣る。
ボディ外観はX-T20を踏襲しつつ、親指側のホールド性を高め、十字キーの代わりにフォーカスレバーを搭載。
0.4型
236万dot
0.62倍
3型
104万dot
上下tilt
Touch
内蔵 8
コマ
(30)
1/4000
-30, B,T
(1/32k)
160-
12800
(80-
51200)
2610
万画素
X-T3
(18/9)
X-T2の後継機。
第4世代の新撮像素子と新エンジンに換装し、処理速度が従来機の3倍に引き上げられ、AF精度と速度が大幅に向上。
また常用ISO最低感度が200から160に引き下げられた。
APS-Cサイズのミラーレスカメラとしては世界初の4K/60pに対応、
フィルムシミュレーションに、ETERNAやカラークローム・エフェクト等追加。
0.5型
369万dot
0.75倍
100fps
遅延5ms
3型
104万dot
3方向tilt
Touch
同梱 11
コマ
(30)
1/8000
-30, B,T
(1/32k)
160-
12800
(80-
51200)
2610
万画素
X-T100
(18/6)
一眼レフスタイルの入門モデル
他のX-Tシリーズと異なり、撮像素子は一般的なベイヤー配列。
ただしX-Tシリーズで初めて、自撮り可能なVari式タッチモニターを搭載。
バッテリーもX-A5に匹敵する最大430枚撮影が可能。
0.4型
236万dot
0.62倍
3型
104万dot
Vari
Touch
内蔵 8
コマ
1/4000
-30, B,T
(1/32k)
200-
12800
(100-
51200)
2424
万画素
X-T20
(17/2)
X-T2のデチューン機
ファインダー液晶の大きさを抑え、モニターのtiltを2方向にし、シャッター速度を1/4000とし、非防滴仕様とし、ストロボ内蔵でTouch採用。
0.4型
236万dot
0.62倍
55fps
遅延5ms
3型
104万dot
上下
tilt
内蔵 8
コマ
1/4000
-30, B,T
(1/32k)
200-
12800
(100-
51200)
2430
万画素
X-T2
(16/9)
X-T1の後継機。画素数をアップし、AF(測距点49点→91点)及びシャッタータイムラグの高速化し、操作系をブッラシュアップ。3方向tiltモニター、ダブルスロットも採用し、4K動画対応。 0.5型
236万dot
0.77倍
100pps
遅延5ms
3型
104万dot
3方向
tilt
同梱 8
コマ
1/8000
-30, B,T
(1/32k)
200-
12800
(100-
51200)
2430
万画素
X-T10
(15/6)
X-T1のデチューン機
ファインダーとモニターの解像度を落とし、非防滴仕様とし、ストロボ内蔵としている。
0.4型
236万dot
0.62倍
3型
92万dot
固定
内蔵 8
コマ
1/4000
-30, B,T
(1/32k)
200-
6,400
(100-
51,200)
1630
万画素
X-T1
(14/2)
一眼レフスタイルのフラッグシップ機
防塵防滴、ローパスフィルターレス、マニュアル操作踏襲、ファームのバージョンアップで機能/操作性向上を実施。
0.5型
236万dot
0.77倍
3型
104万dot
上下
tilt
同梱 8
コマ
1/4000
-30, B,T
(1/32k)
200-
6,400
(100-
51,200)
1630
万画素
注:X-Tシリーズは全てWi-Fi対応です。

なお先ほどお伝えした様に、Xシリーズはメカニカルなダイヤルを多用している事に伴い、他社のモデルと併用すると、設定方法がかなり違うので少なからず戸惑う事になります。

実際、夜間撮影の翌日に昼間の撮影をすると、かなりあたふたする事になります。


X-Hシリーズ

当初はレンジファインダースタイルのX-Proと、一眼レフスタイルのX-Tシリーズがフラッグシップの双頭だったのですが、2018年3月にそれらの上位機種に当たるX-H1が発売されました。


同社の中判デジカメGFX 50Sと同様に小型の液晶モニターの搭載されたX-H1

特徴としては、既に発売されていたX-T2に対して、ボデー全体の堅牢性と操作性を向上させ、ボディー内手ブレ補正を追加しています。


 X-H1


縦位置グリップ

モデル
(発売日)
特徴 自撮り ストロボ Wi
-
Fi
連写
(電子)
シャッター
速度
(電子)
ISO感度
(拡張)
画素数
X-H1
(18/3)
Xシリーズの最上位機種。
X-T2よりも大柄のボディに、Xシリーズ初のボディ内5軸手ブレ補正機構を搭載。
堅牢性を向上させ、グリップも大きくし、軍艦部に小型の液晶を搭載し、デュアルスロット採用。
電子ビューファインダーは369万ドットとクラス最高レベル。
Xシリーズ初のフリッカー低減機能搭載。
フィルムシミュレーションに、映画用フィルムを再現したETERNAを追加。
ただし画像系はX-T2等と同じ。
非対応 同梱 対応 8
コマ
(14コマ)
1/8000
-30, B,T
(1/32k)
200-
12800
(100-
51200)
2430
万画素


フジフィルムレンズ群


またこの専用レンズには、比較的大口径な単焦点レンズが用意されていますので、ポートレートにもそこそこ不満はないと思われます。

ちなみに、レンズ名に付加されている記号の意味は以下の通りです。

記号 意味
XF 画質や操作性重視
XC 軽量コンパクト
R 絞りリングが付き
OIS 光学式手ブレ補正(Optical Image Stabilizer)搭載
APD 滑らかなボケを表現するアポダイゼーション
(Apodization)フィルター搭載
LM リニアモーター内蔵
WR 防塵・防滴仕様
Macro マクロ

また現時点で、単焦点レンズが13本、ズームレンズが11本、コンバーター2本が準備されています。


単焦点レンズ

フジフィルム単焦点レンズ一覧
広角・標準レンズ 換算値 望遠レンズ 換算値
XF14mmF2.8 R 21mm XF50mmF2 R WR 76mm
XF16mmF1.4 R WR 24mm XF56mmF1.2 R 85mm
XF16mmF2.8 R WR 24mm XF56mmF1.2 R APD 85mm
XF18mm F2 R 27mm XF60mmF2.4 R Macro 90mm
XF23mmF1.4 R 35mm XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macro 120mm
XF23mmF2 R WR 35mm XF90mmF2 R LM WR 135mm
XF35mmF1.4 R 53mm XF200mmF2 R LM OIS WR 300mm
XF35mmF2 R WR 53mm


14mmF2.8
(21mm F4.2)

16mmF1.4
(24mm F2.1)

16mmF2.8
(24mm F4.2)

18mm F2
(27mm F3.0)
カッコ内の値はフルサイズ換算の焦点距離とその際同じ被写界深度になる絞り値


23mm F1.4
(35mm F2.1)

35mm F1.4
(54mm F2.1)

56mm F1.2
(86mm F1.8)

56mm F1.2(APD)
(86mm F1.8)

90mm F2
(138mm F3.1)
カッコ内の値はフルサイズ換算の焦点距離とその際同じ被写界深度になる絞り値

ズームレンズ

フジフィルムズームレンズ一覧
# モデル 換算値 手ブレ 防水
1 XF8-16mmF2.8 R LM WR 12-24mm
2 XF10-24mmF4 R OIS 15-36mm
3 XF16-55mmF2.8 R LM WR 24-83mm
4 XF16-80mmF4 R OIS WR 24-122mm
XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS 27-83mm
6 XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR 27-203mm
7 XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR 75-210mm
8 XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS 83-300mm
9 XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR 150-600mm
10 XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ 23-68mm
11 XC16-50mmF3.5-5.6 OIS II 24-75mm
12 XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II 75-345mm

XFズームレンズ

10-24mmF4

16-55mmF2.8

16-80mmF4

18-55mmF2.8-4

18-135mmF3.5-5.6


50-140mmF2.8

XCズームレンズ

XC15-45mm

XC16-50mm銀

XC16-50mm黒

XC16-50mm II

XC50-230mm

上の広告にあります様にXC16-50mmはII型に変わっていますが、I型との違いは最短撮影距離が30cmから15cmになっただけですので、一般的な撮影なら安いI型、それも黒よりも更に安い銀色タイプがお勧めになります。



フジフィルム/APS-Cサイズミラーレス





ご意見、ご感想等ありましたら是非こちらに。
Your response would be highly appreciated.





ホーム頁へ戻る

サイト紹介

写真やカメラに関するコンシューマレポート、テクニカルレポートは各種ありますが、ここでは余り知られていない耳寄りな情報を、小学生にも分かる様に平易にお伝えしたいと思います。

徐々に更新していきますので、もし宜しければ珈琲でも飲みながらお楽しみ下さい。

▼ 1. デジカメ技術講座
▼ 2. 撮影講座
▼ 3. デジカメ便覧
▼ 4. デジタル一眼の最新情報
▼ 5. ストロボ
▼ 6. 星空撮影
▼ 7. 番外編
▼ 8. ボケ易い単焦点レンズのベスト15